🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める下村千秋の短編作品

青空文庫で公開されている下村千秋の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
鬼退治
(1925年)
下村千秋
30分以内
  5,775 文字
頭は少々馬鹿でも、腕っぷしさえ強ければ人の頭に立っていばっていられるような昔の時代であった。
鬼退治 下村千秋
頭は少々馬鹿でも、腕っぷしさえ強ければ人の頭に立っていばっていられるような昔の時代であった。
とんまの六兵衛
(1925年)
下村千秋
30分以内
  4,183 文字
昔、ある村に重吉と六兵衛という二人の少年が住んでいました。
とんまの六兵衛 下村千秋
昔、ある村に重吉と六兵衛という二人の少年が住んでいました。
神様の布団
(1925年)
下村千秋
30分以内
  5,000 文字
むかし、鳥取のある町に、新しく小さな一軒の宿屋が出来ました。
神様の布団 下村千秋
むかし、鳥取のある町に、新しく小さな一軒の宿屋が出来ました。
壇ノ浦の鬼火
(1927年)
下村千秋
30分以内
  7,754 文字
天下の勢力を一門にあつめて、いばっていた平家も、とうとう源氏のためにほろぼされて、安徳天皇を奉...
壇ノ浦の鬼火 下村千秋
天下の勢力を一門にあつめて、いばっていた平家も、とうとう源氏のためにほろぼされて、安徳天皇を奉じて、壇ノ浦のもくずときえてからというもの、この壇ノ浦いったいには、いろいろのふしぎなことがおこり、奇怪なものが、あらわれるようになりました。
旱天実景
(1926年)
下村千秋
30分以内
  8,117 文字
桑畑の中に、大きな葉をだらりと力なく垂れた桐の木に、油蝉がギリ/\啼きしきる午後、學校がへりの...
旱天実景 下村千秋
桑畑の中に、大きな葉をだらりと力なく垂れた桐の木に、油蝉がギリ/\啼きしきる午後、學校がへりの子供が、ほこりをけむりのやうに立てゝ來る――。
泥の雨
(1923年)
下村千秋
30分以内
  9,022 文字
日が暮れると、北の空に山のやうに盛り上つた黒雲の中で雷光が閃めいた。
泥の雨 下村千秋
日が暮れると、北の空に山のやうに盛り上つた黒雲の中で雷光が閃めいた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。