🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める徳永直の短編作品

青空文庫で公開されている徳永直の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
こんにゃく売り 徳永直
30分以内
  8,208 文字
私は今年四十二才になる。
こんにゃく売り 徳永直
私は今年四十二才になる。
麦の芽
(1930年)
徳永直
30分以内
  5,243 文字
善ニョムさんは、息子達夫婦が、肥料を馬の背につけて野良へ出ていってしまう間、尻骨の痛い寝床の中...
麦の芽 徳永直
善ニョムさんは、息子達夫婦が、肥料を馬の背につけて野良へ出ていってしまう間、尻骨の痛い寝床の中で、眼を瞑(つぶ)って我慢していた。
徳永直
30分以内
  5,329 文字
「ね、あんた、今のうち、尾久の家(親類)へでも、行っちゃったがいいと思うんだけど……」女房のお...
徳永直
「ね、あんた、今のうち、尾久の家(親類)へでも、行っちゃったがいいと思うんだけど……」女房のお初が、利平の枕許でしきりと、口説きたてる。
工場新聞
(1932年)
徳永直
30分以内
  9,040 文字
「タッちゃん、なに読んでるの?」これも読書組の、トシが傍へよってきて、のぞきこんだ。
工場新聞 徳永直
「タッちゃん、なに読んでるの?」これも読書組の、トシが傍へよってきて、のぞきこんだ。
あまり者 徳永直
30分以内
  9,611 文字
郷里の家に少しばかりの金を、送金したその受取りの返事を、今朝(工場の休みを)まだ寝床にいた私の...
あまり者 徳永直
郷里の家に少しばかりの金を、送金したその受取りの返事を、今朝(工場の休みを)まだ寝床にいた私の枕許へ、台所にいた妻が持ってきた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。