30分以内で読める坂口安吾の短編作品

青空文庫で公開されている坂口安吾の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品165篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全165件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
堕落論坂口安吾
30分以内
  7,882文字
  半年のうちに世相は変った。
堕落論坂口安吾
30分以内
恋愛論坂口安吾
30分以内
  5,655文字
  恋愛とはいかなるものか、私はよく知らない。
恋愛論坂口安吾
30分以内
戦争と一人の女坂口安吾
30分以内
  9,418文字
  野村は戦争中一人の女と住んでゐた。
戦争と一人の女坂口安吾
30分以内
安吾巷談坂口安吾
30分以内
  11,329文字
  伊豆の伊東にヒロポン屋というものが存在している。
安吾巷談坂口安吾
30分以内
文学のふるさと坂口安吾
30分以内
  5,424文字
  シャルル・ペロオの童話に「赤頭巾(あかずきん)」という名高い…
文学のふるさと坂口安吾
30分以内
パンパンガール坂口安吾
30分以内
  4,605文字
  私は先ごろパンパンガールと会談した。
パンパンガール坂口安吾
30分以内
続堕落論坂口安吾
30分以内
  7,872文字
  敗戦後国民の道義頽廃(たいはい)せりというのだが、然らば戦前…
続堕落論坂口安吾
30分以内
もう軍備はいらない坂口安吾
30分以内
  8,281文字
  原子バクダンの被害写真が流行しているので、私も買った。
もう軍備はいらない坂口安吾
30分以内
太宰治情死考坂口安吾
30分以内
  4,787文字
  新聞によると、太宰の月収二十万円、毎日カストリ二千円飲み、五…
太宰治情死考坂口安吾
30分以内
風博士坂口安吾
30分以内
  5,767文字
  諸君は、東京市某町某番地なる風博士の邸宅を御存じであろう乎(…
風博士坂口安吾
30分以内
島原の乱雑記坂口安吾
30分以内
  9,489文字
  島原の乱で三万七千の農民が死んだ。
島原の乱雑記坂口安吾
30分以内
堕落論〔続堕落論〕坂口安吾
30分以内
  8,116文字
 敗戦後国民の道義頽廃(たいはい)せりというのだが、然(しか)…
堕落論〔続堕落論〕坂口安吾
30分以内
私は海をだきしめてゐたい坂口安吾
30分以内
  7,226文字
 私はいつも神様の国へ行かうとしながら地獄の門を潜つてしまふ人…
私は海をだきしめてゐたい坂口安吾
30分以内
姦淫に寄す坂口安吾
30分以内
  10,243文字
 九段坂下の裏通りに汚い下宿屋があつた。
姦淫に寄す坂口安吾
30分以内
アンゴウ坂口安吾
30分以内
  11,487文字
 矢島は社用で神田へでるたび、いつもするように、古本屋をのぞい…
アンゴウ坂口安吾
30分以内
安吾巷談坂口安吾
30分以内
  9,185文字
 私はストリップを見たのは今度がはじめてだ。
安吾巷談坂口安吾
30分以内
天皇陛下にさゝぐる言葉坂口安吾
30分以内
  6,263文字
 天皇陛下が旅行して歩くことは、人間誰しも旅行するもの、あたり…
天皇陛下にさゝぐる言葉坂口安吾
30分以内
安吾史譚坂口安吾
30分以内
  11,646文字
 天草四郎という美少年は実在した人物には相違ないが、確実な史料…
安吾史譚坂口安吾
30分以内
握った手坂口安吾
30分以内
  11,456文字
 松夫はちかごろ考えすぎるようであった。
握った手坂口安吾
30分以内
私は海をだきしめていたい坂口安吾
30分以内
  7,435文字
 私はいつも神様の国へ行こうとしながら地獄の門を潜ってしまう人…
私は海をだきしめていたい坂口安吾
30分以内
親が捨てられる世相坂口安吾
30分以内
  7,398文字
 戦争中はほかに楽しみもなかったので、私はよく碁会所のお世話に…
親が捨てられる世相坂口安吾
30分以内
坂口安吾
30分以内
  5,080文字
 畏友(いゆう)辰夫は稀(まれ)に見る秀才だったが、発狂してと…
坂口安吾
30分以内
帝銀事件を論ず坂口安吾
30分以内
  7,281文字
 帝銀事件はとくに智能犯というほどのものではないようだ。
帝銀事件を論ず坂口安吾
30分以内
私は誰?坂口安吾
30分以内
  6,649文字
 私はこゝ一ヶ月間に五回も座談会にひっぱりだされて困った。
私は誰?坂口安吾
30分以内
デカダン文学論坂口安吾
30分以内
  10,101文字
 極意だの免許皆伝などというのは茶とか活花(いけばな)とか忍術…
デカダン文学論坂口安吾
30分以内
戦争論坂口安吾
30分以内
  10,860文字
 戦争は人類に多くの利益をもたらしてくれた。
戦争論坂口安吾
30分以内
閑山坂口安吾
30分以内
  7,931文字
 昔、越後之国魚沼の僻地(へきち)に、閑山寺の六袋和尚といって…
閑山坂口安吾
30分以内
武者ぶるい論坂口安吾
30分以内
  4,093文字
 妖雲(よううん)天地にたちこめ、円盤空をとび、巷(ちまた)の…
武者ぶるい論坂口安吾
30分以内
木枯の酒倉から坂口安吾
30分以内
  11,408文字
 木枯の荒れ狂う一日、僕は今度武蔵野に居を卜そうと、ただ一人村…
木枯の酒倉から坂口安吾
30分以内
大阪の反逆坂口安吾
30分以内
  9,355文字
 将棋の升田七段が木村名人に三連勝以来、大阪の反逆といふやうな…
大阪の反逆坂口安吾
30分以内
風流坂口安吾
30分以内
  9,521文字
 今年いっぱい、日本諸国をかなり足まめに旅行した。
風流坂口安吾
30分以内
推理小説論坂口安吾
30分以内
  7,458文字
 日本の探偵作家の間に、探偵小説芸術論という一風潮があって、ド…
推理小説論坂口安吾
30分以内
九段坂口安吾
30分以内
  10,001文字
 東京は小石川に「もみぢ」という旅館がある。
九段坂口安吾
30分以内
魔の退屈坂口安吾
30分以内
  11,946文字
 戦争中、私ぐらいだらしのない男はめったになかったと思う。
魔の退屈坂口安吾
30分以内
敬語論坂口安吾
30分以内
  5,354文字
 インドの昔に学者が集って相談した。
敬語論坂口安吾
30分以内
釣り師の心境坂口安吾
30分以内
  5,631文字
 私は妙に魚釣りに縁のあるあたりに住んできたが、小田原で三日間…
釣り師の心境坂口安吾
30分以内
影のない犯人坂口安吾
30分以内
  11,192文字
 この温泉都市でたぶん前山別荘が一番大きな別荘だろう。
影のない犯人坂口安吾
30分以内
我が人生観坂口安吾
30分以内
  9,749文字
 小生もついに別荘の七ツ八ツ風光明媚なるところにブッたてようと…
我が人生観坂口安吾
30分以内
余はベンメイす坂口安吾
30分以内
  6,184文字
 先日朝日評論のO氏現れ、開口一番、舟橋聖一のところには日に三…
余はベンメイす坂口安吾
30分以内
枯淡の風格を排す坂口安吾
30分以内
  7,464文字
 「枯淡の風格」とか「さび」というものを私は認めることができな…
枯淡の風格を排す坂口安吾
30分以内
モンアサクサ坂口安吾
30分以内
  4,699文字
 戦争中の浅草は、ともかく、私の輸血路であった。
モンアサクサ坂口安吾
30分以内
魔の退屈坂口安吾
30分以内
  11,495文字
 戦争中、私ぐらゐだらしのない男はめつたになかつたと思ふ。
魔の退屈坂口安吾
30分以内
人生三つの愉しみ坂口安吾
30分以内
  8,019文字
 アンタブスという酒が嫌いになる薬の実験者の話が週刊朝日に収録…
人生三つの愉しみ坂口安吾
30分以内
意慾的創作文章の形式と方法坂口安吾
30分以内
  8,252文字
 小説の文章を他の文章から区別する特徴は、小説のもつ独特の文章…
意慾的創作文章の形式と方法坂口安吾
30分以内
スポーツ・文学・政治坂口安吾
30分以内
  6,697文字
 いま僕の書いている『スキヤキから一つの歴史がはじまる』は、は…
スポーツ・文学・政治坂口安吾
30分以内
文章の一形式坂口安吾
30分以内
  5,166文字
 私は文章を書いていて、断定的な言い方をするのが甚だ気がかりの…
文章の一形式坂口安吾
30分以内
小さな山羊の記録坂口安吾
30分以内
  9,495文字
私は若い頃から、衰頽の期間にいつも洟汁が流れて悩む習慣があっ…
小さな山羊の記録坂口安吾
30分以内
行雲流水坂口安吾
30分以内
  10,864文字
「和尚さん。
行雲流水坂口安吾
30分以内
咢堂小論坂口安吾
30分以内
  7,362文字
毎日新聞所載、尾崎咢堂(おざきがくどう)の世界浪人論は終戦後…
咢堂小論坂口安吾
30分以内
流浪の追憶坂口安吾
30分以内
  4,508文字
私は友達から放浪児と言われる。
流浪の追憶坂口安吾
30分以内