60分以内で読める坂口安吾の中編作品

青空文庫で公開されている坂口安吾の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編107作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全107件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
桜の森の満開の下 坂口 安吾
60分以内
  18,490 文字
桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下...
桜の森の満開の下 坂口 安吾
60分以内
日本文化私観 坂口 安吾
60分以内
  23,190 文字
「日本的」ということ僕は日本の古代文化に就て殆んど知識...
日本文化私観 坂口 安吾
60分以内
織田信長 坂口 安吾
60分以内
  19,483 文字
死のふは一定、しのび草には何をしよぞ、一定かたりをこす...
織田信長 坂口 安吾
60分以内
安吾巷談 坂口 安吾
60分以内
  12,087 文字
伊豆の伊東にヒロポン屋というものが存在している。
安吾巷談 坂口 安吾
60分以内
教祖の文学 坂口 安吾
60分以内
  14,229 文字
去年、小林秀雄が水道橋のプラットホームから墜落して不思...
教祖の文学 坂口 安吾
60分以内
不良少年とキリスト 坂口 安吾
60分以内
  15,693 文字
もう十日、歯がいたい。
不良少年とキリスト 坂口 安吾
60分以内
アンゴウ 坂口 安吾
60分以内
  12,355 文字
矢島は社用で神田へでるたび、いつもするように、古本屋を...
アンゴウ 坂口 安吾
60分以内
女体 坂口 安吾
60分以内
  16,664 文字
岡本は谷村夫妻の絵の先生であつた。
女体 坂口 安吾
60分以内
握った手 坂口 安吾
60分以内
  12,327 文字
松夫はちかごろ考えすぎるようであった。
握った手 坂口 安吾
60分以内
選挙殺人事件 坂口 安吾
60分以内
  15,290 文字
三高木工所の戸口には、「選挙中休業」のハリガミがでている。
選挙殺人事件 坂口 安吾
60分以内
散る日本 坂口 安吾
60分以内
  20,268 文字
一九四七年六月六日私は遠足に行く子供のやうな感動をもつ...
散る日本 坂口 安吾
60分以内
続戦争と一人の女 坂口 安吾
60分以内
  14,036 文字
カマキリ親爺は私のことを奥さんと呼んだり姐さんと呼んだ...
続戦争と一人の女 坂口 安吾
60分以内
風と光と二十の私と 坂口 安吾
60分以内
  16,156 文字
私は放校されたり、落第したり、中学を卒業したのは二十の...
風と光と二十の私と 坂口 安吾
60分以内
魔の退屈 坂口 安吾
60分以内
  12,137 文字
戦争中、私ぐらゐだらしのない男はめつたになかつたと思ふ。
魔の退屈 坂口 安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物 坂口 安吾
60分以内
  16,698 文字
「なア、ベク助。
明治開化 安吾捕物 坂口 安吾
60分以内
南京虫殺人事件 坂口 安吾
60分以内
  13,976 文字
消えた男「ここの女主人は何者だろうな」この家の前を通る...
南京虫殺人事件 坂口 安吾
60分以内
中庸 坂口 安吾
60分以内
  17,438 文字
この村からは陸海軍大佐が各一名でた。
中庸 坂口 安吾
60分以内
発掘した美女 坂口 安吾
60分以内
  15,606 文字
恋わずらい梅玉堂は東京で古くから名のある菓子店である。
発掘した美女 坂口 安吾
60分以内
正午の殺人 坂口 安吾
60分以内
  15,266 文字
郊外電車がF駅についたのが十一時三十五分。
正午の殺人 坂口 安吾
60分以内
犯人 坂口 安吾
60分以内
  14,343 文字
その山奥の村に殺人事件があった。
犯人 坂口 安吾
60分以内
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
  15,074 文字
この元日に飛行機にのった。
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
  17,133 文字
海を見たことがないという山奥の子供でも汽車や自動車は見...
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
  18,173 文字
まえがき仕事の用で旅にでることが多いので、その期間の新...
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
恋をしに行く(「女体」につゞく) 坂口 安吾
60分以内
  19,744 文字
谷村は駅前まで行つて引返してきた。
恋をしに行く(「女体」につゞく) 坂口 安吾
60分以内
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
  15,985 文字
妻を忘れた夫の話山口静江(廿四歳)『これが僕のワイフか...
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
  20,104 文字
男子は慰藉料をもらえないという話婚姻予約不履行による慰...
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
都会の中の孤島 坂口 安吾
60分以内
  14,445 文字
アナタハン島の悲劇はむろん戦争がなければ起らなかった。
都会の中の孤島 坂口 安吾
60分以内
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
  13,115 文字
彼は子供の時から、ホラブンとよばれていた。
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
  20,648 文字
私は犬が好きだ。
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
  15,823 文字
「オラトコのアネサには困ったもんだて。
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
町内の二天才 坂口 安吾
60分以内
  13,914 文字
魚屋と床屋のケンカのことその日は魚屋の定休日であった。
町内の二天才 坂口 安吾
60分以内
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
  13,243 文字
目明の鼻介は十手の名人日本一だという大そうな気取りを持...
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
いづこへ 坂口 安吾
60分以内
  20,358 文字
私はそのころ耳を澄ますやうにして生きてゐた。
いづこへ 坂口 安吾
60分以内
坂口 安吾
60分以内
  13,781 文字
ふと校庭を眺めると、例の学生がまた走っていた。
坂口 安吾
60分以内
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
  23,126 文字
急行列車が駅にとまると、二人か三人の私服刑事らしき人物...
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
  14,238 文字
不見転観相学桜井大路この写真(次頁の)から観た処では、...
安吾人生案内 坂口 安吾
60分以内
逃げたい心 坂口 安吾
60分以内
  19,217 文字
蒲原氏は四十七歳になつてゐた。
逃げたい心 坂口 安吾
60分以内
フシギな女 坂口 安吾
60分以内
  18,722 文字
文字と画はこうも違うものかね。
フシギな女 坂口 安吾
60分以内
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
  13,504 文字
この正月元旦に大島上空を飛行機で通過したとき(高度は三...
安吾の新日本地理 坂口 安吾
60分以内
決闘 坂口 安吾
60分以内
  16,590 文字
妙信、京二郎、安川らの一行が特攻基地へ廻されたのは四月...
決闘 坂口 安吾
60分以内
家康 坂口 安吾
60分以内
  12,585 文字
徳川家康は狸オヤヂと相場がきまつてゐる。
家康 坂口 安吾
60分以内
小さな部屋 坂口 安吾
60分以内
  16,081 文字
「扨て一人の男が浜で死んだ。
小さな部屋 坂口 安吾
60分以内
わが精神の周囲 坂口 安吾
60分以内
  16,926 文字
まえがき(小稿の主旨)私がアドルム中毒で病院を退院した...
わが精神の周囲 坂口 安吾
60分以内
桐生通信 坂口 安吾
60分以内
  17,940 文字
田舎のメインストリートから私の住居は田舎の小都市ながら...
桐生通信 坂口 安吾
60分以内
暗い青春 坂口 安吾
60分以内
  14,451 文字
まつたく暗い家だつた。
暗い青春 坂口 安吾
60分以内
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
  15,423 文字
カメは貧乏大工の一人息子であったが、やたらに寸法をまち...
落語・教祖列伝 坂口 安吾
60分以内
日月様 坂口 安吾
60分以内
  12,044 文字
私が精神病院へ入院しているとき、妙な噂が立った。
日月様 坂口 安吾
60分以内
巷談師 坂口 安吾
60分以内
  12,052 文字
「ヘタな小説が売れなくなって巷談師になったのか。
巷談師 坂口 安吾
60分以内
朴水の婚礼 坂口 安吾
60分以内
  12,060 文字
朝巻信助は火星人といふ渾名であつたが、それは頭デッカチ...
朴水の婚礼 坂口 安吾
60分以内
安吾史譚 坂口 安吾
60分以内
  12,075 文字
天草四郎という美少年は実在した人物には相違ないが、確実...
安吾史譚 坂口 安吾
60分以内