🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める佐藤垢石の短編作品

青空文庫で公開されている佐藤垢石の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編28作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜28件 / 全28件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
アンコウの味 佐藤垢石
5分以内
  1,436 文字
数日前ちょっと閑があったから、水戸の常盤公園へ観梅に出かけて行った。
アンコウの味 佐藤垢石
数日前ちょっと閑があったから、水戸の常盤公園へ観梅に出かけて行った。
戦場ヶ原の渓谷 佐藤垢石
5分以内
  1,523 文字
山の緑は次第に濃くなる。
戦場ヶ原の渓谷 佐藤垢石
山の緑は次第に濃くなる。
榛名湖の公魚釣り
(1938年)
佐藤垢石
5分以内
  715 文字
榛名湖の公魚釣りは非常に繁盛である。
榛名湖の公魚釣り 佐藤垢石
榛名湖の公魚釣りは非常に繁盛である。
母の匂い
(1938年)
佐藤垢石
5分以内
  810 文字
母はいつも、釣りから戻ってきた父をやさしくいたわった。
母の匂い 佐藤垢石
母はいつも、釣りから戻ってきた父をやさしくいたわった。
小鰺釣 佐藤垢石
5分以内
  837 文字
小アジ釣は誰にでもやれるのでファンが大分多い。
小鰺釣 佐藤垢石
小アジ釣は誰にでもやれるのでファンが大分多い。
細流の興趣
(1938年)
佐藤垢石
5分以内
  959 文字
鮒釣りには季節によりいろいろの釣り方があるが、乗っ込み鮒ほど興趣が深いものはないのである。
細流の興趣 佐藤垢石
鮒釣りには季節によりいろいろの釣り方があるが、乗っ込み鮒ほど興趣が深いものはないのである。
石を食う
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,013 文字
岩魚は、石を食う。
石を食う 佐藤垢石
岩魚は、石を食う。
香気の尊さ
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,061 文字
釣り人が、獲物を家庭へ持ち帰って賑やかな団欒に接した時くらいうれしいことはないであろう。
香気の尊さ 佐藤垢石
釣り人が、獲物を家庭へ持ち帰って賑やかな団欒に接した時くらいうれしいことはないであろう。
石亀のこと
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,084 文字
鮎は、毛鈎や友鈎で掛けるばかりでなく、餌に食いつくのは、誰も知っている。
石亀のこと 佐藤垢石
鮎は、毛鈎や友鈎で掛けるばかりでなく、餌に食いつくのは、誰も知っている。
巣離れの鮒
(1938年)
佐藤垢石
5分以内
  1,099 文字
寒い冷たいとはいうが、もう春だ。
巣離れの鮒 佐藤垢石
寒い冷たいとはいうが、もう春だ。
釣った魚の味
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,151 文字
釣りは、主人が釣りそのものを楽しむということと共に、獲物の味を家族に満喫させるところに一層の興...
釣った魚の味 佐藤垢石
釣りは、主人が釣りそのものを楽しむということと共に、獲物の味を家族に満喫させるところに一層の興味がある。
さしみ 佐藤垢石
5分以内
  1,184 文字
人間は、だれしもおいしい物を食べているときが一番楽しいのではないかと思う。
さしみ 佐藤垢石
人間は、だれしもおいしい物を食べているときが一番楽しいのではないかと思う。
夜の黒鯛 佐藤垢石
5分以内
  1,225 文字
品川沖道了杭夜の黒鯛釣は、夏の暑熱を凌ぐにこれほど興味豊かな遊びはない。
夜の黒鯛 佐藤垢石
品川沖道了杭夜の黒鯛釣は、夏の暑熱を凌ぐにこれほど興味豊かな遊びはない。
青鱚脚立釣 佐藤垢石
5分以内
  1,240 文字
青鱚釣は例年八十八夜即ち五月上旬には釣れはじまる。
青鱚脚立釣 佐藤垢石
青鱚釣は例年八十八夜即ち五月上旬には釣れはじまる。
木の葉山女魚
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,280 文字
奥山へは、秋の訪れが早い。
木の葉山女魚 佐藤垢石
奥山へは、秋の訪れが早い。
釣聖伝 佐藤垢石
5分以内
  1,332 文字
幸田露伴博士は凝り屋で有名である。
釣聖伝 佐藤垢石
幸田露伴博士は凝り屋で有名である。
鯛と赤蛸
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,353 文字
瀬戸内海の鯛釣り漁師は、蛸の足を餌に使っている。
鯛と赤蛸 佐藤垢石
瀬戸内海の鯛釣り漁師は、蛸の足を餌に使っている。
ミミズ酒と美女 佐藤垢石
5分以内
  1,423 文字
梅雨の、わが庭に蚯蚓(みみず)が這いだしてきた。
ミミズ酒と美女 佐藤垢石
梅雨の、わが庭に蚯蚓(みみず)が這いだしてきた。
寒鮒
(1938年)
佐藤垢石
5分以内
  1,447 文字
静寂といおうか、閑雅といおうか、釣りの醍醐味をしみじみと堪能するには、寒鮒釣りを措いて他に釣趣...
寒鮒 佐藤垢石
静寂といおうか、閑雅といおうか、釣りの醍醐味をしみじみと堪能するには、寒鮒釣りを措いて他に釣趣を求め得られないであろう。
鰍の卵について
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,494 文字
私の、山女魚釣りを習った場所は奥利根であった。
鰍の卵について 佐藤垢石
私の、山女魚釣りを習った場所は奥利根であった。
道具と餌と天候 佐藤垢石
5分以内
  1,543 文字
釣道具の呼称については解釈のつかぬものが多い。
道具と餌と天候 佐藤垢石
釣道具の呼称については解釈のつかぬものが多い。
氷湖の公魚
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,556 文字
トルコ人ほど水をよく飲む国民はない。
氷湖の公魚 佐藤垢石
トルコ人ほど水をよく飲む国民はない。
冬の鰍
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,598 文字
冬の美味といわれるもののうち鰍(かじか)の右に出るものはなかろう。
冬の鰍 佐藤垢石
冬の美味といわれるもののうち鰍(かじか)の右に出るものはなかろう。
蛙を食う岩魚 佐藤垢石
5分以内
  1,656 文字
大きな山蜘蛛が、激しい溪流を、斜めに渡る姿を見た瞬間、水面にガバと音を立てて白泡の渦巻を残し、...
蛙を食う岩魚 佐藤垢石
大きな山蜘蛛が、激しい溪流を、斜めに渡る姿を見た瞬間、水面にガバと音を立てて白泡の渦巻を残し、忽として蜘蛛が消え去る事がある。
莢豌豆の虫
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,720 文字
山女魚は貪食の魚で、昆虫とかその幼虫とか、魚類の卵、みみずなど、この魚の好んで食う餌は、殆ど数...
莢豌豆の虫 佐藤垢石
山女魚は貪食の魚で、昆虫とかその幼虫とか、魚類の卵、みみずなど、この魚の好んで食う餌は、殆ど数えることができないほど多い。
鱒の卵
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,836 文字
秋がくると、山女魚は鱒(ます)の卵を争って食うのである。
鱒の卵 佐藤垢石
秋がくると、山女魚は鱒(ます)の卵を争って食うのである。
小伜の釣り
(1938年)
佐藤垢石
5分以内
  1,866 文字
こうして私は、長い年月東西の国々を釣り歩いた。
小伜の釣り 佐藤垢石
こうして私は、長い年月東西の国々を釣り歩いた。
桑の虫と小伜
(1942年)
佐藤垢石
5分以内
  1,978 文字
私の故郷の家の、うしろの方に森に囲まれた古沼がある。
桑の虫と小伜 佐藤垢石
私の故郷の家の、うしろの方に森に囲まれた古沼がある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。