🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める坂口安吾の長編作品

青空文庫で公開されている坂口安吾の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編53作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全53件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
白痴
(1946年)
坂口安吾
1時間〜
  24,382 文字
その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいたが、まったく、住む建物も各々の食物も殆(ほとん)ど...
白痴 坂口安吾
その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいたが、まったく、住む建物も各々の食物も殆(ほとん)ど変っていやしない。
夜長姫と耳男
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  30,286 文字
オレの親方はヒダ随一の名人とうたわれたタクミであったが、夜長の長者に招かれたのは、老病で死期の...
夜長姫と耳男 坂口安吾
オレの親方はヒダ随一の名人とうたわれたタクミであったが、夜長の長者に招かれたのは、老病で死期の近づいた時だった。
青鬼の褌を洗う女
(1947年)
坂口安吾
1時間〜
  42,748 文字
匂いって何だろう?私は近頃人の話をきいていても、言葉を鼻で嗅ぐようになった。
青鬼の褌を洗う女 坂口安吾
匂いって何だろう?私は近頃人の話をきいていても、言葉を鼻で嗅ぐようになった。
二流の人
(1947年)
坂口安吾
1時間〜
  59,802 文字
第一話小田原にて天正十八年、真夏のひざかりであつた。
二流の人 坂口安吾
第一話小田原にて天正十八年、真夏のひざかりであつた。
不連続殺人事件
(1947年)
坂口安吾
1時間〜
  174,432 文字
俗悪千万な人間関係昭和二十二年六月の終りであった。
不連続殺人事件 坂口安吾
俗悪千万な人間関係昭和二十二年六月の終りであった。
明治開化 安吾捕物
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  25,683 文字
氷川の海舟屋敷の黒板塀をくぐったのは神楽坂の剣術使い泉山虎之介。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
氷川の海舟屋敷の黒板塀をくぐったのは神楽坂の剣術使い泉山虎之介。
肝臓先生
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  25,388 文字
終戦後二年目の八月十五日のことであるが、伊豆の伊東温泉に三浦按針祭というものが行われて、当日に...
肝臓先生 坂口安吾
終戦後二年目の八月十五日のことであるが、伊豆の伊東温泉に三浦按針祭というものが行われて、当日に限って伊東市は一切の禁令を解除し、旅館や飲食店はお酒をジャン/\のませてもよいし、スシでもドンブリでも何を売ってもよろしい、という地区司令官の布告がでたという。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  25,121 文字
今日一日で月が変ると、明日からは十二月。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
今日一日で月が変ると、明日からは十二月。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  29,057 文字
光子は一枝の言葉が頭にからみついて放れなかった。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
光子は一枝の言葉が頭にからみついて放れなかった。
青春論
(1942年)
坂口安吾
1時間〜
  36,954 文字
わが青春今が自分の青春だというようなことを僕はまったく自覚した覚えがなくて過してしまった。
青春論 坂口安吾
わが青春今が自分の青春だというようなことを僕はまったく自覚した覚えがなくて過してしまった。
明日は天気になれ
(1953年)
坂口安吾
1時間〜
  125,832 文字
ゴルフをしなかった話私は二ヶ月前からゴルフをはじめた。
明日は天気になれ 坂口安吾
ゴルフをしなかった話私は二ヶ月前からゴルフをはじめた。
明治開化 安吾捕物
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  25,893 文字
秋ばれの好天気。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
秋ばれの好天気。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  25,679 文字
スギ子未亡人はシンは心のあたたかい人のようでもある。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
スギ子未亡人はシンは心のあたたかい人のようでもある。
明治開化 安吾捕物
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  24,047 文字
秋雨の降りしきる朝。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
秋雨の降りしきる朝。
盗まれた手紙の話
(1940年)
坂口安吾
1時間〜
  31,666 文字
あの人間は気違だから精神病院へぶちこめなんて、とんでもない。
盗まれた手紙の話 坂口安吾
あの人間は気違だから精神病院へぶちこめなんて、とんでもない。
吹雪物語
(1938年)
坂口安吾
1時間〜
  296,682 文字
一九三×年のことである。
吹雪物語 坂口安吾
一九三×年のことである。
復員殺人事件
(1949年)
坂口安吾
1時間〜
  105,757 文字
登場人物倉田由之倉田家の当主。
復員殺人事件 坂口安吾
登場人物倉田由之倉田家の当主。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  29,691 文字
近ごろは誰かが鉄道自殺をしたときくと、エ?生活反応はあったか?デンスケ君でも忽ちこう疑いを起す...
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
近ごろは誰かが鉄道自殺をしたときくと、エ?生活反応はあったか?デンスケ君でも忽ちこう疑いを起すから、ウカツに鉄道自殺と見せかけても見破られる危険が多い。
女剣士
(1954年)
坂口安吾
1時間〜
  40,318 文字
石毛存八は刑務所をでると、鍋釜バケツからタオル歯ブラシに至るまで世帯道具一式を買ってナンキン袋...
女剣士 坂口安吾
石毛存八は刑務所をでると、鍋釜バケツからタオル歯ブラシに至るまで世帯道具一式を買ってナンキン袋につめこんだ。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  25,183 文字
「隣家に奉公中は御親切にしていただきましたが、本日限りヒマをいただいて明朝帰国いたしますので…...
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
「隣家に奉公中は御親切にしていただきましたが、本日限りヒマをいただいて明朝帰国いたしますので……」と、隣家の馬丁の倉三が大原草雪のところへ挨拶に上ると、物好きでヒマ人の草雪はかねてそれを待ちかねていたことだから、「この淋しい土地に住んでお前のような話相手に去られては先の退屈が思いやられるな。
心霊殺人事件
(1954年)
坂口安吾
1時間〜
  27,458 文字
伊勢崎九太夫はある日二人の麗人から奇妙な依頼をうけた。
心霊殺人事件 坂口安吾
伊勢崎九太夫はある日二人の麗人から奇妙な依頼をうけた。
現代忍術伝
(1949年)
坂口安吾
1時間〜
  84,575 文字
その正宗菊松先生就職発奮のこと戦乱破壊のあとゝいうものは、若い者の天下なのである。
現代忍術伝 坂口安吾
その正宗菊松先生就職発奮のこと戦乱破壊のあとゝいうものは、若い者の天下なのである。
オモチャ箱
(1947年)
坂口安吾
1時間〜
  24,093 文字
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間というものがあるものだ。
オモチャ箱 坂口安吾
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間というものがあるものだ。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  35,817 文字
年が改って一月の十三日。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
年が改って一月の十三日。
左近の怒り
(1954年)
坂口安吾
1時間〜
  51,959 文字
左近の上京夏川左近は久方ぶりで上京のついで古本あさりに神田へでた。
左近の怒り 坂口安吾
左近の上京夏川左近は久方ぶりで上京のついで古本あさりに神田へでた。
木々の精、谷の精
(1939年)
坂口安吾
1時間〜
  26,391 文字
修吉が北越山中の秋山家を訪ねたとき、恰(あたか)もそれを見るために遥々(はるばる)やつてきたや...
木々の精、谷の精 坂口安吾
修吉が北越山中の秋山家を訪ねたとき、恰(あたか)もそれを見るために遥々(はるばる)やつてきたやうに、まづ仏像のことを尋ねた。
金銭無情
(1947年)
坂口安吾
1時間〜
  84,452 文字
金銭無情最上清人は哲学者だ。
金銭無情 坂口安吾
金銭無情最上清人は哲学者だ。
勝負師
(1949年)
坂口安吾
1時間〜
  28,320 文字
五月九日のことだ。
勝負師 坂口安吾
五月九日のことだ。
安吾の新日本地理
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  24,888 文字
今日では埼玉県入間郡高麗村ですが、昔は武蔵の国の高麗郡であり、高麗村でありました。
安吾の新日本地理 坂口安吾
今日では埼玉県入間郡高麗村ですが、昔は武蔵の国の高麗郡であり、高麗村でありました。
黒谷村
(1931年)
坂口安吾
1時間〜
  26,419 文字
矢車凡太が黒谷村を訪れたのは、蜂谷龍然に特殊な友情や、また特別な興味を懐いてゐたためでは無論ない。
黒谷村 坂口安吾
矢車凡太が黒谷村を訪れたのは、蜂谷龍然に特殊な友情や、また特別な興味を懐いてゐたためでは無論ない。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  34,979 文字
「私は六段格で。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
「私は六段格で。
安吾の新日本地理
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  29,304 文字
飛騨(実にメンドウな字だから以後カナで書かせてもらいますよ)は日本の古代史では重大きわまる土地...
安吾の新日本地理 坂口安吾
飛騨(実にメンドウな字だから以後カナで書かせてもらいますよ)は日本の古代史では重大きわまる土地であります。
安吾の新日本地理
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  25,732 文字
仙台は伊達政宗のひらいた城下町。
安吾の新日本地理 坂口安吾
仙台は伊達政宗のひらいた城下町。
安吾新日本風土記
(1955年)
坂口安吾
1時間〜
  24,539 文字
発端先月日向を旅行したとき、宮崎市内の鉄道沿線に「クスリは富山の広貫堂」という広告板を見た。
安吾新日本風土記 坂口安吾
発端先月日向を旅行したとき、宮崎市内の鉄道沿線に「クスリは富山の広貫堂」という広告板を見た。
道鏡
(1947年)
坂口安吾
1時間〜
  24,977 文字
日本史に女性時代ともいふべき一時期があつた。
道鏡 坂口安吾
日本史に女性時代ともいふべき一時期があつた。

(1933年)
坂口安吾
1時間〜
  25,337 文字
「ごらんなさい。
坂口安吾
「ごらんなさい。
安吾巷談
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  26,173 文字
わが経来りし人生を回想するという年でもないが、子供のころは類例稀れな暴れん坊で、親を泣かせ、先...
安吾巷談 坂口安吾
わが経来りし人生を回想するという年でもないが、子供のころは類例稀れな暴れん坊で、親を泣かせ、先生を泣かせ、郷里の中学を追いだされて上京しても、入れてくれる学校を探すのに苦労した。
安吾の新日本地理
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  26,230 文字
檀一雄君の直木賞「石川五右衛門」が連載されてから、「新大阪」という新聞が送られてくるが、本社か...
安吾の新日本地理 坂口安吾
檀一雄君の直木賞「石川五右衛門」が連載されてから、「新大阪」という新聞が送られてくるが、本社から直接来るのじゃなくて、東京支社から送られてくる。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  26,831 文字
明治十六年一月のことである。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
明治十六年一月のことである。
明治開化 安吾捕物
(1951年)
坂口安吾
1時間〜
  27,898 文字
雷ギライという人種がある。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
雷ギライという人種がある。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  28,074 文字
庭の片隅にオイナリ様があった。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
庭の片隅にオイナリ様があった。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  28,839 文字
妙子は自分の生れた時信家を軽蔑していた。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
妙子は自分の生れた時信家を軽蔑していた。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  29,856 文字
楠巡査はその日非番であった。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
楠巡査はその日非番であった。
投手殺人事件
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  31,108 文字
その速球投手と女優の身売り新しい年も九日になるのに、うちつづく正月酒で頭が痛い。
投手殺人事件 坂口安吾
その速球投手と女優の身売り新しい年も九日になるのに、うちつづく正月酒で頭が痛い。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  33,008 文字
この事件をお話しするには、大きな石がなぜ動いたか、ということから語らなければなりません。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
この事件をお話しするには、大きな石がなぜ動いたか、ということから語らなければなりません。
水鳥亭
(1950年)
坂口安吾
1時間〜
  33,739 文字
一匹のイワシ日曜の夜になると、梅村亮作の女房信子はさッさとフトンをかぶって、ねてしもう。
水鳥亭 坂口安吾
一匹のイワシ日曜の夜になると、梅村亮作の女房信子はさッさとフトンをかぶって、ねてしもう。
裏切り
(1954年)
坂口安吾
1時間〜
  37,763 文字
ぼくが阿久津に働いていたので、日野が出入りするようになりました。
裏切り 坂口安吾
ぼくが阿久津に働いていたので、日野が出入りするようになりました。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
1時間〜
  45,954 文字
一助はお加久に叩き起されてシブシブ目をさました。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
一助はお加久に叩き起されてシブシブ目をさました。
イノチガケ
(1940年)
坂口安吾
1時間〜
  51,321 文字
前篇マルチル・マルチレスの数々一五四七年一月、一艘のポルトガル商船が九州の一角に坐礁して引卸し...
イノチガケ 坂口安吾
前篇マルチル・マルチレスの数々一五四七年一月、一艘のポルトガル商船が九州の一角に坐礁して引卸しにかゝつてゐると、丘の上から騎馬で駈け降りてきた二人の日本人があつて、手拭を打ちふり、その船に乗せてくれないかと叫びたてゝゐる。
ジロリの女
(1948年)
坂口安吾
1時間〜
  55,432 文字
私は人の顔をジロリと見る悪い癖があるのだそうだ。
ジロリの女 坂口安吾
私は人の顔をジロリと見る悪い癖があるのだそうだ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。