30分以内で読める高村光太郎の短編作品

青空文庫で公開されている高村光太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品8篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全8件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
美術学校時代高村光太郎
30分以内
  7,712文字
 僕は江戸時代からの伝統で総領は親父の職業を継ぐというのは昔か…
美術学校時代高村光太郎
30分以内
ヒウザン会とパンの会高村光太郎
30分以内
  4,531文字
私が永年の欧洲留学を終えて帰朝したのは、たしか一九一〇年であ…
ヒウザン会とパンの会高村光太郎
30分以内
緑色の太陽高村光太郎
30分以内
  5,320文字
人は案外下らぬところで行き悩むものである。
緑色の太陽高村光太郎
30分以内
本邦肖像彫刻技法の推移高村光太郎
30分以内
  5,260文字
わが国古来の彫刻といえば殆ど皆仏像である。
本邦肖像彫刻技法の推移高村光太郎
30分以内
山の秋高村光太郎
30分以内
  7,665文字
山の秋は旧盆のころからはじまる。
山の秋高村光太郎
30分以内
山の雪高村光太郎
30分以内
  4,242文字
わたしは雪が大好きで、雪がふってくるとおもてにとび出し、あた…
山の雪高村光太郎
30分以内
触覚の世界高村光太郎
30分以内
  4,413文字
私は彫刻家である。
触覚の世界高村光太郎
30分以内
自作肖像漫談高村光太郎
30分以内
  4,300文字
今度は漫談になるであろう。
自作肖像漫談高村光太郎
30分以内