🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める堀辰雄の短編作品

青空文庫で公開されている堀辰雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編34作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜34件 / 全34件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
尖端人は語る
(1930年)
堀辰雄
5分以内
  718 文字
私は書かうと思つてもどうしても書けないやうな時がある。
尖端人は語る 堀辰雄
私は書かうと思つてもどうしても書けないやうな時がある。
萩の花
(1934年)
堀辰雄
5分以内
  1,788 文字
萩の花については、私は二三の小さな思ひ出しか持つてゐない。
萩の花 堀辰雄
萩の花については、私は二三の小さな思ひ出しか持つてゐない。
近況
(1947年)
堀辰雄
5分以内
  605 文字
神西君が僕のことを山のぼりなどしたやうに書いたものだから、みんながもつと身體に氣をつけて、あん...
近況 堀辰雄
神西君が僕のことを山のぼりなどしたやうに書いたものだから、みんながもつと身體に氣をつけて、あんまり無茶をしないやうにといつてよこす。
雨後
(1938年)
堀辰雄
5分以内
  935 文字
六月二十日これでもう山小屋に雨に降りこめられてゐること一週間。
雨後 堀辰雄
六月二十日これでもう山小屋に雨に降りこめられてゐること一週間。
狐の手套〈小序〉
(1933年)
堀辰雄
5分以内
  162 文字
昔からよく隨筆の題にはその筆者の好む花の名などが用ひられてゐる。
狐の手套〈小序〉 堀辰雄
昔からよく隨筆の題にはその筆者の好む花の名などが用ひられてゐる。
(きのふプルウストの……)
(1955年)
堀辰雄
5分以内
  249 文字
きのふプルウストの小説を讀んでゐましたら小説家のベルゴットの死を描いた一節に逢着しました。
(きのふプルウストの……) 堀辰雄
きのふプルウストの小説を讀んでゐましたら小説家のベルゴットの死を描いた一節に逢着しました。
わぎもこ
(1952年)
堀辰雄
5分以内
  339 文字
妻の母方の祖父は、土屋彦六といつて、明治のころ、靜岡で牧師をしてゐた。
わぎもこ 堀辰雄
妻の母方の祖父は、土屋彦六といつて、明治のころ、靜岡で牧師をしてゐた。
行く春の記
(1941年)
堀辰雄
5分以内
  411 文字
三月のはじめから又僕は病氣でねてゐました。
行く春の記 堀辰雄
三月のはじめから又僕は病氣でねてゐました。
「馬車」
(1934年)
堀辰雄
5分以内
  457 文字
「馬車」は横光利一さんのもつとも特異な作品の一つである。
「馬車」 堀辰雄
「馬車」は横光利一さんのもつとも特異な作品の一つである。
豆自伝
(1949年)
堀辰雄
5分以内
  532 文字
私が四歳の五月の節句のとき、隣家から發した火事のために、私の五月幟も五月人形もみんな燒けてしまつた。
豆自伝 堀辰雄
私が四歳の五月の節句のとき、隣家から發した火事のために、私の五月幟も五月人形もみんな燒けてしまつた。
エマオの旅びと
(1940年)
堀辰雄
5分以内
  547 文字
「我々はエマオの旅びとたちのやうに我々の心を燃え上らせるクリストを求めずにはゐられないのであらう。
エマオの旅びと 堀辰雄
「我々はエマオの旅びとたちのやうに我々の心を燃え上らせるクリストを求めずにはゐられないのであらう。
新人紹介
(1929年)
堀辰雄
5分以内
  555 文字
一、履歴、僕は千九百四年十二月東京に生れた。
新人紹介 堀辰雄
一、履歴、僕は千九百四年十二月東京に生れた。
「貝の穴に河童がゐる」
(1932年)
堀辰雄
5分以内
  602 文字
僕は讀んでゐるうちに何かしら氣味惡くなつてくるやうな作品が好きだ。
「貝の穴に河童がゐる」 堀辰雄
僕は讀んでゐるうちに何かしら氣味惡くなつてくるやうな作品が好きだ。
「マルテの手記」
(1940年)
堀辰雄
5分以内
  710 文字
丁抹の若い貴族マルテ・ラウリッツ・ブリッゲがその敗殘の身をパリの一隅によせ、其處でうらぶれた人...
「マルテの手記」 堀辰雄
丁抹の若い貴族マルテ・ラウリッツ・ブリッゲがその敗殘の身をパリの一隅によせ、其處でうらぶれた人々にまじつて孤獨な生活をはじめる。
「鉄集」 堀辰雄
5分以内
  815 文字
たしかシングであつたと思ふ。
「鉄集」 堀辰雄
たしかシングであつたと思ふ。
モオリアックのこと
(1936年)
堀辰雄
5分以内
  1,008 文字
現代作家の中で誰が一番好きかと問はれたら、僕は躊躇せずにモオリアックの名を擧げるだらう。
モオリアックのこと 堀辰雄
現代作家の中で誰が一番好きかと問はれたら、僕は躊躇せずにモオリアックの名を擧げるだらう。
ノオト 堀辰雄
5分以内
  1,027 文字
この「窓」(Les Fen※tres)一卷は、ライネル・マリア・リルケがその晩年餘技として佛蘭...
ノオト 堀辰雄
この「窓」(Les Fen※tres)一卷は、ライネル・マリア・リルケがその晩年餘技として佛蘭西語で試みたいくつかの小さな詩集のうちの一つである。
嘉村さん
(1934年)
堀辰雄
5分以内
  1,175 文字
嘉村礒多さんとは三遍ばかりお會ひしました。
嘉村さん 堀辰雄
嘉村礒多さんとは三遍ばかりお會ひしました。
心の仕事を 堀辰雄
5分以内
  1,214 文字
御手紙拜見しました。
心の仕事を 堀辰雄
御手紙拜見しました。
端書
(1940年)
堀辰雄
5分以内
  1,215 文字
何か書きたいと思つて、いろいろ考へてゐるのだけれど、つい怠けて――怠けてゐるくらゐ僕の健康にい...
端書 堀辰雄
何か書きたいと思つて、いろいろ考へてゐるのだけれど、つい怠けて――怠けてゐるくらゐ僕の健康にいいことはないので――なかなか思ひ立つて書けないのです。
山日記その二 堀辰雄
5分以内
  1,252 文字
十月九日こちらはもう秋が深い。
山日記その二 堀辰雄
十月九日こちらはもう秋が深い。
「エル・ハヂ」など
(1951年)
堀辰雄
5分以内
  1,262 文字
「羅馬を後にして、カンパニヤの野邊を横り、アルバノの山の東を走り、險しき山の崖、石多き川の谷を...
「エル・ハヂ」など 堀辰雄
「羅馬を後にして、カンパニヤの野邊を横り、アルバノの山の東を走り、險しき山の崖、石多き川の谷を過ぎ、いつしかカッシノに著けば、近くモンテ・カッシノ山の聳ゆるあり、僧院の建物見ゆ。
辻野久憲君
(1937年)
堀辰雄
5分以内
  1,298 文字
辻野君のこと、大へん悲しい。
辻野久憲君 堀辰雄
辻野君のこと、大へん悲しい。
噴水のほとりで―― 堀辰雄
5分以内
  1,560 文字
私達は水族館を出ると、観音堂の裏をすこしばかり歩いた。
噴水のほとりで―― 堀辰雄
私達は水族館を出ると、観音堂の裏をすこしばかり歩いた。
噴水のほとりで――
(1930年)
堀辰雄
5分以内
  1,560 文字
私達は水族館を出ると、觀音堂の裏をすこしばかり歩いた。
噴水のほとりで―― 堀辰雄
私達は水族館を出ると、觀音堂の裏をすこしばかり歩いた。
花を持てる女
(1932年)
堀辰雄
5分以内
  1,561 文字
私がまだ子供の時である。
花を持てる女 堀辰雄
私がまだ子供の時である。
葉桜日記
(1935年)
堀辰雄
5分以内
  1,646 文字
――私は、中野重治の譯したハイネの手紙の寫しが以前から私の手許にあるので、それを私の雜誌に載せ...
葉桜日記 堀辰雄
――私は、中野重治の譯したハイネの手紙の寫しが以前から私の手許にあるので、それを私の雜誌に載せたいと思つてゐるが、二三個處意味不明のところがある。
パイプについての雑談
(1930年)
堀辰雄
5分以内
  1,780 文字
この二三日、咽喉が痛くてしかたがない。
パイプについての雑談 堀辰雄
この二三日、咽喉が痛くてしかたがない。
「古代感愛集」読後
(1948年)
堀辰雄
5分以内
  1,798 文字
お寒くなりましたしかしそれ以上に寒ざむしい世の中の變り果てた有樣のやうでございますねときどき東...
「古代感愛集」読後 堀辰雄
お寒くなりましたしかしそれ以上に寒ざむしい世の中の變り果てた有樣のやうでございますねときどき東京に行つて歸つてきた友人などに東京の話を聞くたびに、先生などいかがお暮らしかと、心の痛いやうな思ひをいたしますさういふ折など、いつぞや頂戴いたした御手づつの「古代感愛集」を披いては、さういふ一切を超えられた、先生の搖ぎもなさらぬやうなお姿を偲んでは、何かと心を擾しがちな自分の氣おくれを叱つて居りますかういふ現在において、「古代感愛集」はますます私には何よりも得難い書物となりました...
絵はがき
(1930年)
堀辰雄
5分以内
  1,815 文字
一九三〇年八月十七日、K村にて僕がホテルのベッドに横になつて、讀書をしてゐたら、窓から、向日葵...
絵はがき 堀辰雄
一九三〇年八月十七日、K村にて僕がホテルのベッドに横になつて、讀書をしてゐたら、窓から、向日葵の奴がしきりにそれをのぞきこむのだ。
更級日記など
(1936年)
堀辰雄
5分以内
  1,896 文字
御質問にお答へするほど、日本の古典をよく讀んでゐませんので大變困りましたが、一、僅かに讀んだも...
更級日記など 堀辰雄
御質問にお答へするほど、日本の古典をよく讀んでゐませんので大變困りましたが、一、僅かに讀んだものの中では、「更級日記」などが隨分好きです。
或外国の公園で
(1940年)
堀辰雄
5分以内
  1,905 文字
「……伊太利は好い效果を與へてくれましたけれど、こんどは私には北方が、空間が、風が必要になつた...
或外国の公園で 堀辰雄
「……伊太利は好い效果を與へてくれましたけれど、こんどは私には北方が、空間が、風が必要になつたやうな氣がいたします……」と、一九〇四年四月二十九日、當時羅馬に滯在してキエルケゴオル、ヤコブセン等の作品を好んで讀んでゐたライネル・マリア・リルケはそのスカンヂナヴィア在住の女友達エレン・ケイに宛てて書いてゐる。
CARTE POSTALE 堀辰雄
5分以内
  1,925 文字
夕暮である。
CARTE POSTALE 堀辰雄
夕暮である。
春浅き日に
(1933年)
堀辰雄
5分以内
  1,997 文字
二三日前の或る温かなぽかぽかするやうな午後、僕はうかうかと三宅坂から赤坂見付まで歩いてしまつた。
春浅き日に 堀辰雄
二三日前の或る温かなぽかぽかするやうな午後、僕はうかうかと三宅坂から赤坂見付まで歩いてしまつた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。