青空文庫の作品を読了時間で検索できるサービス

青空文庫の全作品(3ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


101〜150件 / 全14,815件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
桜桃 太宰 治
30分以内
  5,367 文字
われ、山にむかいて、目を挙ぐ。
桜桃 太宰 治
30分以内
船中八策 坂本 竜馬
5分以内
  433 文字
一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令宜しく朝廷より出...
船中八策 坂本 竜馬
5分以内
白痴 坂口 安吾
1時間〜
  24,183 文字
その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいたが、まった...
白痴 坂口 安吾
1時間〜
古事記 太 安万侶
1時間〜
  106,038 文字
古事記上の卷序文がついています序文過去の時代(序文の第...
古事記 太 安万侶
1時間〜
津軽 太宰 治
1時間〜
  118,226 文字
[#ページの左右中央]津軽の雪こな雪つぶ雪わた雪みづ雪...
津軽 太宰 治
1時間〜
パンドラの匣 太宰 治
1時間〜
  92,273 文字
作者の言葉この小説は、「健康道場」と称する或る療養所で...
パンドラの匣 太宰 治
1時間〜
舞姫 森 鴎外
60分以内
  16,561 文字
石炭をば早や積み果てつ。
舞姫 森 鴎外
60分以内
ヘンゼルとグレーテル グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  10,879 文字
まずしい木こりの男が、大きな森の近くにこやをもって、お...
ヘンゼルとグレーテル グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
トカトントン 太宰 治
60分以内
  13,542 文字
拝啓。
トカトントン 太宰 治
60分以内
科学者とあたま 寺田 寅彦
30分以内
  4,112 文字
私に親しいある老科学者がある日私に次のようなことを語っ...
科学者とあたま 寺田 寅彦
30分以内
源氏物語 紫式部
60分以内
  16,589 文字
紫のかがやく花と日の光思ひあはざることわりもなし(晶子...
源氏物語 紫式部
60分以内
山椒大夫 森 鴎外
1時間〜
  24,235 文字
越後の春日を経て今津へ出る道を、珍らしい旅人の一群れが...
山椒大夫 森 鴎外
1時間〜
阿Q正伝 魯迅
1時間〜
  38,187 文字
第一章わたしは阿Qの正伝を作ろうとしたのは一年や二年の...
阿Q正伝 魯迅
1時間〜
在りし日の歌 中原 中也
60分以内
  22,885 文字
[#ページの左右中央]在りし日の歌[#改ページ]含羞―...
在りし日の歌 中原 中也
60分以内
ツェねずみ 宮沢 賢治
30分以内
  5,396 文字
ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえ...
ツェねずみ 宮沢 賢治
30分以内
高野聖 泉 鏡花
1時間〜
  38,554 文字
「参謀本部編纂の地図をまた繰開いて見るでもなかろう、と...
高野聖 泉 鏡花
1時間〜
侏儒の言葉 芥川 竜之介
1時間〜
  41,440 文字
「侏儒の言葉」の「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を伝...
侏儒の言葉 芥川 竜之介
1時間〜
雪渡り 宮沢 賢治
30分以内
  7,603 文字
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よ...
雪渡り 宮沢 賢治
30分以内
「いき」の構造 九鬼 周造
1時間〜
  52,950 文字
[#横組みで、ページの上部、左右中央に]La pens...
「いき」の構造 九鬼 周造
1時間〜
古事記物語 鈴木 三重吉
1時間〜
  106,542 文字
女神の死世界ができたそもそものはじめ。
古事記物語 鈴木 三重吉
1時間〜
尾崎放哉選句集 尾崎 放哉
30分以内
  10,327 文字
尾崎放哉選句集青空文庫版まえがきこのHTMLファイルに...
尾崎放哉選句集 尾崎 放哉
30分以内
武蔵野 国木田 独歩
60分以内
  16,624 文字
「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年...
武蔵野 国木田 独歩
60分以内
人生論ノート 三木 清
1時間〜
  77,646 文字
死について近頃私は死といふものをそんなに恐しく思はなく...
人生論ノート 三木 清
1時間〜
浮雲 二葉亭 四迷
1時間〜
  122,645 文字
浮雲はしがき薔薇の花は頭に咲て活人は絵となる世の中独り...
浮雲 二葉亭 四迷
1時間〜
恩讐の彼方に 菊池 寛
1時間〜
  24,558 文字
市九郎は、主人の切り込んで来る太刀を受け損じて、左の頬...
恩讐の彼方に 菊池 寛
1時間〜
どんぐりと山猫 宮沢 賢治
30分以内
  7,048 文字
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
どんぐりと山猫 宮沢 賢治
30分以内
なめとこ山の熊 宮沢 賢治
30分以内
  7,893 文字
なめとこ山の熊のことならおもしろい。
なめとこ山の熊 宮沢 賢治
30分以内
赤いくつ アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
  8,125 文字
あるところに、ちいさい女の子がいました。
赤いくつ アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
おじいさんのランプ 新美 南吉
60分以内
  13,144 文字
かくれんぼで、倉の隅にもぐりこんだ東一君がランプを持っ...
おじいさんのランプ 新美 南吉
60分以内
最終戦争論 石原 莞爾
1時間〜
  57,750 文字
第一部最終戦争論昭和十五年五月二十九日京都義方会に於け...
最終戦争論 石原 莞爾
1時間〜
ねずみの嫁入り 楠山 正雄
5分以内
  1,830 文字
むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を...
ねずみの嫁入り 楠山 正雄
5分以内
イワンの馬鹿 トルストイ レオ
1時間〜
  31,459 文字
むかしある国の田舎にお金持の百姓が住んでいました。
イワンの馬鹿 トルストイ レオ
1時間〜
杜子春 芥川 竜之介
30分以内
  9,962 文字
或春の日暮です。
杜子春 芥川 竜之介
30分以内
夏目 漱石
1時間〜
  151,203 文字
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそ...
夏目 漱石
1時間〜
モルグ街の殺人事件 ポー エドガー・アラン
1時間〜
  36,914 文字
[#ページの左右中央]サイレーンがどんな歌を歌ったか、...
モルグ街の殺人事件 ポー エドガー・アラン
1時間〜
小さき者へ 有島 武郎
30分以内
  10,918 文字
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、―...
小さき者へ 有島 武郎
30分以内
外科室 泉 鏡花
30分以内
  8,182 文字
上実は好奇心のゆえに、しかれども予は予が画師たるを利器...
外科室 泉 鏡花
30分以内
燃ゆる頬 堀 辰雄
30分以内
  8,888 文字
私は十七になった。
燃ゆる頬 堀 辰雄
30分以内
少女病 田山 花袋
60分以内
  12,580 文字
山手線の朝の七時二十分の上り汽車が、代々木の電車停留場...
少女病 田山 花袋
60分以内
春琴抄 谷崎 潤一郎
1時間〜
  47,265 文字
○春琴、ほんとうの名は鵙屋琴、大阪道修町の薬種商の生れ...
春琴抄 谷崎 潤一郎
1時間〜
若菜集 島崎 藤村
1時間〜
  27,848 文字
こゝろなきうたのしらべはひとふさのぶだうのごとしなさけ...
若菜集 島崎 藤村
1時間〜
源氏物語 紫式部
1時間〜
  32,669 文字
春の野のうらわか草に親しみていとおほどかに恋もなりぬる...
源氏物語 紫式部
1時間〜
森 鴎外
1時間〜
  79,133 文字
壱古い話である。
森 鴎外
1時間〜
ア、秋 太宰 治
5分以内
  1,760 文字
本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからな...
ア、秋 太宰 治
5分以内
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺 温
10分以内
  3,501 文字
居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案...
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺 温
10分以内
双子の星 宮沢 賢治
60分以内
  12,512 文字
双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの...
双子の星 宮沢 賢治
60分以内
愛撫 梶井 基次郎
10分以内
  3,103 文字
猫の耳というものはまことに可笑しなものである。
愛撫 梶井 基次郎
10分以内
芥川 竜之介
30分以内
  11,998 文字
信子は女子大学にゐた時から、才媛の名声を担つてゐた。
芥川 竜之介
30分以内
それから 夏目 漱石
1時間〜
  189,139 文字
誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の...
それから 夏目 漱石
1時間〜
李陵 中島 敦
1時間〜
  36,466 文字
漢の武帝の天漢二年秋九月、騎都尉・李陵は歩卒五千を率い...
李陵 中島 敦
1時間〜