🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める水野仙子の短編作品

青空文庫で公開されている水野仙子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜11件 / 全11件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
日の光を浴びて 水野仙子
30分以内
  4,079 文字
日は照れど、日は照れど君を見る日の來(こ)なければわたしの心はいつも夜日は照れど、日は照れどわ...
日の光を浴びて 水野仙子
日は照れど、日は照れど君を見る日の來(こ)なければわたしの心はいつも夜日は照れど、日は照れどわたしは目盲ひ、耳聾ひ、唖者君を見もせず、聞きも得ず「日が照つてゐる……。
夜の浪
(1913年)
水野仙子
30分以内
  4,084 文字
どちらから誘ひ合ふともなく、二人は夕方の散歩にと二階を下りた。
夜の浪 水野仙子
どちらから誘ひ合ふともなく、二人は夕方の散歩にと二階を下りた。
冬を迎へようとして
(1914年)
水野仙子
30分以内
  5,296 文字
――(櫻田本郷町のHさんへ)――今日はほんとうにお珍しいおいでゝ、お歸(かへ)りになつてから「...
冬を迎へようとして 水野仙子
――(櫻田本郷町のHさんへ)――今日はほんとうにお珍しいおいでゝ、お歸(かへ)りになつてから「お前は今日よつぽどどうかしてゐたね。
水野仙子
30分以内
  5,333 文字
ある地方の郡立病院に、長年看護婦長をつとめて居るもとめは、今日一日の時間からはなたれると、急に...
水野仙子
ある地方の郡立病院に、長年看護婦長をつとめて居るもとめは、今日一日の時間からはなたれると、急に心も體(からだ)も弛(たる)んでしまつたやうな氣持ちで、暮れて行く廊下を靜(しづ)かに歩いてゐた。
神楽阪の半襟 水野仙子
30分以内
  5,502 文字
貧といふものほど二人の心を荒くするものはなかつた。
神楽阪の半襟 水野仙子
貧といふものほど二人の心を荒くするものはなかつた。

(1920年)
水野仙子
30分以内
  5,997 文字
『女つてもの位、なんだね、僕等に取つて依體の[#「依體の」はママ]知れないものはないね、利口な...
水野仙子
『女つてもの位、なんだね、僕等に取つて依體の[#「依體の」はママ]知れないものはないね、利口なんだか馬鹿なんだか、時々正體をつかむに苦しむことがあるよ。
散歩
(1914年)
水野仙子
30分以内
  6,135 文字
「おい、散歩に行かないか。
散歩 水野仙子
「おい、散歩に行かないか。
嘘をつく日 水野仙子
30分以内
  7,847 文字
患者としてはこの病院内で一番の古顏となつたかはりに、私は思の外だんだん快くなつて行つた。
嘘をつく日 水野仙子
患者としてはこの病院内で一番の古顏となつたかはりに、私は思の外だんだん快くなつて行つた。
白い雌鷄の行方 水野仙子
30分以内
  8,033 文字
年老いた父と母と小娘二人との寂しいくらし――それは私が十二の頃の思出に先づ浮んで來る家庭の姿で...
白い雌鷄の行方 水野仙子
年老いた父と母と小娘二人との寂しいくらし――それは私が十二の頃の思出に先づ浮んで來る家庭の姿であつた。
脱殻
(1913年)
水野仙子
30分以内
  9,861 文字
時は移つて行く。
脱殻 水野仙子
時は移つて行く。
輝ける朝 水野仙子
30分以内
  10,326 文字
さうだ、私はそれを忘れないうちに書きとめて置かう。
輝ける朝 水野仙子
さうだ、私はそれを忘れないうちに書きとめて置かう。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。