堀辰雄の全作品

青空文庫で公開されている堀辰雄の作品155篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全155件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
風立ちぬ堀辰雄
1時間〜
  57,466文字
  Le vent se lve, il faut tenter…
風立ちぬ堀辰雄
1時間〜
燃ゆる頬堀辰雄
30分以内
  8,629文字
  私は十七になった。
燃ゆる頬堀辰雄
30分以内
菜穂子堀辰雄
1時間〜
  92,934文字
  私はこの日記をお前にいつか読んで貰うために書いておこうと思う…
菜穂子堀辰雄
1時間〜
美しい村堀辰雄
1時間〜
  48,929文字
  命の脈が又(また)新しく活溌(かっぱつ)に打っている。
美しい村堀辰雄
1時間〜
大和路・信濃路堀辰雄
1時間〜
  61,252文字
 その藁屋根(わらやね)の古い寺の、木ぶかい墓地へゆく小径(こ…
大和路・信濃路堀辰雄
1時間〜
聖家族堀辰雄
60分以内
  16,561文字
 死があたかも一つの季節を開いたかのようだった。
聖家族堀辰雄
60分以内
あいびき堀辰雄
10分以内
  2,574文字
 ……一つの小径(こみち)が生い茂った花と草とに掩(おお)われ…
あいびき堀辰雄
10分以内
辛夷の花堀辰雄
10分以内
  3,317文字
 「春の奈良へいつて、馬酔木(あしび)の花ざかりを見ようとおも…
辛夷の花堀辰雄
10分以内
麦藁帽子堀辰雄
60分以内
  16,603文字
 私は十五だった。
麦藁帽子堀辰雄
60分以内
芥川竜之介論堀辰雄
1時間〜
  35,601文字
 芥川龍之介を論ずるのは僕にとつて困難であります。
芥川竜之介論堀辰雄
1時間〜
日付のない日記堀辰雄
10分以内
  2,291文字
 今朝も七時ごろに目が覺める。
日付のない日記堀辰雄
10分以内
尖端人は語る堀辰雄
5分以内
  675文字
 私は書かうと思つてもどうしても書けないやうな時がある。
尖端人は語る堀辰雄
5分以内
萩の花堀辰雄
5分以内
  1,695文字
 萩の花については、私は二三の小さな思ひ出しか持つてゐない。
萩の花堀辰雄
5分以内
山日記その一堀辰雄
10分以内
  2,495文字
 ゆうべ二時頃、杉皮ばかりの天井裏で、何かごそごそと物音がする…
山日記その一堀辰雄
10分以内
水のほとり堀辰雄
10分以内
  2,302文字
 私はいま、こんな胸の病氣で、部屋の中に閉ぢ籠つたきり、殆ど外…
水のほとり堀辰雄
10分以内
二三の追憶堀辰雄
10分以内
  2,869文字
一高の頃のことを考へると、いまでもときをり逢ふことのある友達…
二三の追憶堀辰雄
10分以内
二人の友堀辰雄
10分以内
  3,124文字
それからもう數年になるのである。
二人の友堀辰雄
10分以内
晩夏堀辰雄
60分以内
  13,925文字
けさ急に思い立って、軽井沢の山小屋を閉めて、野尻湖に来た。
晩夏堀辰雄
60分以内
かげろうの日記堀辰雄
1時間〜
  32,292文字
かげろふの日記といふべし。
かげろうの日記堀辰雄
1時間〜
近況堀辰雄
5分以内
  570文字
神西君が僕のことを山のぼりなどしたやうに書いたものだから、み…
近況堀辰雄
5分以内
姨捨記堀辰雄
30分以内
  7,095文字
「更級日記」は私の少年の日からの愛讀書であつた。
姨捨記堀辰雄
30分以内
更級日記など堀辰雄
5分以内
  1,832文字
一、僅かに讀んだものの中では、「更級日記」などが隨分好きです…
更級日記など堀辰雄
5分以内
死の素描堀辰雄
10分以内
  3,845文字
僕は、ベツドのかたはらの天使に向つて云つた。
死の素描堀辰雄
10分以内
麦藁帽子堀辰雄
60分以内
  15,772文字
私は十五だつた。
麦藁帽子堀辰雄
60分以内
堀辰雄
30分以内
  11,931文字
路易(るる)はすぐ顏をぱあつと赤くした。
堀辰雄
30分以内
「オルジェル伯爵の舞踏会」堀辰雄
30分以内
  4,939文字
これはレイモン・ラジィゲの小説だ。
「オルジェル伯爵の舞踏会」堀辰雄
30分以内
ノワイユ伯爵夫人堀辰雄
10分以内
  2,247文字
ノワイユ伯爵夫人(Anna-Elisabeth Bassar…
ノワイユ伯爵夫人堀辰雄
10分以内
ほととぎす堀辰雄
1時間〜
  32,020文字
「昔、殿のお通いになっていらしった源の宰相某(なにがし)とか…
ほととぎす堀辰雄
1時間〜
X氏の手帳堀辰雄
5分以内
  1,919文字
或る夜、或る酒場から一人の青年がふらふらしながら出て來た。
X氏の手帳堀辰雄
5分以内
雨後堀辰雄
5分以内
  887文字
これでもう山小屋に雨に降りこめられてゐること一週間。
雨後堀辰雄
5分以内
「青猫」について堀辰雄
10分以内
  3,252文字
私は萩原朔太郎さんのことを考へると、いつも何處かの町角の、午…
「青猫」について堀辰雄
10分以内
エトランジェ堀辰雄
30分以内
  9,909文字
夕方だのに汽車は大へん混んでゐた。
エトランジェ堀辰雄
30分以内
黒髪山堀辰雄
30分以内
  4,325文字
源氏物語の「總角(あげまき)」の卷で、長患ひのために「かひな…
黒髪山堀辰雄
30分以内
(アンデルゼンの「即興詩人」)堀辰雄
5分以内
  1,957文字
又四五日前から寢込んでゐる。
(アンデルゼンの「即興詩人」)堀辰雄
5分以内
Ein Zwei Drei堀辰雄
10分以内
  2,228文字
本輯に「栗鼠娘」を書いてゐる野村英夫は、僕の「雉子日記」など…
Ein Zwei Drei堀辰雄
10分以内
「浴泉記」など堀辰雄
10分以内
  2,392文字
温泉のあまり好きでない私に温泉のことを何か書けといふのである…
「浴泉記」など堀辰雄
10分以内
我思古人堀辰雄
10分以内
  2,623文字
この夏も末になつてから漸つと「晩夏」が校了になり、ほつと一息…
我思古人堀辰雄
10分以内
水族館堀辰雄
60分以内
  12,273文字
私は諸君に、このなんとも説明のしやうのない淺草公園の魅力を、…
水族館堀辰雄
60分以内
堀辰雄
10分以内
  3,381文字
彼等は鼠のやうに遊んだ。
堀辰雄
10分以内
眠れる人堀辰雄
30分以内
  8,301文字
その女が僕を見てあんまり親しげに微笑したので、僕はその女につ…
眠れる人堀辰雄
30分以内
羽ばたき堀辰雄
30分以内
  8,669文字
丘の上のU塔には、千羽の鳩が棲んでゐた。
羽ばたき堀辰雄
30分以内
馬車を待つ間堀辰雄
30分以内
  9,010文字
埃りまみれの靴の紐をほどきながら、ひよいと顏を上げた私は、さ…
馬車を待つ間堀辰雄
30分以内
風景堀辰雄
10分以内
  3,472文字
波止場の附近はいつものやうに、ぷんぷん酒臭い水夫や、忙しさう…
風景堀辰雄
10分以内
絵はがき堀辰雄
5分以内
  1,659文字
僕がホテルのベッドに横になつて、讀書をしてゐたら、窓から、向…
絵はがき堀辰雄
5分以内
おもかげ堀辰雄
30分以内
  7,773文字
アトリエとその中庭は、節子の死後、全く手入れもせずに放つてお…
おもかげ堀辰雄
30分以内
新人紹介堀辰雄
5分以内
  496文字
一、履歴、僕は千九百四年十二月東京に生れた。
新人紹介堀辰雄
5分以内
手紙堀辰雄
30分以内
  6,220文字
こつちへ來てから、もう二十日になる。
手紙堀辰雄
30分以内
噴水のほとりで――堀辰雄
5分以内
  1,451文字
私達は水族館を出ると、觀音堂の裏をすこしばかり歩いた。
噴水のほとりで――堀辰雄
5分以内
匈奴の森など堀辰雄
30分以内
  9,337文字
秋になりました。
匈奴の森など堀辰雄
30分以内
山日記その二堀辰雄
5分以内
  1,204文字
こちらはもう秋が深い。
山日記その二堀辰雄
5分以内