10分以内で読める坂口安吾の短編作品

青空文庫で公開されている坂口安吾の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品64篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全64件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
阿部定さんの印象坂口安吾
10分以内
  3,614文字
  阿部定さんに会つた感じは、一ばん平凡な下町育ちの女といふ感じ…
阿部定さんの印象坂口安吾
10分以内
特攻隊に捧ぐ坂口安吾
10分以内
  3,331文字
  数百万の血をささげたこの戦争に、我々の心を真に高めてくれるよ…
特攻隊に捧ぐ坂口安吾
10分以内
ラムネ氏のこと坂口安吾
10分以内
  3,581文字
  小林秀雄と島木健作が小田原へ鮎釣りに来て、三好達治の家で鮎を…
ラムネ氏のこと坂口安吾
10分以内
反スタイルの記坂口安吾
10分以内
  2,439文字
  私がヒロポンという薬の名をきいたのは六七年前で、東京新聞のY…
反スタイルの記坂口安吾
10分以内
酒のあとさき坂口安吾
10分以内
  3,932文字
 私は日本酒の味はきらひで、ビールの味もきらひだ。
酒のあとさき坂口安吾
10分以内
悪妻論坂口安吾
10分以内
  3,706文字
 悪妻には一般的な型はない。
悪妻論坂口安吾
10分以内
ピエロ伝道者坂口安吾
10分以内
  2,192文字
 空にある星を一つ欲しいと思いませんか?
ピエロ伝道者坂口安吾
10分以内
悪妻論坂口安吾
10分以内
  3,886文字
 悪妻には一般的な型はない。
悪妻論坂口安吾
10分以内
インチキ文学ボクメツ雑談坂口安吾
10分以内
  2,013文字
 本日(一九四六年七月七日・日曜)朝食の折から一通の速達が舞い…
インチキ文学ボクメツ雑談坂口安吾
10分以内
文字と速力と文学坂口安吾
10分以内
  3,911文字
 私はいつか眼鏡をこわしたことがあった。
文字と速力と文学坂口安吾
10分以内
天才になりそこなつた男の話坂口安吾
10分以内
  2,259文字
 東洋大学の学生だつたころ、丁度学年試験の最中であつたが、校門…
天才になりそこなつた男の話坂口安吾
10分以内
わが工夫せるオジヤ坂口安吾
10分以内
  3,355文字
 私は今から二ヶ月ほど前に胃から黒い血をはいた。
わが工夫せるオジヤ坂口安吾
10分以内
ドストエフスキーとバルザック坂口安吾
10分以内
  2,987文字
 散文に二種あると考へてゐるが、一を小説、他を作文とかりに言つ…
ドストエフスキーとバルザック坂口安吾
10分以内
理想の女坂口安吾
10分以内
  3,182文字
ある婦人が私に言つた。
理想の女坂口安吾
10分以内
通俗作家 荷風坂口安吾
10分以内
  2,508文字
「問はず語り」は話が好都合にできすぎてゐる。
通俗作家 荷風坂口安吾
10分以内
傲慢な眼坂口安吾
10分以内
  2,756文字
ある辺鄙な県庁所在地へ、極めて都会的な精神的若さを持つた県知…
傲慢な眼坂口安吾
10分以内
諦めている子供たち坂口安吾
10分以内
  2,329文字
雪の晩げに道を歩くと雪ジョロがでるすけオッカネぞとおらとこの…
諦めている子供たち坂口安吾
10分以内
ちかごろの酒の話坂口安吾
10分以内
  3,684文字
メチルで死人がでるやうになつたとき大井広介から手紙で、新聞で…
ちかごろの酒の話坂口安吾
10分以内
ピエロ伝道者坂口安吾
10分以内
  2,209文字
空にある星を一つ欲しいと思ひませんか?
ピエロ伝道者坂口安吾
10分以内
宿命の CANDIDE坂口安吾
10分以内
  2,457文字
六七年前、菱山と机を並べて仏蘭西語を学んでゐた頃、彼は強度の…
宿命の CANDIDE坂口安吾
10分以内
愉しい夢の中にて坂口安吾
10分以内
  2,165文字
昨夜、ちやうど河田の夢を見た。
愉しい夢の中にて坂口安吾
10分以内
Pierre Philosophale坂口安吾
10分以内
  3,788文字
小心で、そして実直に働いて来た呂木が、急に彼の人生でぐずりは…
Pierre Philosophale坂口安吾
10分以内
日本人に就て坂口安吾
10分以内
  3,800文字
健蔵兄、作品社から「中島健蔵氏へ質問」といふものを書けといふ…
日本人に就て坂口安吾
10分以内
新らしき文学坂口安吾
10分以内
  3,542文字
近年、新興芸術の名に於て幾多の文芸運動が試みられてきたが、徒…
新らしき文学坂口安吾
10分以内
現代とは?坂口安吾
10分以内
  2,118文字
伝統の否定と一口に言うけれども、伝統は全て否定しなければなら…
現代とは?坂口安吾
10分以内
机と布団と女坂口安吾
10分以内
  2,337文字
小説新潮の新年号に、林忠彦の撮影した私の二年ほど掃除をしたこ…
机と布団と女坂口安吾
10分以内
探偵小説とは坂口安吾
10分以内
  2,783文字
推理小説というものは、文学よりも、パズルの要素が多い。
探偵小説とは坂口安吾
10分以内
わが思想の息吹坂口安吾
10分以内
  2,481文字
「青鬼の褌を洗う女」は昨年中の仕事のうちで、私の最も愛着を寄…
わが思想の息吹坂口安吾
10分以内
文人囲碁会坂口安吾
10分以内
  2,530文字
先日中央公論の座談会で豊島与志雄さんに会ったら、いきなり、近…
文人囲碁会坂口安吾
10分以内
探偵小説を截る坂口安吾
10分以内
  2,861文字
私は探偵小説をよむと、みんな同じ書き方をしているので、まずウ…
探偵小説を截る坂口安吾
10分以内
集団見合坂口安吾
10分以内
  2,890文字
あの日は何月何日だったか、その前夜、雑誌の用で、たしか岩田専…
集団見合坂口安吾
10分以内
本困坊・呉清源十番碁観戦記坂口安吾
10分以内
  2,943文字
対局前夜、夕方六時、対局所の小石川もみじ旅館に両棋士、僕、三…
本困坊・呉清源十番碁観戦記坂口安吾
10分以内
私の小説坂口安吾
10分以内
  3,603文字
近頃の編輯者は芸なしぞろひで、今年になつてから、私に、私の小…
私の小説坂口安吾
10分以内
俗物性と作家坂口安吾
10分以内
  2,341文字
先日高見順君の文芸時評に私の「逃げたい心」の序文の文章をとり…
俗物性と作家坂口安吾
10分以内
思想なき眼坂口安吾
10分以内
  3,158文字
この著作を刊行するに当つてラクロは神経を使つたらしい。
思想なき眼坂口安吾
10分以内
蟹の泡坂口安吾
10分以内
  3,158文字
私は中戸川とみゑさんの「ひとりごと」を読んで、私が遺族だつた…
蟹の泡坂口安吾
10分以内
通俗と変貌と坂口安吾
10分以内
  3,933文字
文学といふものは政治と違つて、こと人性に即したものであるから…
通俗と変貌と坂口安吾
10分以内
馬庭念流のこと坂口安吾
10分以内
  2,621文字
剣法というのは元来貴人に依存してきたもので、剣士は将軍や大名…
馬庭念流のこと坂口安吾
10分以内
人の子の親となりて坂口安吾
10分以内
  2,444文字
私には子供が生れないと思っていたので、家族のつもりで犬を飼っ…
人の子の親となりて坂口安吾
10分以内
安吾下田外史坂口安吾
10分以内
  2,616文字
ハリスが通訳ヒュースケンを従え米国総領事の資格で下田に上陸し…
安吾下田外史坂口安吾
10分以内
不可解な失恋に就て坂口安吾
10分以内
  2,305文字
人あるところに恋あり、各人各様千差万別の恋愛が地上に営まれて…
不可解な失恋に就て坂口安吾
10分以内
フロオベエル雑感坂口安吾
10分以内
  2,961文字
フロオベエルの「感情教育」三巻を読んだ。
フロオベエル雑感坂口安吾
10分以内
お喋り競争坂口安吾
10分以内
  3,641文字
この九月末宇野浩二氏から電話がきた。
お喋り競争坂口安吾
10分以内
気候と郷愁坂口安吾
10分以内
  2,266文字
私は越後の新潟市に生れたが、新潟市に限らず、雪国の町は非常に…
気候と郷愁坂口安吾
10分以内
南風譜坂口安吾
10分以内
  2,467文字
私は南の太陽をもとめて紀伊の旅にでたのです。
南風譜坂口安吾
10分以内
哀れなトンマ先生坂口安吾
10分以内
  2,076文字
「漫画」という変な雑誌へオツキアイするせいではありませんが、…
哀れなトンマ先生坂口安吾
10分以内
「刺青殺人事件」を評す坂口安吾
10分以内
  3,606文字
刺青殺人事件は、すぐ犯人が分ってしまう。
「刺青殺人事件」を評す坂口安吾
10分以内
西荻随筆坂口安吾
10分以内
  3,388文字
丹羽文雄の向うをはるワケではないが、僕も西荻随筆を書かなけれ…
西荻随筆坂口安吾
10分以内
神経衰弱的野球美学論坂口安吾
10分以内
  3,722文字
このほど東大の神経科へ入院したおかげでいくらか病気がよくなっ…
神経衰弱的野球美学論坂口安吾
10分以内
温浴坂口安吾
10分以内
  3,685文字
今の家へは、温泉がぬるいというのを承知の上で越してきた。
温浴坂口安吾
10分以内