🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める神西清の長編作品

青空文庫で公開されている神西清の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
灰色の眼の女
(1946年)
神西清
1時間〜
  44,252 文字
埴生十吉が北海道の勤め口を一年たらずでやめて、ふたたび東京へ舞戻つてきたのは、192*と永いあ...
灰色の眼の女 神西清
埴生十吉が北海道の勤め口を一年たらずでやめて、ふたたび東京へ舞戻つてきたのは、192*と永いあひだ見馴れもし使ひなれもした字ならびが変つて、計算器の帯が二本いちどきに回転するときのやうに、下から二た桁目に新たな3の字がかちりと納つた年の、初夏のことであつた。
少年
(1951年)
神西清
1時間〜
  47,561 文字
プロロオグ私はよく夢をみる。
少年 神西清
プロロオグ私はよく夢をみる。
地獄
(1953年)
神西清
1時間〜
  42,737 文字
[#ページの左右中央]しかし、暗闇がそもそも画布なのだ。
地獄 神西清
[#ページの左右中央]しかし、暗闇がそもそも画布なのだ。
母たち
(1936年)
神西清
1時間〜
  47,319 文字
[#ページの左右中央]……無常の人間に知られずに隠れてゐて、わたし共も名を云ひたくない神です。
母たち 神西清
[#ページの左右中央]……無常の人間に知られずに隠れてゐて、わたし共も名を云ひたくない神です。
雪の宿り
(1946年)
神西清
1時間〜
  28,162 文字
文明元年の二月なかばである。
雪の宿り 神西清
文明元年の二月なかばである。
雪の宿り
(1946年)
神西清
1時間〜
  28,181 文字
文明元年の二月なかばである。
雪の宿り 神西清
文明元年の二月なかばである。
水と砂 神西清
1時間〜
  28,888 文字
山荘の夜「此処から足許があぶなくなりますから、みなさんご用心よ。
水と砂 神西清
山荘の夜「此処から足許があぶなくなりますから、みなさんご用心よ。
チェーホフ序説
(1948年)
神西清
1時間〜
  41,384 文字
チェーホフは自伝というものが嫌いだった。
チェーホフ序説 神西清
チェーホフは自伝というものが嫌いだった。
死児変相
(1949年)
神西清
1時間〜
  42,720 文字
母上さま、――久しくためらつてゐましたこの御報告の筆を、千恵はやうやく取りあげます。
死児変相 神西清
母上さま、――久しくためらつてゐましたこの御報告の筆を、千恵はやうやく取りあげます。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。