雨中記
小熊 秀雄

『雨中記』は小熊秀雄の短編作品。2,274文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  2,274 文字
人気   -- PV
書き出し 電車を降りて××橋から、雨の中を私と彼とは銀座の方面に向つて歩るきだした、私と彼とは一本の洋傘の中にぴつたりと身を寄せて、黒い太い洋傘の柄を二つの掌で握り合つてゐる。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

小熊 秀雄 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品