黒死館殺人事件
小栗 虫太郎

『黒死館殺人事件』は小栗虫太郎の長編作品。310,170文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  310,170 文字
人気   104,915 PV
書き出し [#ページの左右中央]序篇降矢木一族釈義[#改ページ]聖アレキセイ寺院の殺人事件に法水が解決を公表しなかったので、そろそろ迷宮入りの噂が立ちはじめた十日目のこと、その日から捜査関係の主脳部は、ラザレフ殺害者の追求を放棄しなければならなくなった。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む