🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める村山籌子の短編作品

青空文庫で公開されている村山籌子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
川へおちた玉ねぎさん
(1927年)
村山籌子
10分以内
  2,140 文字
ある町にジヤガイモ・ホテルといふ宿屋がありました。
川へおちた玉ねぎさん 村山籌子
ある町にジヤガイモ・ホテルといふ宿屋がありました。
トントンピーピ
(1925年)
村山籌子
10分以内
  2,196 文字
もうぐらもちはころころころ、おてゝはみぢかし、しつぽはないし、ころころころげてにげたれど、トン...
トントンピーピ 村山籌子
もうぐらもちはころころころ、おてゝはみぢかし、しつぽはないし、ころころころげてにげたれど、トントンピーピのわるとびに、とうとうおくつをさらはれた。
三匹の小熊さん
(1931年)
村山籌子
10分以内
  2,448 文字
ある所に、三匹の小熊さんがお母さんと一緒に住んでをりました。
三匹の小熊さん 村山籌子
ある所に、三匹の小熊さんがお母さんと一緒に住んでをりました。
こほろぎの死
(1929年)
村山籌子
10分以内
  2,590 文字
ある日、うす寒い秋でしたのに、一匹のこほろぎが単衣を着て、街へ仕事をさがしに出掛けましたが、此...
こほろぎの死 村山籌子
ある日、うす寒い秋でしたのに、一匹のこほろぎが単衣を着て、街へ仕事をさがしに出掛けましたが、此間までつとめてゐた印刷工場で足の上へ重い活字箱を落としてけがをして首を切られ、けがをした足は益々ふくれるばかりで、どこにも雇ひ手はありませんでした。
バウシ ノ ユクヘ
(1937年)
村山籌子
10分以内
  2,856 文字
ボンコチヤントイフ赤イリボンノツイタカハイイバウシガアリマシタ。
バウシ ノ ユクヘ 村山籌子
ボンコチヤントイフ赤イリボンノツイタカハイイバウシガアリマシタ。
あひるさん と にはとりさん
(1929年)
村山籌子
10分以内
  3,375 文字
しんせつなあひるさんのおかあさんにはとりさんが、あひるさんのところへあそびにゆきました。
あひるさん と にはとりさん 村山籌子
しんせつなあひるさんのおかあさんにはとりさんが、あひるさんのところへあそびにゆきました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。