堀辰雄の全作品

青空文庫で公開されている堀辰雄の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全141件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
風立ちぬ 堀 辰雄
1時間〜
  58,812 文字
Le vent se l※(みは)ve, il fau...
風立ちぬ 堀 辰雄
1時間〜
燃ゆる頬 堀 辰雄
30分以内
  8,888 文字
私は十七になった。
燃ゆる頬 堀 辰雄
30分以内
菜穂子 堀 辰雄
1時間〜
  94,196 文字
楡の家第一部一九二六年九月七日、O村にて菜穂子、私はこ...
菜穂子 堀 辰雄
1時間〜
美しい村 堀 辰雄
1時間〜
  44,863 文字
[#ページの左右中央]天の※気(こうき)の薄明に優しく...
美しい村 堀 辰雄
1時間〜
大和路・信濃路 堀 辰雄
1時間〜
  61,737 文字
樹下その藁屋根の古い寺の、木ぶかい墓地へゆく小径のかた...
大和路・信濃路 堀 辰雄
1時間〜
聖家族 堀 辰雄
60分以内
  17,680 文字
死があたかも一つの季節を開いたかのようだった。
聖家族 堀 辰雄
60分以内
辛夷の花 堀 辰雄
10分以内
  3,480 文字
「春の奈良へいつて、馬酔木の花ざかりを見ようとおもつて...
辛夷の花 堀 辰雄
10分以内
麦藁帽子 堀 辰雄
60分以内
  16,935 文字
私は十五だった。
麦藁帽子 堀 辰雄
60分以内
姨捨記 堀 辰雄
30分以内
  7,311 文字
「更級日記」は私の少年の日からの愛讀書であつた。
姨捨記 堀 辰雄
30分以内
死の素描 堀 辰雄
30分以内
  4,291 文字
僕は、ベツドのかたはらの天使に向つて云つた。
死の素描 堀 辰雄
30分以内
堀 辰雄
60分以内
  12,959 文字
路易はすぐ顏をぱあつと赤くした。
堀 辰雄
60分以内
「オルジェル伯爵の舞踏会」 堀 辰雄
30分以内
  5,318 文字
これはレイモン・ラジィゲの小説だ。
「オルジェル伯爵の舞踏会」 堀 辰雄
30分以内
ノワイユ伯爵夫人 堀 辰雄
10分以内
  2,354 文字
ノワイユ伯爵夫人(Anna-Elisabeth Bas...
ノワイユ伯爵夫人 堀 辰雄
10分以内
X氏の手帳 堀 辰雄
10分以内
  2,191 文字
或る夜、或る酒場から一人の青年がふらふらしながら出て來た。
X氏の手帳 堀 辰雄
10分以内
雨後 堀 辰雄
5分以内
  947 文字
六月二十日これでもう山小屋に雨に降りこめられてゐること...
雨後 堀 辰雄
5分以内
「青猫」について 堀 辰雄
10分以内
  3,498 文字
私は萩原朔太郎さんのことを考へると、いつも何處かの町角...
「青猫」について 堀 辰雄
10分以内
エトランジェ 堀 辰雄
30分以内
  10,471 文字
七月二十三日夕方だのに汽車は大へん混んでゐた。
エトランジェ 堀 辰雄
30分以内
黒髪山 堀 辰雄
30分以内
  4,418 文字
源氏物語の「總角」の卷で、長患ひのために「かひななども...
黒髪山 堀 辰雄
30分以内
(アンデルゼンの「即興詩人」) 堀 辰雄
10分以内
  2,092 文字
又四五日前から寢込んでゐる。
(アンデルゼンの「即興詩人」) 堀 辰雄
10分以内
Ein Zwei Drei 堀 辰雄
10分以内
  2,361 文字
本輯に「栗鼠娘」を書いてゐる野村英夫は、僕の「雉子日記...
Ein Zwei Drei 堀 辰雄
10分以内
狐の手套〈小序〉 堀 辰雄
5分以内
  184 文字
昔からよく隨筆の題にはその筆者の好む花の名などが用ひら...
狐の手套〈小序〉 堀 辰雄
5分以内
(きのふプルウストの……) 堀 辰雄
5分以内
  271 文字
きのふプルウストの小説を讀んでゐましたら小説家のベルゴ...
(きのふプルウストの……) 堀 辰雄
5分以内
わぎもこ 堀 辰雄
5分以内
  361 文字
妻の母方の祖父は、土屋彦六といつて、明治のころ、靜岡で...
わぎもこ 堀 辰雄
5分以内
行く春の記 堀 辰雄
5分以内
  433 文字
三月のはじめから又僕は病氣でねてゐました。
行く春の記 堀 辰雄
5分以内
「馬車」 堀 辰雄
5分以内
  473 文字
「馬車」は横光利一さんのもつとも特異な作品の一つである。
「馬車」 堀 辰雄
5分以内
豆自伝 堀 辰雄
5分以内
  548 文字
私が四歳の五月の節句のとき、隣家から發した火事のために...
豆自伝 堀 辰雄
5分以内
エマオの旅びと 堀 辰雄
5分以内
  563 文字
「我々はエマオの旅びとたちのやうに我々の心を燃え上らせ...
エマオの旅びと 堀 辰雄
5分以内
新人紹介 堀 辰雄
5分以内
  569 文字
一、履歴、僕は千九百四年十二月東京に生れた。
新人紹介 堀 辰雄
5分以内
「貝の穴に河童がゐる」 堀 辰雄
5分以内
  618 文字
僕は讀んでゐるうちに何かしら氣味惡くなつてくるやうな作...
「貝の穴に河童がゐる」 堀 辰雄
5分以内
近況 堀 辰雄
5分以内
  621 文字
神西君が僕のことを山のぼりなどしたやうに書いたものだか...
近況 堀 辰雄
5分以内
「マルテの手記」 堀 辰雄
5分以内
  726 文字
丁抹の若い貴族マルテ・ラウリッツ・ブリッゲがその敗殘の...
「マルテの手記」 堀 辰雄
5分以内
尖端人は語る 堀 辰雄
5分以内
  732 文字
私は書かうと思つてもどうしても書けないやうな時がある。
尖端人は語る 堀 辰雄
5分以内
「鉄集」 堀 辰雄
5分以内
  831 文字
たしかシングであつたと思ふ。
「鉄集」 堀 辰雄
5分以内
モオリアックのこと 堀 辰雄
5分以内
  1,024 文字
現代作家の中で誰が一番好きかと問はれたら、僕は躊躇せず...
モオリアックのこと 堀 辰雄
5分以内
ノオト 堀 辰雄
5分以内
  1,049 文字
この「窓」(Les Fen※tres)一卷は、ライネル...
ノオト 堀 辰雄
5分以内
嘉村さん 堀 辰雄
5分以内
  1,191 文字
嘉村礒多さんとは三遍ばかりお會ひしました。
嘉村さん 堀 辰雄
5分以内
端書 堀 辰雄
5分以内
  1,231 文字
何か書きたいと思つて、いろいろ考へてゐるのだけれど、つ...
端書 堀 辰雄
5分以内
心の仕事を 堀 辰雄
5分以内
  1,236 文字
御手紙拜見しました。
心の仕事を 堀 辰雄
5分以内
山日記その二 堀 辰雄
5分以内
  1,260 文字
十月九日こちらはもう秋が深い。
山日記その二 堀 辰雄
5分以内
「エル・ハヂ」など 堀 辰雄
5分以内
  1,278 文字
「羅馬を後にして、カンパニヤの野邊を横り、アルバノの山...
「エル・ハヂ」など 堀 辰雄
5分以内
辻野久憲君 堀 辰雄
5分以内
  1,314 文字
辻野君のこと、大へん悲しい。
辻野久憲君 堀 辰雄
5分以内
噴水のほとりで―― 堀 辰雄
5分以内
  1,576 文字
私達は水族館を出ると、観音堂の裏をすこしばかり歩いた。
噴水のほとりで―― 堀 辰雄
5分以内
噴水のほとりで―― 堀 辰雄
5分以内
  1,576 文字
私達は水族館を出ると、觀音堂の裏をすこしばかり歩いた。
噴水のほとりで―― 堀 辰雄
5分以内
花を持てる女 堀 辰雄
5分以内
  1,577 文字
私がまだ子供の時である。
花を持てる女 堀 辰雄
5分以内
葉桜日記 堀 辰雄
5分以内
  1,662 文字
――私は、中野重治の譯したハイネの手紙の寫しが以前から...
葉桜日記 堀 辰雄
5分以内
パイプについての雑談 堀 辰雄
5分以内
  1,796 文字
この二三日、咽喉が痛くてしかたがない。
パイプについての雑談 堀 辰雄
5分以内
萩の花 堀 辰雄
5分以内
  1,804 文字
萩の花については、私は二三の小さな思ひ出しか持つてゐない。
萩の花 堀 辰雄
5分以内
「古代感愛集」読後 堀 辰雄
5分以内
  1,807 文字
お寒くなりましたしかしそれ以上に寒ざむしい世の中の變り...
「古代感愛集」読後 堀 辰雄
5分以内
絵はがき 堀 辰雄
5分以内
  1,823 文字
一九三〇年八月十七日、K村にて僕がホテルのベッドに横に...
絵はがき 堀 辰雄
5分以内
更級日記など 堀 辰雄
5分以内
  1,912 文字
御質問にお答へするほど、日本の古典をよく讀んでゐません...
更級日記など 堀 辰雄
5分以内