🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める新美南吉の短編作品

青空文庫で公開されている新美南吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編71作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全71件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
デンデンムシノ カナシミ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  876 文字
イツピキノデンデンムシガアリマシタ。
デンデンムシノ カナシミ 新美南吉
イツピキノデンデンムシガアリマシタ。
赤い蝋燭
(1936年)
新美南吉
5分以内
  1,273 文字
山から里の方へ遊びにいった猿が一本の赤い蝋燭(ろうそく)を拾いました。
赤い蝋燭 新美南吉
山から里の方へ遊びにいった猿が一本の赤い蝋燭(ろうそく)を拾いました。
飴だま 新美南吉
5分以内
  1,214 文字
春のあたたかい日のこと、わたし舟にふたりの小さな子どもをつれた女の旅人がのりました。
飴だま 新美南吉
春のあたたかい日のこと、わたし舟にふたりの小さな子どもをつれた女の旅人がのりました。
あし 新美南吉
5分以内
  1,028 文字
二ひきの馬が、まどのところでぐうるぐうるとひるねをしていました。
あし 新美南吉
二ひきの馬が、まどのところでぐうるぐうるとひるねをしていました。
二ひきの蛙 新美南吉
5分以内
  1,296 文字
緑の蛙(かえる)と黄色の蛙(かえる)が、はたけのまんなかでばったりゆきあいました。
二ひきの蛙 新美南吉
緑の蛙(かえる)と黄色の蛙(かえる)が、はたけのまんなかでばったりゆきあいました。
去年の木 新美南吉
5分以内
  990 文字
いっぽんの木と、いちわの小鳥とはたいへんなかよしでした。
去年の木 新美南吉
いっぽんの木と、いちわの小鳥とはたいへんなかよしでした。
一年生たちとひよめ 新美南吉
5分以内
  1,050 文字
学校へいくとちゅうに、大きな池がありました。
一年生たちとひよめ 新美南吉
学校へいくとちゅうに、大きな池がありました。
チユーリツプ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  1,493 文字
學校の歸りに君子さんはお友達のノリ子さんにうちのチユーリツプの自慢をしました。
チユーリツプ 新美南吉
學校の歸りに君子さんはお友達のノリ子さんにうちのチユーリツプの自慢をしました。
子どものすきな神さま 新美南吉
5分以内
  1,333 文字
子どものすきな小さい神さまがありました。
子どものすきな神さま 新美南吉
子どものすきな小さい神さまがありました。
りんごの車
(1932年)
新美南吉
5分以内
  274 文字
りんごが三かごのつてる車、ころころいつた。
りんごの車 新美南吉
りんごが三かごのつてる車、ころころいつた。
王さまと靴屋 新美南吉
5分以内
  1,244 文字
ある日、王さまはこじきのようなようすをして、ひとりで町へやってゆきました。
王さまと靴屋 新美南吉
ある日、王さまはこじきのようなようすをして、ひとりで町へやってゆきました。
ひなた
(1932年)
新美南吉
5分以内
  115 文字
ひなたよ、ひなたよ、まるいけむりよ。
ひなた 新美南吉
ひなたよ、ひなたよ、まるいけむりよ。
月から
(1931年)
新美南吉
5分以内
  127 文字
月からきたねこ、屋根にゐる。
月から 新美南吉
月からきたねこ、屋根にゐる。
お月さまを
(1931年)
新美南吉
5分以内
  130 文字
お月さまをみいあげた。
お月さまを 新美南吉
お月さまをみいあげた。
ごろぜみ
(1932年)
新美南吉
5分以内
  138 文字
ごろぜみ、ごつとんでろよ。
ごろぜみ 新美南吉
ごろぜみ、ごつとんでろよ。
仔牛
(1935年)
新美南吉
5分以内
  144 文字
仔牛は日向にたつてゐた細い四足すつきり伸びて小さいひづめは繁縷ふんで。
仔牛 新美南吉
仔牛は日向にたつてゐた細い四足すつきり伸びて小さいひづめは繁縷ふんで。

(1933年)
新美南吉
5分以内
  175 文字
畑の光のなかにゐる。
新美南吉
畑の光のなかにゐる。
カンテラ
(1933年)
新美南吉
5分以内
  178 文字
カンテラカンテラ坑の奥、坑夫の肩をてらしてる。
カンテラ 新美南吉
カンテラカンテラ坑の奥、坑夫の肩をてらしてる。

(1932年)
新美南吉
5分以内
  178 文字
熊は月夜に声きいた。
新美南吉
熊は月夜に声きいた。
そりとランターン
(1932年)
新美南吉
5分以内
  184 文字
ランタンともしたそりだから、ひばなみたいにはしつてる。
そりとランターン 新美南吉
ランタンともしたそりだから、ひばなみたいにはしつてる。
沼の家
(1935年)
新美南吉
5分以内
  194 文字
母さんお窓をしめましよう、もう郭公鳥は鳴きませぬ。
沼の家 新美南吉
母さんお窓をしめましよう、もう郭公鳥は鳴きませぬ。

(1932年)
新美南吉
5分以内
  198 文字
島で、或(ある)あさ、鯨がとれた。
新美南吉
島で、或(ある)あさ、鯨がとれた。
輪まはし
(1933年)
新美南吉
5分以内
  199 文字
ついぢの椿の花のした、ここから輪まはしかけてつた。
輪まはし 新美南吉
ついぢの椿の花のした、ここから輪まはしかけてつた。
深呼吸
(1931年)
新美南吉
5分以内
  200 文字
クリームのやうににほふから、――朝の空気はにほふから、通風筒は深呼吸。
深呼吸 新美南吉
クリームのやうににほふから、――朝の空気はにほふから、通風筒は深呼吸。
明日
(1932年)
新美南吉
5分以内
  206 文字
花園みたいにまつてゐる。
明日 新美南吉
花園みたいにまつてゐる。
一れつ
(1931年)
新美南吉
5分以内
  210 文字
一れつ一れつならんでる、土人が浜べにならんでる。
一れつ 新美南吉
一れつ一れつならんでる、土人が浜べにならんでる。

(1932年)
新美南吉
5分以内
  215 文字
おーい見えたとマストから、梟(ふくろ)みたいによんでゐる。
新美南吉
おーい見えたとマストから、梟(ふくろ)みたいによんでゐる。
井戸
(1932年)
新美南吉
5分以内
  232 文字
カヤナの村の朝の井戸、おほぜい子供が来てました。
井戸 新美南吉
カヤナの村の朝の井戸、おほぜい子供が来てました。
月の角笛
(1932年)
新美南吉
5分以内
  233 文字
月が角笛夜ふけにふいたぽうぽうぽうよ、ぽうぽうぽうよ。
月の角笛 新美南吉
月が角笛夜ふけにふいたぽうぽうぽうよ、ぽうぽうぽうよ。
乳母車
(1932年)
新美南吉
5分以内
  238 文字
坊やがせがむと乳母車、つばきの花をつけられる。
乳母車 新美南吉
坊やがせがむと乳母車、つばきの花をつけられる。
雀の歌
(1935年)
新美南吉
5分以内
  247 文字
小さい卵のなかにゐるかあいゝ坊やよでゝおいで、みんなはおまえを待つてゐる。
雀の歌 新美南吉
小さい卵のなかにゐるかあいゝ坊やよでゝおいで、みんなはおまえを待つてゐる。
ひかる
(1931年)
新美南吉
5分以内
  274 文字
ひるはどこもがひかるんだ。
ひかる 新美南吉
ひるはどこもがひかるんだ。
よい家
(1932年)
新美南吉
5分以内
  288 文字
イワノーイツチ窓あけた。
よい家 新美南吉
イワノーイツチ窓あけた。
どらが鳴る
(1932年)
新美南吉
5分以内
  301 文字
どらんどらんどらんどらが鳴る。
どらが鳴る 新美南吉
どらんどらんどらんどらが鳴る。
苔人形
(1932年)
新美南吉
5分以内
  316 文字
苔人形はつくられた、木の実や苔や白樺で。
苔人形 新美南吉
苔人形はつくられた、木の実や苔や白樺で。
デパートの窓
(1931年)
新美南吉
5分以内
  400 文字
デパートの窓の、カーテンがするりとあいた。
デパートの窓 新美南吉
デパートの窓の、カーテンがするりとあいた。
カタツムリノ ウタ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  541 文字
アルアサ王サマハ、石ノカベニ一ピキノカタツムリヲミツケマシタ。
カタツムリノ ウタ 新美南吉
アルアサ王サマハ、石ノカベニ一ピキノカタツムリヲミツケマシタ。
ラツパ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  599 文字
オヂイサンハイナカニヒトリボツチデクラシテヰマシタ。
ラツパ 新美南吉
オヂイサンハイナカニヒトリボツチデクラシテヰマシタ。
売られていった靴 新美南吉
5分以内
  603 文字
靴屋のこぞう、兵助が、はじめていっそくの靴をつくりました。
売られていった靴 新美南吉
靴屋のこぞう、兵助が、はじめていっそくの靴をつくりました。
サルト サムライ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  705 文字
五ニンノサムライガタビヲシテアルヒヤマミチヲトホリカヽルト、木ノ下ニ一ピキノサルガヰマシタ。
サルト サムライ 新美南吉
五ニンノサムライガタビヲシテアルヒヤマミチヲトホリカヽルト、木ノ下ニ一ピキノサルガヰマシタ。
こぞうさんの おきょう 新美南吉
5分以内
  843 文字
やまでらのおしょうさんがびょうきになりましたので、かわりにこぞうさんがだんかへおきょうをよみに...
こぞうさんの おきょう 新美南吉
やまでらのおしょうさんがびょうきになりましたので、かわりにこぞうさんがだんかへおきょうをよみにいきました。
椋の実の思出
(1928年)
新美南吉
5分以内
  880 文字
それは秋のこと――。
椋の実の思出 新美南吉
それは秋のこと――。
ナガレボシ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  881 文字
フユノサムイサムイヨフケ、ヒユーンヒユーントコガラシノフクオソラノ上ノハウデ三ツナランダコドモ...
ナガレボシ 新美南吉
フユノサムイサムイヨフケ、ヒユーンヒユーントコガラシノフクオソラノ上ノハウデ三ツナランダコドモノホシガ、ケンクワヲシマシタ。
タケノコ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  884 文字
タケノコハハジメヂビタノシタニヰテ、アツチコツチヘクグツテイクモノデアリマス。
タケノコ 新美南吉
タケノコハハジメヂビタノシタニヰテ、アツチコツチヘクグツテイクモノデアリマス。
たけのこ 新美南吉
5分以内
  884 文字
たけのこははじめじびたのしたにいて、あっちこっちへくぐっていくものであります。
たけのこ 新美南吉
たけのこははじめじびたのしたにいて、あっちこっちへくぐっていくものであります。
里の春、山の春 新美南吉
5分以内
  899 文字
野原にはもう春がきていました。
里の春、山の春 新美南吉
野原にはもう春がきていました。
カンザシ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  931 文字
ヲンナノコガイケノフチカラミズノナカヲノゾイテヲリマシタ。
カンザシ 新美南吉
ヲンナノコガイケノフチカラミズノナカヲノゾイテヲリマシタ。
ウサギ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  935 文字
ヒトリノアキナヒガヤツテキマシタ。
ウサギ 新美南吉
ヒトリノアキナヒガヤツテキマシタ。
フルイ バシヤ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  936 文字
ムラヤクバノマヘノヒロツパニフルボケタバシヤガアリマシタ。
フルイ バシヤ 新美南吉
ムラヤクバノマヘノヒロツパニフルボケタバシヤガアリマシタ。
ミチコサン
(1950年)
新美南吉
5分以内
  939 文字
ミチコサンガ、コトリヤノマヘマデクルト、シラナイオバサンガ、ウバグルマノナカノニモツヲナホシテ...
ミチコサン 新美南吉
ミチコサンガ、コトリヤノマヘマデクルト、シラナイオバサンガ、ウバグルマノナカノニモツヲナホシテヰマシタ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。