30分以内で読める水野仙子の短編作品

青空文庫で公開されている水野仙子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品11篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全11件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
日の光を浴びて水野仙子
30分以内
  6,656文字
「日(ひ)が照(て)つてゐる……。
日の光を浴びて水野仙子
30分以内
水野仙子
30分以内
  9,020文字
ある地方(ちはう)の郡立病院(ぐんりつびやうゐん)に、長年(…
水野仙子
30分以内
散歩水野仙子
30分以内
  5,991文字
「おい、散歩に行(ゆ)かないか。
散歩水野仙子
30分以内
脱殻水野仙子
30分以内
  9,331文字
時は移つて行(ゆ)く。
脱殻水野仙子
30分以内
冬を迎へようとして水野仙子
30分以内
  7,154文字
今日(けふ)はほんとうにお珍(めづら)しいおいでゝ、お歸(か…
冬を迎へようとして水野仙子
30分以内
水野仙子
30分以内
  11,604文字
藤村の羊羹、岡野の粟饅頭、それから臺灣喫茶店の落花生など、あ…
水野仙子
30分以内
輝ける朝水野仙子
30分以内
  9,681文字
さうだ、私はそれを忘れないうちに書きとめて置かう。
輝ける朝水野仙子
30分以内
神楽阪の半襟水野仙子
30分以内
  5,013文字
貧といふものほど二人の心を荒くするものはなかつた。
神楽阪の半襟水野仙子
30分以内
水野仙子
30分以内
  5,552文字
『女つてもの位、なんだね、僕等に取つて依體の[#「依體の」は…
水野仙子
30分以内
白い雌鷄の行方水野仙子
30分以内
  7,549文字
年老いた父と母と小娘二人との寂しいくらし――それは私が十二の…
白い雌鷄の行方水野仙子
30分以内
嘘をつく日水野仙子
30分以内
  7,533文字
患者としてはこの病院内で一番の古顏となつたかはりに、私は思の…
嘘をつく日水野仙子
30分以内