火夫
カフカ フランツ

『火夫』はカフカフランツの長編作品。32,320文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  32,320 文字
人気   254 PV
書き出し 十六歳のカルル・ロスマンは、ある女中に誘惑され、その女とのあいだに子供ができたというので、貧しい両親によってアメリカへやられたのだが、彼がすでに速度を下げた船でニューヨーク港へ入っていったとき、ずっと前から見えていた自由の女神の像が、まるで突然強まった陽の光のなかにあるように見えた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

カフカ フランツ の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品