織田信長
坂口 安吾

『織田信長』は坂口安吾の中編作品。19,483文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  19,483 文字
人気   19,605 PV
書き出し 死のふは一定、しのび草には何をしよぞ、一定かたりをこすよの――信長の好きな小唄――立入左京亮が綸旨二通と女房奉書をたずさえて信長をたずねてきたとき、信長は鷹狩に出ていた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む