桜の森の満開の下
坂口 安吾

『桜の森の満開の下』は坂口安吾の中編作品。18,490文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  18,490 文字
人気   232,631 PV
書き出し 桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、これは嘘です。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む