🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

神西清の全作品

青空文庫で公開されている神西清の全作品30篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜30件 / 全30件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
灰色の眼の女
(1946年)
神西清
1時間〜
  44,252 文字
埴生十吉が北海道の勤め口を一年たらずでやめて、ふたたび東京へ舞戻つてきたのは、192*と永いあ...
灰色の眼の女 神西清
埴生十吉が北海道の勤め口を一年たらずでやめて、ふたたび東京へ舞戻つてきたのは、192*と永いあひだ見馴れもし使ひなれもした字ならびが変つて、計算器の帯が二本いちどきに回転するときのやうに、下から二た桁目に新たな3の字がかちりと納つた年の、初夏のことであつた。
少年
(1951年)
神西清
1時間〜
  47,561 文字
プロロオグ私はよく夢をみる。
少年 神西清
プロロオグ私はよく夢をみる。
地獄
(1953年)
神西清
1時間〜
  42,737 文字
[#ページの左右中央]しかし、暗闇がそもそも画布なのだ。
地獄 神西清
[#ページの左右中央]しかし、暗闇がそもそも画布なのだ。
春泥
(1948年)
神西清
60分以内
  16,308 文字
大海人は今日も朝から猟だつた。
春泥 神西清
大海人は今日も朝から猟だつた。
母たち
(1936年)
神西清
1時間〜
  47,319 文字
[#ページの左右中央]……無常の人間に知られずに隠れてゐて、わたし共も名を云ひたくない神です。
母たち 神西清
[#ページの左右中央]……無常の人間に知られずに隠れてゐて、わたし共も名を云ひたくない神です。
「可愛い女 犬を連れた奥さん 他一編」あとがき 神西清
5分以内
  1,639 文字
ここに収めた三編は、チェーホフ(Anton Pavlovich Chekhov, 1860-1...
「可愛い女 犬を連れた奥さん 他一編」あとがき 神西清
ここに収めた三編は、チェーホフ(Anton Pavlovich Chekhov, 1860-1904)がようやくその晩年の沈潜期に推し移ろうとする年代、つまり彼の三十八歳から翌年へかけての作品である。
化粧 神西清
5分以内
  1,799 文字
これは昔ばなしである。
化粧 神西清
これは昔ばなしである。
「はつ恋」解説 神西清
10分以内
  2,347 文字
静かな深い憂愁が、ロシア十九世紀文学の特質を成していることは、今さら言うまでもなく周知の事実です。
「はつ恋」解説 神西清
静かな深い憂愁が、ロシア十九世紀文学の特質を成していることは、今さら言うまでもなく周知の事実です。
きれぎれの追憶 神西清
10分以内
  2,410 文字
辻野久憲君が亡くなつたのは一九三七年の九月九日である。
きれぎれの追憶 神西清
辻野久憲君が亡くなつたのは一九三七年の九月九日である。
翻訳の生理・心理
(1938年)
神西清
10分以内
  2,772 文字
飜訳について何か書けということだが、僕の飜訳は専門ではなくて物好きの方らしいから、別にとり立て...
翻訳の生理・心理 神西清
飜訳について何か書けということだが、僕の飜訳は専門ではなくて物好きの方らしいから、別にとり立てて主義主張のあるわけでもない。
翻訳のむずかしさ
(1950年)
神西清
10分以内
  2,864 文字
飜訳文芸が繁昌だそうである。
翻訳のむずかしさ 神西清
飜訳文芸が繁昌だそうである。
ジェイン・グレイ遺文
(1932年)
神西清
10分以内
  3,997 文字
チュドル王朝第三代エドワアド六世の御宇のこと、イングランドのほぼ中央リスタアの町に程遠からぬ、...
ジェイン・グレイ遺文 神西清
チュドル王朝第三代エドワアド六世の御宇のこと、イングランドのほぼ中央リスタアの町に程遠からぬ、ブラッドゲイト城の前庭を、のちのエリザベス女王の御教育掛、碩学ロウジャ・アスカムが横ぎつて行く。
三つの挿話 神西清
30分以内
  4,248 文字
A氏は南露出身の機械技師である。
三つの挿話 神西清
A氏は南露出身の機械技師である。
翻訳遅疑の説 神西清
30分以内
  4,812 文字
滝井孝作氏の筆になる『志賀直哉対談日誌』というのを読んでいたら、偶然次のような一節にぶつかった。
翻訳遅疑の説 神西清
滝井孝作氏の筆になる『志賀直哉対談日誌』というのを読んでいたら、偶然次のような一節にぶつかった。
「あかい花 他四篇」あとがき 神西清
30分以内
  4,887 文字
ガルシンを語る人はかならずその印象ぶかい目のことをいう。
「あかい花 他四篇」あとがき 神西清
ガルシンを語る人はかならずその印象ぶかい目のことをいう。
わが心の女
(1952年)
神西清
30分以内
  6,469 文字
僕がこのQ島に来てから二週間の見聞は、すでに三回にわたつてRTW放送局へ送つたテレヴィによつて...
わが心の女 神西清
僕がこのQ島に来てから二週間の見聞は、すでに三回にわたつてRTW放送局へ送つたテレヴィによつて大体は御承知かと思ふ。
水に沈むロメオとユリヤ
(1930年)
神西清
30分以内
  6,597 文字
弗羅曼の娘、近つ代の栄えのひとつ、弗羅曼の昔ながらに仇気ない……(オノレ・ド・バルザック)黄昏...
水に沈むロメオとユリヤ 神西清
弗羅曼の娘、近つ代の栄えのひとつ、弗羅曼の昔ながらに仇気ない……(オノレ・ド・バルザック)黄昏の街が懶(ものう)く横たはつたまま、そつと伸びあがつて自分の溝渠に水鏡した。
ハビアン説法
(1950年)
神西清
30分以内
  7,258 文字
昨日はよつぽど妙な日だつた。
ハビアン説法 神西清
昨日はよつぽど妙な日だつた。
チェーホフの短篇に就いて
(1936年)
神西清
30分以内
  7,839 文字
先日、カサリン・マンスフィールドの短篇集を読む機会があって大変たのしかった。
チェーホフの短篇に就いて 神西清
先日、カサリン・マンスフィールドの短篇集を読む機会があって大変たのしかった。
垂水
(1933年)
神西清
30分以内
  9,679 文字
二十年ほども昔のこと、垂水の山寄りの、一めんの松林に蔽はれた谷あひを占める五泉家の別荘が、幾年...
垂水 神西清
二十年ほども昔のこと、垂水の山寄りの、一めんの松林に蔽はれた谷あひを占める五泉家の別荘が、幾年このかた絶えて見せなかつた静かなさざめきを立ててゐた。
恢復期
(1930年)
神西清
60分以内
  15,251 文字
[#ページの左右中央]美術を介したる人間の像に於ては、静安なのが肉体の第一の美である。
恢復期 神西清
[#ページの左右中央]美術を介したる人間の像に於ては、静安なのが肉体の第一の美である。
夜の鳥
(1949年)
神西清
60分以内
  16,543 文字
去年の夏のことだ。
夜の鳥 神西清
去年の夏のことだ。
青いポアン
(1930年)
神西清
60分以内
  19,056 文字
第一部明子は学校でポアンといふ綽名で通つてゐた。
青いポアン 神西清
第一部明子は学校でポアンといふ綽名で通つてゐた。
チェーホフ試論
(1954年)
神西清
60分以内
  21,845 文字
チェーホフの人柄については、コロレンコ、クープリン、ブーニン、ゴーリキイの回想をはじめ、弟ミハ...
チェーホフ試論 神西清
チェーホフの人柄については、コロレンコ、クープリン、ブーニン、ゴーリキイの回想をはじめ、弟ミハイール、妻オリガ、スタニスラーフスキイなど芸術座の人びと、そのほか無数といっていいほどの遠近の知人による証言がある。
鸚鵡
(1948年)
神西清
60分以内
  23,940 文字
その鸚鵡――百済わたりのその白鸚鵡を、大海人ノ皇子へ自身でとどけたものだらうか、それとも何か添...
鸚鵡 神西清
その鸚鵡――百済わたりのその白鸚鵡を、大海人ノ皇子へ自身でとどけたものだらうか、それとも何か添へぶみでもして、使ひに持たせてやつたものかしら……などと、陽春三月のただでさへ永い日を、ふた昼ほど思ひあぐねた鏡ノ夫人は、あとになつて考へれば余計な取越し苦労をしたといふものだつた。
雪の宿り
(1946年)
神西清
1時間〜
  28,162 文字
文明元年の二月なかばである。
雪の宿り 神西清
文明元年の二月なかばである。
雪の宿り
(1946年)
神西清
1時間〜
  28,181 文字
文明元年の二月なかばである。
雪の宿り 神西清
文明元年の二月なかばである。
水と砂 神西清
1時間〜
  28,888 文字
山荘の夜「此処から足許があぶなくなりますから、みなさんご用心よ。
水と砂 神西清
山荘の夜「此処から足許があぶなくなりますから、みなさんご用心よ。
チェーホフ序説
(1948年)
神西清
1時間〜
  41,384 文字
チェーホフは自伝というものが嫌いだった。
チェーホフ序説 神西清
チェーホフは自伝というものが嫌いだった。
死児変相
(1949年)
神西清
1時間〜
  42,720 文字
母上さま、――久しくためらつてゐましたこの御報告の筆を、千恵はやうやく取りあげます。
死児変相 神西清
母上さま、――久しくためらつてゐましたこの御報告の筆を、千恵はやうやく取りあげます。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。