30分以内で読める新美南吉の短編作品

青空文庫で公開されている新美南吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編21作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜21件 / 全21件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
ごん狐 新美 南吉
30分以内
  5,452 文字
これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんから...
ごん狐 新美 南吉
30分以内
新美 南吉
30分以内
  7,264 文字
月夜に七人の子供が歩いておりました。
新美 南吉
30分以内
牛をつないだ椿の木 新美 南吉
30分以内
  10,272 文字
山の中の道のかたわらに、椿の若木がありました。
牛をつないだ椿の木 新美 南吉
30分以内
うた時計 新美 南吉
30分以内
  5,196 文字
二月のある日、野中のさびしい道を、十二、三の少年と、皮...
うた時計 新美 南吉
30分以内
花のき村と盗人たち 新美 南吉
30分以内
  10,858 文字
むかし、花のき村に、五人組の盗人がやって来ました。
花のき村と盗人たち 新美 南吉
30分以内
新美 南吉
30分以内
  8,336 文字
ある晩、久助君は風呂にはいつてゐた。
新美 南吉
30分以内
新美 南吉
30分以内
  11,375 文字
兄さんの松吉と、弟の杉作と、年も一つ違ひでしたが、たい...
新美 南吉
30分以内
小さい太郎の悲しみ 新美 南吉
30分以内
  4,024 文字
お花畑から、大きな虫がいっぴき、ぶうんと空にのぼりはじ...
小さい太郎の悲しみ 新美 南吉
30分以内
かぶと虫 新美 南吉
30分以内
  4,174 文字
お花畑から、大きな虫が一ぴき、ぶうんと空にのぼりはじめ...
かぶと虫 新美 南吉
30分以内
巨男の話 新美 南吉
30分以内
  4,256 文字
巨男とお母さんの住んでいたところはここからたいへん遠く...
巨男の話 新美 南吉
30分以内
坂道 新美 南吉
30分以内
  4,476 文字
東京のさる專門學校の生徒である草野金太郎は、春休みで故...
坂道 新美 南吉
30分以内
正坊とクロ 新美 南吉
30分以内
  4,926 文字
村むらを興行して歩くサーカス団がありました。
正坊とクロ 新美 南吉
30分以内
久助君の話 新美 南吉
30分以内
  5,251 文字
久助君は、四年から五年になるとき、学術優等品行方正のほ...
久助君の話 新美 南吉
30分以内
張紅倫 新美 南吉
30分以内
  5,609 文字
張紅倫新美南吉奉天(ほうてん)大戦争(一九〇五年)の...
張紅倫 新美 南吉
30分以内
ラムプの夜 新美 南吉
30分以内
  7,932 文字
人姉妹旅人法螺吹きの泥棒少年所森の近くの一軒家。
ラムプの夜 新美 南吉
30分以内
丘の銅像 新美 南吉
30分以内
  8,751 文字
丘のふもとの、うつくしい平和な村に、ハンスという、詩人...
丘の銅像 新美 南吉
30分以内
新美 南吉
30分以内
  9,571 文字
四人が川のふちまできたとき、いままでだまってついてくる...
新美 南吉
30分以内
ごんごろ鐘 新美 南吉
30分以内
  9,633 文字
三月八日お父さんが、夕方村会からかえって来て、こうおっ...
ごんごろ鐘 新美 南吉
30分以内
名なし指物語 新美 南吉
30分以内
  11,422 文字
南のほうのあたたかい町に、いつもむっつりと仕事をしてい...
名なし指物語 新美 南吉
30分以内
新美 南吉
30分以内
  11,692 文字
石太郎が屁の名人であるのは、浄光院の是信さんに教えても...
新美 南吉
30分以内
病む子の祭 新美 南吉
30分以内
  11,885 文字
母長男長女次男三男(病気の子)岡のふもとの竹やぶにかこ...
病む子の祭 新美 南吉
30分以内