🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

犬田卯の全作品

青空文庫で公開されている犬田卯の全作品9篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
おびとき 犬田卯
10分以内
  3,155 文字
「いつまで足腰のたたねえ達磨様みてえに、そうしてぷかりぷかり煙草ばかりふかしているんだか。
おびとき 犬田卯
「いつまで足腰のたたねえ達磨様みてえに、そうしてぷかりぷかり煙草ばかりふかしているんだか。
一老人 犬田卯
10分以内
  3,725 文字
「諸君!我輩は……」突然、悲憤の叫びを上げたのである。
一老人 犬田卯
「諸君!我輩は……」突然、悲憤の叫びを上げたのである。
競馬 犬田卯
30分以内
  4,766 文字
行って来るぜ……なんて大っぴらに出かけるには、彼はあまりに女房に気兼ねし過ぎていた。
競馬 犬田卯
行って来るぜ……なんて大っぴらに出かけるには、彼はあまりに女房に気兼ねし過ぎていた。
橋の上 犬田卯
30分以内
  6,645 文字
「渡れ圭太!」「早く渡るんだ、臆病奴!」K川に架けられた長い橋――半ば朽ちてぐらぐらするその欄...
橋の上 犬田卯
「渡れ圭太!」「早く渡るんだ、臆病奴!」K川に架けられた長い橋――半ば朽ちてぐらぐらするその欄干を、圭太は渡らせられようとしていた。
錦紗 犬田卯
60分以内
  12,299 文字
村はずれを国道へ曲ったとき、銀色に塗ったバスが後方から疾走して来るのが見えたが、お通はふと気を...
錦紗 犬田卯
村はずれを国道へ曲ったとき、銀色に塗ったバスが後方から疾走して来るのが見えたが、お通はふと気をかえて、それには乗らぬことに決心した。
荒蕪地 犬田卯
60分以内
  12,544 文字
「……アレは、つまり、言ってみれば、コウいうわけあいがあるンで……」戦地から来た忰の手紙に、思...
荒蕪地 犬田卯
「……アレは、つまり、言ってみれば、コウいうわけあいがあるンで……」戦地から来た忰の手紙に、思いきって、いままで忰へ話さずにいたことを余儀なく書き送ろうと、こたつ櫓の上に板片を載せ、忰が使い残して行った便箋に鉛筆ではじめたが、儀作は最初の意気込みにも拘らず、いよいよ本筋へかかろうとするところで、はたと行詰ってしまった。
沼畔小話集 犬田卯
60分以内
  18,760 文字
伊田見男爵伊田見男爵と名乗る優男が、村の一小学教師をたずねて、この牛久沼畔へ出現ましました。
沼畔小話集 犬田卯
伊田見男爵伊田見男爵と名乗る優男が、村の一小学教師をたずねて、この牛久沼畔へ出現ましました。
犬田卯
60分以内
  21,689 文字
中地村長が胃癌という余りありがたくもない病気で亡くなったあと、二年間村長は置かぬという理由で、...
犬田卯
中地村長が胃癌という余りありがたくもない病気で亡くなったあと、二年間村長は置かぬという理由で、同村長の生前の功労に報いる意味の金一千円也の香料を村から贈った直後――まだやっとそれから一ヵ月たつかたたないというのに、札つきものの前村長の津本が、再びのこのこと村長の椅子に納まったというのであるから、全くもって、「ひとを馬鹿にするにもほどがある」と村民がいきり立つのも無理はなかった。
犬田卯
1時間〜
  24,059 文字
三間竿の重い方の鋤簾(じょれん)を持って行かなければならぬ破目になって、勝は担いでみたが、よろ...
犬田卯
三間竿の重い方の鋤簾(じょれん)を持って行かなければならぬ破目になって、勝は担いでみたが、よろよろとよろめいた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。