🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める相馬泰三の短編作品

青空文庫で公開されている相馬泰三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気

(1912年)
相馬泰三
30分以内
  4,805 文字
そとは嵐である。
相馬泰三
そとは嵐である。
野の哄笑
(1922年)
相馬泰三
30分以内
  4,658 文字
型の如く、青竹につるした白張の提灯、紅白の造花の蓮華、紙に貼付けた菓子、雀(すゞめ)の巣さなが...
野の哄笑 相馬泰三
型の如く、青竹につるした白張の提灯、紅白の造花の蓮華、紙に貼付けた菓子、雀(すゞめ)の巣さながらの藁細工の容物に盛つた野だんご、ピカピカ磨きたてた真鍮の燭台、それから、大きな朱傘をさゝせた、着飾つた坊さん、跣(はだし)の位牌持ち、柩(ひつぎ)、――生々しい赤い杉板で造つた四斗樽(だる)ほどの棺桶で、頭から白木綿で巻かれ、その上に、小さな印ばかりの天蓋が置かれてある。
新らしき祖先
(1917年)
相馬泰三
30分以内
  10,588 文字
或(あ)る年の、四月半ばの或る晴れた日、地主宇沢家の邸裏の畑地へ二十人ばかりの人足が入りこんで...
新らしき祖先 相馬泰三
或(あ)る年の、四月半ばの或る晴れた日、地主宇沢家の邸裏の畑地へ二十人ばかりの人足が入りこんで、お喋舌をしたり鼻唄を唄つたりして賑(にぎや)かに立働いてゐた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。