🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める蒲原有明の短編作品

青空文庫で公開されている蒲原有明の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
機縁
(1906年)
蒲原有明
5分以内
  636 文字
その大海かたち定めぬ劫初の代に水泡の嵐たゆたふ千尋の底。
機縁 蒲原有明
その大海かたち定めぬ劫初の代に水泡の嵐たゆたふ千尋の底。
『行く春』を読む
(1901年)
蒲原有明
5分以内
  1,413 文字
薄田泣菫氏の才華はすでに第一の詩集『暮笛集』に於て、わが新詩壇上いちじるしき誉れとなりしを、こ...
『行く春』を読む 蒲原有明
薄田泣菫氏の才華はすでに第一の詩集『暮笛集』に於て、わが新詩壇上いちじるしき誉れとなりしを、こたびの集『ゆく春』の出づるに及びて、また新たに、詩人繍腸の清婉は日ごろ塵に染みたる俗心の底にもひびきぬ。
泣菫氏が近業一篇を読みて
(1902年)
蒲原有明
5分以内
  1,645 文字
穉態を免れず、進める蹤を認めずと言はるる新詩壇も、ここに歳華改りて、おしなべてが浴する新光を共...
泣菫氏が近業一篇を読みて 蒲原有明
穉態を免れず、進める蹤を認めずと言はるる新詩壇も、ここに歳華改りて、おしなべてが浴する新光を共にせむとするか、くさぐさの篇什一々に数へあげむは煩はしけれど、めづらしき歌ごゑ殊に妙なるは、秀才泣菫氏が近作、「公孫樹下にたちて」と題せる一篇なるべし。
抒情詩に就て
(1900年)
蒲原有明
5分以内
  1,761 文字
観相をのみ崇みて、ひたぶるに己が心を虚うせむと力むるあり。
抒情詩に就て 蒲原有明
観相をのみ崇みて、ひたぶるに己が心を虚うせむと力むるあり。
詩の将来について
(1937年)
蒲原有明
5分以内
  1,810 文字
こゝに掲げた標題が私に課せられた難問である。
詩の将来について 蒲原有明
こゝに掲げた標題が私に課せられた難問である。
長谷川二葉亭
(1908年)
蒲原有明
5分以内
  1,858 文字
長谷川二葉亭氏にはつい此あひだ上野精養軒で開かれた送別會の席上で、はじめてその風※に接したぐら...
長谷川二葉亭 蒲原有明
長谷川二葉亭氏にはつい此あひだ上野精養軒で開かれた送別會の席上で、はじめてその風※に接したぐらゐであるから、わたくしには氏に對して別に纏つた感想などのありやうもない。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。