60分以内で読める坂口安吾の中編作品

青空文庫で公開されている坂口安吾の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品102篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全102件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
桜の森の満開の下坂口安吾
60分以内
  17,320文字
  桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子(だんご)をたべて花…
桜の森の満開の下坂口安吾
60分以内
白痴坂口安吾
60分以内
  23,661文字
  その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨(あひる)が住んでいたが、ま…
白痴坂口安吾
60分以内
織田信長坂口安吾
60分以内
  18,385文字
  立入左京亮(たてりさきょうのすけ)が綸旨二通と女房奉書をたず…
織田信長坂口安吾
60分以内
日本文化私観坂口安吾
60分以内
  22,662文字
  僕は日本の古代文化に就(つい)て殆んど知識を持っていない。
日本文化私観坂口安吾
60分以内
不良少年とキリスト坂口安吾
60分以内
  14,267文字
  もう十日、歯がいたい。
不良少年とキリスト坂口安吾
60分以内
教祖の文学坂口安吾
60分以内
  13,372文字
  去年、小林秀雄が水道橋のプラットホームから墜落して不思議な命…
教祖の文学坂口安吾
60分以内
女体坂口安吾
60分以内
  15,610文字
  岡本は谷村夫妻の絵の先生であつた。
女体坂口安吾
60分以内
黒田如水坂口安吾
60分以内
  13,734文字
 天正十八年真夏のひざかりであつた。
黒田如水坂口安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
  23,113文字
 秋雨の降りしきる朝。
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
  23,700文字
 今日一日で月が変ると、明日からは十二月。
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
家康坂口安吾
60分以内
  12,678文字
 徳川家康は狸オヤジと相場がきまっている。
家康坂口安吾
60分以内
肝臓先生坂口安吾
60分以内
  23,603文字
 終戦後二年目の八月十五日のことであるが、伊豆の伊東温泉に三浦…
肝臓先生坂口安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
  23,846文字
 「この淋しい土地に住んでお前のような話相手に去られては先の退…
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
  15,464文字
 「なア、ベク助。
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
小さな部屋坂口安吾
60分以内
  17,005文字
 「扨(さ)て一人の男が浜で死んだ。
小さな部屋坂口安吾
60分以内
風と光と二十の私と坂口安吾
60分以内
  15,475文字
 私は放校されたり、落第したり、中学を卒業したのは二十の年であ…
風と光と二十の私と坂口安吾
60分以内
安吾史譚坂口安吾
60分以内
  13,619文字
 勝海舟の明治二十年、ちょうど鹿鳴館(ろくめいかん)時代の建白…
安吾史譚坂口安吾
60分以内
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
  19,211文字
 宝塚少女歌劇というものは、現代の神話的存在の一ツである。
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
紫大納言坂口安吾
60分以内
  13,488文字
 昔、花山院の御時、紫の大納言という人があった。
紫大納言坂口安吾
60分以内
選挙殺人事件坂口安吾
60分以内
  14,061文字
 「選挙中休業」のハリガミがでている。
選挙殺人事件坂口安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
  21,454文字
 生れつき大そう間のわるい人間というものがいるものだ。
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
家康坂口安吾
60分以内
  12,126文字
 徳川家康は狸オヤヂと相場がきまつてゐる。
家康坂口安吾
60分以内
安吾史譚坂口安吾
60分以内
  13,930文字
 国史上「威風高き女性」をもとめると数は多いが、私は高野天皇の…
安吾史譚坂口安吾
60分以内
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
  22,183文字
 「ねえ、旦那。
明治開化 安吾捕物坂口安吾
60分以内
二十七歳坂口安吾
60分以内
  19,567文字
 魂や情熱を嘲笑(あざわら)うことは非常に容易なことなので、私…
二十七歳坂口安吾
60分以内
いずこへ坂口安吾
60分以内
  19,848文字
 私はそのころ耳を澄ますようにして生きていた。
いずこへ坂口安吾
60分以内
教祖の文学坂口安吾
60分以内
  13,864文字
 去年、小林秀雄が水道橋(すいどうばし)のプラットホームから墜…
教祖の文学坂口安吾
60分以内
散る日本坂口安吾
60分以内
  18,667文字
 私は遠足に行く子供のやうな感動をもつて病院をでた。
散る日本坂口安吾
60分以内
オモチャ箱坂口安吾
60分以内
  23,738文字
 およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間というもの…
オモチャ箱坂口安吾
60分以内
恋をしに行く(「女体」につゞく)坂口安吾
60分以内
  18,045文字
 谷村は駅前まで行つて引返してきた。
恋をしに行く(「女体」につゞく)坂口安吾
60分以内
続戦争と一人の女坂口安吾
60分以内
  13,167文字
 カマキリ親爺は私のことを奥さんと呼んだり姐さんと呼んだりした…
続戦争と一人の女坂口安吾
60分以内
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
  21,958文字
 急行列車が駅にとまると、二人か三人の私服刑事らしき人物が車内…
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
フシギな女坂口安吾
60分以内
  17,582文字
 文字と画はこうも違うものかね。
フシギな女坂口安吾
60分以内
発掘した美女坂口安吾
60分以内
  14,236文字
 梅玉(ばいぎょく)堂は東京で古くから名のある菓子店である。
発掘した美女坂口安吾
60分以内
中庸坂口安吾
60分以内
  16,362文字
 この村からは陸海軍大佐が各一名でた。
中庸坂口安吾
60分以内
石の思ひ坂口安吾
60分以内
  15,429文字
 私の父は私の十八の年(丁度東京の大地震の秋であつたが)に死ん…
石の思ひ坂口安吾
60分以内
正午の殺人坂口安吾
60分以内
  14,172文字
 郊外電車がF駅についたのが十一時三十五分。
正午の殺人坂口安吾
60分以内
犯人坂口安吾
60分以内
  13,036文字
 その山奥の村に殺人事件があった。
犯人坂口安吾
60分以内
わが精神の周囲坂口安吾
60分以内
  15,889文字
私がアドルム中毒で病院を退院したのは、この四月二十日頃であっ…
わが精神の周囲坂口安吾
60分以内
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
  16,220文字
海を見たことがないという山奥の子供でも汽車や自動車は見なれて…
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
安吾人生案内坂口安吾
60分以内
  15,067文字
『これが僕のワイフか?
安吾人生案内坂口安吾
60分以内
決闘坂口安吾
60分以内
  15,454文字
妙信、京二郎、安川らの一行が特攻基地へ廻されたのは四月の始め…
決闘坂口安吾
60分以内
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
  23,191文字
今日では埼玉県入間郡高麗(コマ)村ですが、昔は武蔵の国の高麗…
安吾の新日本地理坂口安吾
60分以内
落語・教祖列伝坂口安吾
60分以内
  12,468文字
目明(めあかし)の鼻介は十手の名人日本一だという大そうな気取…
落語・教祖列伝坂口安吾
60分以内
南京虫殺人事件坂口安吾
60分以内
  12,929文字
この家の前を通る時、波川巡査は習慣的にふとそう思う。
南京虫殺人事件坂口安吾
60分以内
安吾人生案内坂口安吾
60分以内
  17,287文字
仕事の用で旅にでることが多いので、その期間の新聞を読み損うこ…
安吾人生案内坂口安吾
60分以内
いづこへ坂口安吾
60分以内
  19,020文字
私はそのころ耳を澄ますやうにして生きてゐた。
いづこへ坂口安吾
60分以内
落語・教祖列伝坂口安吾
60分以内
  12,244文字
彼は子供の時から、ホラブンとよばれていた。
落語・教祖列伝坂口安吾
60分以内
安吾人生案内坂口安吾
60分以内
  18,907文字
中央区京橋八丁堀、吉野広吉方でクリーニング業に従っていた原告…
安吾人生案内坂口安吾
60分以内
落語・教祖列伝坂口安吾
60分以内
  14,826文字
「オラトコのアネサには困ったもんだて。
落語・教祖列伝坂口安吾
60分以内