🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める斎藤茂吉の中編作品

青空文庫で公開されている斎藤茂吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
島木赤彦臨終記
(1926年)
斎藤茂吉
60分以内
  12,194 文字
大正十五年三月十八日の朝、東京から行つた藤沢古実君が、※蔭山房(しいんさんばう)に赤彦君を見舞...
島木赤彦臨終記 斎藤茂吉
大正十五年三月十八日の朝、東京から行つた藤沢古実君が、※蔭山房(しいんさんばう)に赤彦君を見舞つた筈(はず)である。
三筋町界隈
(1937年)
斎藤茂吉
60分以内
  15,861 文字
この追憶随筆は明治二十九年を起点とする四、五年に当るから、日清戦役が済んで遼東還附に関する問題...
三筋町界隈 斎藤茂吉
この追憶随筆は明治二十九年を起点とする四、五年に当るから、日清戦役が済んで遼東還附に関する問題が囂(かまびす)しく、また、東北三陸の大海嘯があり、足尾銅山鉱毒事件があり、文壇では、森鴎外の『めさまし草』、与謝野鉄幹の『東西南北』が出たころ、露伴の「雲の袖」、紅葉の「多情多恨」、柳浪の「今戸心中」あたりが書かれた頃に当るはずである。
ドナウ源流行 斎藤茂吉
60分以内
  23,735 文字
この息もつかず流れている大河は、どのへんから出て来ているだろうかと思ったことがある。
ドナウ源流行 斎藤茂吉
この息もつかず流れている大河は、どのへんから出て来ているだろうかと思ったことがある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。