🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

暁と夕の詩
立原道造

『暁と夕の詩』は青空文庫で公開されている立原道造の短編作品。3,352文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  3,352 文字
人気   17,582 PV
書き出し ※或る風に寄せておまへのことでいつぱいだつた西風よたるんだ唄のうたひやまない雨の昼にとざした窗のうすあかりにさびしい思ひを噛みながらおぼえてゐたおののきも顫へもあれは見知らないものたちだ……夕ぐれごとにかがやいた方から吹いて来てあれはもうたたまれて心にかかつてゐるおまへのうたつたとほい調べだ――誰がそれを引き出すのだらう誰がそれを忘れるのだらう……さうして...
初出
表記 新字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

立原 道造 の人気作品

萱草に寄す
立原道造
SONATINENo.[#改ページ]はじめてのものにささやかな地異はそのかたみに灰を降らしたこの村にひとしきり灰はかなしい追憶のやうに音立てて樹木の梢に家々の屋根に降りしきつたその夜月は明かつたが私はひとと窓に凭れて語りあつた(その窓からは山の姿が見えた)部屋の隅々に峡谷のやうに光とよくひびく笑ひ声が溢れてゐた――人の心を知ることは……人の心とは...
10分以内
暁と夕の詩
立原道造
※或る風に寄せておまへのことでいつぱいだつた西風よたるんだ唄のうたひやまない雨の昼にとざした窗のうすあかりにさびしい思ひを噛みながらおぼえてゐたおののきも顫へもあれは見知らないものたちだ……夕ぐれごとにかがやいた方から吹いて来てあれはもうたたまれて心にかかつてゐるおまへのうたつたとほい調べだ――誰がそれを引き出すのだらう誰がそれを忘れるのだらう……さうして...
10分以内
優しき歌 Ⅰ・Ⅱ
立原道造
[#ページの左右中央]優しき歌※風信子叢書第四篇[#改ページ]燕の歌春来にけらし春よ春まだ白雪の積れども――草枕灰色にひとりぼつちに僕の夢にかかつてゐるとほい村よあの頃ぎぼうしゆとすげが暮れやすい花を咲き山羊が啼いて一日一日過ぎてゐたやさしい朝でいつぱいであつた――お聞き春の空の山なみにお前の知...
30分以内
夏秋表
立原道造
その私はふたつのさびしい虫のいのちと交感を持った。
5分以内


短編(10分以内)の人気作品