🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める岸田国士の長編作品

青空文庫で公開されている岸田国士の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編33作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜33件 / 全33件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
ママ先生とその夫
(1930年)
岸田国士
1時間〜
  25,922 文字
奥居町子聖風学園の経営者同朔郎その夫花巻篠子変死せる児童の母有田道代教師富樫篠子の甥と称する男...
ママ先生とその夫 岸田国士
奥居町子聖風学園の経営者同朔郎その夫花巻篠子変死せる児童の母有田道代教師富樫篠子の甥と称する男尾形嘱託医角さん小使たいその妻かず篠子の女中運転手その他男女の生徒多勢[#改ページ]東京に近いある新開田園都市の一隅。
双面神
(1936年)
岸田国士
1時間〜
  185,893 文字
祝賀会を繞つて無理やりに父の隣に坐らされた千種は、広い食堂の一隅に設けられた婦人連の席へ、僅か...
双面神 岸田国士
祝賀会を繞つて無理やりに父の隣に坐らされた千種は、広い食堂の一隅に設けられた婦人連の席へ、僅かに晴れがましい微笑を投げてゐた。
俳優倫理
(1940年)
岸田国士
1時間〜
  55,140 文字
俳優とは何か講義の題目は俳優倫理というのですが、俳優倫理という言葉は今日までどこでも使われた例...
俳優倫理 岸田国士
俳優とは何か講義の題目は俳優倫理というのですが、俳優倫理という言葉は今日までどこでも使われた例はないと思います。
落葉日記
(1936年)
岸田国士
1時間〜
  121,648 文字
一の郷田梨枝子は、叔母と並んで東京駅のプラット・フォームに立つてゐる。
落葉日記 岸田国士
一の郷田梨枝子は、叔母と並んで東京駅のプラット・フォームに立つてゐる。
二つの戯曲時代
(1948年)
岸田国士
1時間〜
  24,048 文字
すべての革新運動と同様に、演劇の革新運動も亦、精神と形式とがつねに相伴ふものとは限らない。
二つの戯曲時代 岸田国士
すべての革新運動と同様に、演劇の革新運動も亦、精神と形式とがつねに相伴ふものとは限らない。

(1939年)
岸田国士
1時間〜
  207,775 文字
勇士黒岩万五の帰村北支の戦線から一年半ぶりで故郷の村へ帰つて来た黒岩万五は、砲兵上等兵の軍服を...
岸田国士
勇士黒岩万五の帰村北支の戦線から一年半ぶりで故郷の村へ帰つて来た黒岩万五は、砲兵上等兵の軍服を思ひきりよく脱いで、素ツ裸に浅黄の腹掛けといふ昔どほりの恰好になつた。
日本人とは?
(1947年)
岸田国士
1時間〜
  106,413 文字
「大事なこと」とは?三年間の蟄居生活が私に教へたことは、「なにもしない」といふことの気安さと淋...
日本人とは? 岸田国士
「大事なこと」とは?三年間の蟄居生活が私に教へたことは、「なにもしない」といふことの気安さと淋しさである。
犬は鎖に繋ぐべからず
(1930年)
岸田国士
1時間〜
  25,758 文字
人物今里念吉同二見同甲吉黒林家の女中ため酒屋の御用聞大串葉絵片倉州蔵の妻まつの女の子百瀬鬼骨郵...
犬は鎖に繋ぐべからず 岸田国士
人物今里念吉同二見同甲吉黒林家の女中ため酒屋の御用聞大串葉絵片倉州蔵の妻まつの女の子百瀬鬼骨郵便配達男の子歩兵大尉島貫片倉州蔵平大野球部選手越水同クマソ同ヤモリ近所の人櫛谷同尾畑同黒林同両角同岩城同藤巻隠居多胡鵺人近所の人A同B同C時現代...
喧嘩上手
(1932年)
岸田国士
1時間〜
  24,232 文字
人物(画面に現はれる順)春日珠枝更子の弟子天城更子映画女優老婢よし武部日の出新報記者横川更子の...
喧嘩上手 岸田国士
人物(画面に現はれる順)春日珠枝更子の弟子天城更子映画女優老婢よし武部日の出新報記者横川更子のパトロン嬉野弁護士三堂微々漫画家加治わたる同右中根六遍同右新聞記者A同B同C運転手監督高見「トオケウトオキイ」支配人社員女優A男優B女優C女優D家庭倶楽部記者客A┐...
村で一番の栗の木(五場)
(1926年)
岸田国士
1時間〜
  26,372 文字
亮太郎あや子その他無言の人物数人[#改ページ]第一場山間の小駅――待合室真夏の払暁。
村で一番の栗の木(五場) 岸田国士
亮太郎あや子その他無言の人物数人[#改ページ]第一場山間の小駅――待合室真夏の払暁。
風俗時評
(1936年)
岸田国士
1時間〜
  26,389 文字
医院医師どうも不思議だねえ。
風俗時評 岸田国士
医院医師どうも不思議だねえ。
近代劇論
(1934年)
岸田国士
1時間〜
  27,888 文字
近代劇とはこの名称は元来、あまりはつきりしない名称で、恐らく「近代」といふ言葉は、modern...
近代劇論 岸田国士
近代劇とはこの名称は元来、あまりはつきりしない名称で、恐らく「近代」といふ言葉は、moderne の訳に相違なく、してみると、普通使はれてゐる「新時代」といふ意味もあると同時に、歴史上の「近世」を指すことにもなるのである。
落葉日記(三場)
(1927年)
岸田国士
1時間〜
  28,101 文字
東京の近郊――雑木林を背にしたヴイラのテラス老婦人収アンリエツト弘秋の午後――[#改ページ]長...
落葉日記(三場) 岸田国士
東京の近郊――雑木林を背にしたヴイラのテラス老婦人収アンリエツト弘秋の午後――[#改ページ]長椅子が二つ、その一方に老婦人、もう一方に青年が倚りかかつてゐる。
青年の矜りと嗜み
(1943年)
岸田国士
1時間〜
  34,320 文字
矜りとは自ら恃(たの)むところがあることであります。
青年の矜りと嗜み 岸田国士
矜りとは自ら恃(たの)むところがあることであります。
沢氏の二人娘
(1935年)
岸田国士
1時間〜
  36,323 文字
沢一寿悦子その長女愛子その次女奥井らく家政婦桃枝その子神谷則武輸入商田所理吉船員、悦子等の亡兄...
沢氏の二人娘 岸田国士
沢一寿悦子その長女愛子その次女奥井らく家政婦桃枝その子神谷則武輸入商田所理吉船員、悦子等の亡兄の友人東京――昭和年代[#改ページ]某カトリツク療養院の事務長、元副領事、沢一寿(五十五歳)の住居。
歳月
(1935年)
岸田国士
1時間〜
  36,411 文字
浜野計蔵の家の応接間。
歳月 岸田国士
浜野計蔵の家の応接間。
戦争と文化
(1943年)
岸田国士
1時間〜
  37,138 文字
昭和十六年の一月、即ちまる二年前、私はラジオを通じて「国防と文化」といふ題の講演をしました。
戦争と文化 岸田国士
昭和十六年の一月、即ちまる二年前、私はラジオを通じて「国防と文化」といふ題の講演をしました。
牛山ホテル(五場)
(1929年)
岸田国士
1時間〜
  37,517 文字
牛山よねホテルの女将同とみよねの養女藤木さと真壁の妾石倉やす仏蘭西人の妾真壁S商会出張所旧主任...
牛山ホテル(五場) 岸田国士
牛山よねホテルの女将同とみよねの養女藤木さと真壁の妾石倉やす仏蘭西人の妾真壁S商会出張所旧主任三谷S商会出張所新主任三谷夫人鵜瀞(うのとろ)S商会社員島内同金田金田洋行主岡写真師納富剣道教師ロオラ別居せる真壁の妻その他、ボーイ、車夫、水夫、女等仏領印度支那のある港九月の末――雨期に...
ある夫婦の歴史
(1949年)
岸田国士
1時間〜
  37,962 文字
[#ページの左右中央]愛するものよ、おんみもしわれを裏切りてわれこれをゆるさんとおもへど、その...
ある夫婦の歴史 岸田国士
[#ページの左右中央]愛するものよ、おんみもしわれを裏切りてわれこれをゆるさんとおもへど、その力なきとき、おんみその力をわれに与へうるや――ある時代の悲喜劇から[#改ページ]内海達郎は、近頃あまり経験したことのない胸騒ぎを感じた。
古い玩具(一幕六場)
(1924年)
岸田国士
1時間〜
  38,144 文字
時千九百××年の夏より秋にかけて処仏蘭西人物白川留雄ルイーズ・モオプレ手塚房子手塚正知ポオレッ...
古い玩具(一幕六場) 岸田国士
時千九百××年の夏より秋にかけて処仏蘭西人物白川留雄ルイーズ・モオプレ手塚房子手塚正知ポオレットマルセルルイーズの下女手塚の下女ホテルの女中無言役――老婦人、若い男二人、労働者風の男女。
浅間山
(1931年)
岸田国士
1時間〜
  39,083 文字
浅間山の麓萱の密生した広漠たる原野の中に、白樺、落葉松などの疎林が点在し、土地を区劃するための...
浅間山 岸田国士
浅間山の麓萱の密生した広漠たる原野の中に、白樺、落葉松などの疎林が点在し、土地を区劃するための道路が、焼石の地肌をみせて縦横に延びてゐる。
誰でもない……自分でもない
(1948年)
岸田国士
1時間〜
  41,566 文字
人は自分で自分をどうすることもできないことがあります。
誰でもない……自分でもない 岸田国士
人は自分で自分をどうすることもできないことがあります。
虹色の幻想(シナリオ)
(1954年)
岸田国士
1時間〜
  43,384 文字
第一話海底の美しい景観のなかに、若い海女が一人、自由奔放な姿で現れる。
虹色の幻想(シナリオ) 岸田国士
第一話海底の美しい景観のなかに、若い海女が一人、自由奔放な姿で現れる。
対話
(1949年)
岸田国士
1時間〜
  50,668 文字
これは雑誌「悲劇喜劇」が、現在の演劇に対する種々の質問を読者から蒐め、同誌編集部がそれを要約し...
対話 岸田国士
これは雑誌「悲劇喜劇」が、現在の演劇に対する種々の質問を読者から蒐め、同誌編集部がそれを要約して提出した問題に対して感想を述べたものである。
演劇一般講話
(1924年)
岸田国士
1時間〜
  51,140 文字
演劇の芸術的純化演劇は最も低級な芸術であるといふ言葉には、一面の真理があります。
演劇一般講話 岸田国士
演劇の芸術的純化演劇は最も低級な芸術であるといふ言葉には、一面の真理があります。
あるニュウ・フェイスへの手紙
(1951年)
岸田国士
1時間〜
  52,130 文字
昭和二十五年秋、いわゆる「演劇の立体化運動」のために文壇、劇壇の有志数十名により「雲の会」が作...
あるニュウ・フェイスへの手紙 岸田国士
昭和二十五年秋、いわゆる「演劇の立体化運動」のために文壇、劇壇の有志数十名により「雲の会」が作られ、その活動の一つとして翌年五月、月刊雑誌「演劇」が創刊された。
道遠からん 四幕
(1950年)
岸田国士
1時間〜
  55,117 文字
原始の面影をそのまゝ伝へたやうなところと、近代の文明が到りついたところとを、あらゆる点で混ぜ合...
道遠からん 四幕 岸田国士
原始の面影をそのまゝ伝へたやうなところと、近代の文明が到りついたところとを、あらゆる点で混ぜ合せた、ある時代の、ある地方の漁村である。
速水女塾
(1948年)
岸田国士
1時間〜
  62,251 文字
時昭和二十二年、春から夏にかけて処東京の都心に遠い某区ならびに沼津海岸人速水桃子六十九速水女塾...
速水女塾 岸田国士
時昭和二十二年、春から夏にかけて処東京の都心に遠い某区ならびに沼津海岸人速水桃子六十九速水女塾旧塾長同秀策七十二その夫、元代議士同思文二十六その息子八坂登志子三十五その娘、元満洲国官吏八坂直光の妻、新塾長相馬佐四十元ハルビン・オリエンタル・ホテル支配人平栗高民五十五女塾の幹事木原基四十六教頭、公民の教師...
北支物情
(1937年)
岸田国士
1時間〜
  79,209 文字
旅行前記今度文芸春秋社が私に北支戦線を見学する機会を与へてくれたことを何よりもうれしく思ふ。
北支物情 岸田国士
旅行前記今度文芸春秋社が私に北支戦線を見学する機会を与へてくれたことを何よりもうれしく思ふ。
従軍五十日
(1938年)
岸田国士
1時間〜
  83,772 文字
前記この記録は昨年九月から十月にかけて、いはゆる「従軍作家」の一人として中支戦線のところどころ...
従軍五十日 岸田国士
前記この記録は昨年九月から十月にかけて、いはゆる「従軍作家」の一人として中支戦線のところどころを視察した結果、生れたものであるが、もともとこの種のノートを発表することによつてわれわれの任が果されたとは毛頭考へてゐない。
火の扉
(1944年)
岸田国士
1時間〜
  142,252 文字
冬を待つ山河もう、その年の秋も暮れようとしていた。
火の扉 岸田国士
冬を待つ山河もう、その年の秋も暮れようとしていた。
光は影を
(1950年)
岸田国士
1時間〜
  150,614 文字
彼を待つもの長い戦争をはさんで、まる七年目に、京野等志は、変りはてた祖国の土を踏み、漠然と父母...
光は影を 岸田国士
彼を待つもの長い戦争をはさんで、まる七年目に、京野等志は、変りはてた祖国の土を踏み、漠然と父母兄弟がそのまゝ以前のところに住んでいるなら、という期待だけで、自然に東京へ向つて二昼夜の汽車の旅をつづけて来たのである。
荒天吉日
(1944年)
岸田国士
1時間〜
  190,937 文字
まへがき「荒天吉日」とは、別にたしかな出典のある言葉ではなく、ふと思ひついて、こんな標題にした...
荒天吉日 岸田国士
まへがき「荒天吉日」とは、別にたしかな出典のある言葉ではなく、ふと思ひついて、こんな標題にしたのである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。