【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

30分以内で読める石川三四郎の短編作品

青空文庫で公開されている石川三四郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
百姓日記
(1926年)
石川三四郎
30分以内
  4,346 文字
私の農事実験所欧羅巴に漂浪のみぎり、私は五六年の間、仏蘭西で百姓生活を営んで来た。
百姓日記 石川三四郎
30分以内
私の農事実験所欧羅巴に漂浪のみぎり、私は五六年の間、仏蘭西で百姓生活を営んで来た。
土民生活
(1920年)
石川三四郎
30分以内
  5,303 文字
今より丁度八年前、私が初めて旧友エドワアド・カアペンタア翁を英国シエフイールドの片田舎、ミルソ...
土民生活 石川三四郎
30分以内
今より丁度八年前、私が初めて旧友エドワアド・カアペンタア翁を英国シエフイールドの片田舎、ミルソープの山家に訪ふた時私は翁の詩集『トワアド・デモクラシイ』に就いて翁と語つたことがある。
馬鈴薯からトマト迄
(1923年)
石川三四郎
30分以内
  6,099 文字
自然ほど良い教育者はない。
馬鈴薯からトマト迄 石川三四郎
30分以内
自然ほど良い教育者はない。
社会的分業論
(1931年)
石川三四郎
30分以内
  11,299 文字
○クロポトキンの反対社会主義者、無政府主義者中にて、分業制度を最も悪んだものはピエール・クロポ...
社会的分業論 石川三四郎
30分以内
○クロポトキンの反対社会主義者、無政府主義者中にて、分業制度を最も悪んだものはピエール・クロポトキンであらう。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。