30分以内で読めるイエイツウィリアム・バトラーの短編作品

青空文庫で公開されているイエイツウィリアム・バトラーの作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品4篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全4件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
「ケルトの薄明」よりイエイツウィリアム・バトラー
30分以内
  4,302文字
  平俗な名利の念を離れて、暫く人事の匆忙を忘れる時、自分は時と…
「ケルトの薄明」よりイエイツウィリアム・バトラー
30分以内
鷹の井戸(一幕)イエイツウィリアム・バトラー
30分以内
  7,156文字
舞台は何処でも差支ない、何もないあき場、正面の壁の前に模様あ…
鷹の井戸(一幕)イエイツウィリアム・バトラー
30分以内
カスリイン・ニ・フウリハン(一幕)イエイツウィリアム・バトラー
30分以内
  8,707文字
一七九八年、キララに近い農家の内部、ブリヂットは卓に近く立っ…
カスリイン・ニ・フウリハン(一幕)イエイツウィリアム・バトラー
30分以内
春の心臓イエイツウィリアム・バトラー
30分以内
  4,897文字
一人の老人が瞑想に耽りながら、岩の多い岸に坐つてゐる。
春の心臓イエイツウィリアム・バトラー
30分以内