夜長姫と耳男
坂口安吾

『夜長姫と耳男』は青空文庫で公開されている坂口安吾の長編作品。28,060文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  28,060文字
人気    88,547PV
書き出しオレの親方はヒダ随一の名人とうたわれたタクミであったが、夜長の長者に招かれたのは、老病で死期の近づいた時だった。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

坂口安吾の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品