🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

高浜虚子の全作品

青空文庫で公開されている高浜虚子の全作品22篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜22件 / 全22件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
六百句 高浜虚子
1時間〜
  29,199 文字
さきに『ホトトギス』五百号を記念するために、改造社から『五百句』という書物を出し、また『ホトト...
六百句 高浜虚子
さきに『ホトトギス』五百号を記念するために、改造社から『五百句』という書物を出し、また『ホトトギス』五百五拾号を記念するために、桜井書店から『五百五十句』という書物を出した。
俳句の作りよう
(1913年)
高浜虚子
1時間〜
  50,682 文字
[#ページの左右中央]かつてある人の言葉に「虚子の俳話は俗談平話のうちに俳諧の大乗を説くものな...
俳句の作りよう 高浜虚子
[#ページの左右中央]かつてある人の言葉に「虚子の俳話は俗談平話のうちに俳諧の大乗を説くものなり」とあったことは我が意を得た言である。
俳句とはどんなものか
(1927年)
高浜虚子
1時間〜
  56,054 文字
[#ページの左右中央]この小講義は雑誌ホトトギス紙上(大正二年五月号以下)に「六ヶ月間俳句講義...
俳句とはどんなものか 高浜虚子
[#ページの左右中央]この小講義は雑誌ホトトギス紙上(大正二年五月号以下)に「六ヶ月間俳句講義」として連載したものであります。
子規居士と余
(1911年)
高浜虚子
1時間〜
  53,208 文字
松山城の北に練兵場がある。
子規居士と余 高浜虚子
松山城の北に練兵場がある。
五百句 高浜虚子
1時間〜
  26,328 文字
『ホトトギス』五百号の記念に出版するのであって、従って五百句に限った。
五百句 高浜虚子
『ホトトギス』五百号の記念に出版するのであって、従って五百句に限った。
百日紅 高浜虚子
5分以内
  1,255 文字
昔俳句を作りはじめた時分に、はじめて百日紅といふ樹を見た。
百日紅 高浜虚子
昔俳句を作りはじめた時分に、はじめて百日紅といふ樹を見た。
斑鳩物語 高浜虚子
30分以内
  10,392 文字
上法隆寺の夢殿の南門の前に宿屋が三軒ほど固まつてある。
斑鳩物語 高浜虚子
上法隆寺の夢殿の南門の前に宿屋が三軒ほど固まつてある。
漱石氏と私
(1917年)
高浜虚子
1時間〜
  74,121 文字
漱石氏と私との交遊は疎きがごとくして親しく、親しきが如くして疎きものありたり。
漱石氏と私 高浜虚子
漱石氏と私との交遊は疎きがごとくして親しく、親しきが如くして疎きものありたり。
別府温泉 高浜虚子
60分以内
  14,993 文字
道路のアスファルトがやわらかくなって靴のあとがつくという灼熱の神戸市中から、埠頭に出て、舷梯を...
別府温泉 高浜虚子
道路のアスファルトがやわらかくなって靴のあとがつくという灼熱の神戸市中から、埠頭に出て、舷梯をよじて、紅丸に乗ると、忽(たちま)ち風が涼しい。
五百五十句 高浜虚子
1時間〜
  30,877 文字
さきに『ホトトギス』五百号を記念するために改造社から『五百句』という書物を出した。
五百五十句 高浜虚子
さきに『ホトトギス』五百号を記念するために改造社から『五百句』という書物を出した。
俳諧師
(1908年)
高浜虚子
1時間〜
  89,250 文字
明治二十四年三月塀和三藏は伊豫尋常中學校を卒業した。
俳諧師 高浜虚子
明治二十四年三月塀和三藏は伊豫尋常中學校を卒業した。
椿子物語
(1951年)
高浜虚子
30分以内
  10,875 文字
上私は鎌倉の俳小屋の椅子に腰をかけて庭を眺めてゐた。
椿子物語 高浜虚子
上私は鎌倉の俳小屋の椅子に腰をかけて庭を眺めてゐた。
古江 高浜虚子
5分以内
  1,659 文字
一人の女が鍋を洗つて居る。
古江 高浜虚子
一人の女が鍋を洗つて居る。
俳句への道 高浜虚子
1時間〜
  68,334 文字
[#ページの左右中央]おやをもり俳諧をもりもりたけ忌虚子もりたけ(荒木田守武)室町末期の俳人・...
俳句への道 高浜虚子
[#ページの左右中央]おやをもり俳諧をもりもりたけ忌虚子もりたけ(荒木田守武)室町末期の俳人・連歌師天文十八年八月八日没[#改ページ]二、三年来『玉藻』誌上に載せた短い俳話を集めて本書が出来た。
川端茅舎句集 高浜虚子
5分以内
  446 文字
茅舎句集が出るといふ話をきいた時分に、私は非常に嬉しく思つた。
川端茅舎句集 高浜虚子
茅舎句集が出るといふ話をきいた時分に、私は非常に嬉しく思つた。
発行所の庭木 高浜虚子
10分以内
  3,970 文字
発行所の庭には先づ一本の棕梠(しゆろ)の木がある。
発行所の庭木 高浜虚子
発行所の庭には先づ一本の棕梠(しゆろ)の木がある。
横山
(1948年)
高浜虚子
30分以内
  4,161 文字
賢島から電車に乘つて、暫く來たと思つたところで降りることになつた。
横山 高浜虚子
賢島から電車に乘つて、暫く來たと思つたところで降りることになつた。
進むべき俳句の道 高浜虚子
30分以内
  4,378 文字
=雑詠詠=緒言こゝに雑詠といふのは明治四十一年十月発行の第十二巻第一号より四十二年七月一日発行...
進むべき俳句の道 高浜虚子
=雑詠詠=緒言こゝに雑詠といふのは明治四十一年十月発行の第十二巻第一号より四十二年七月一日発行の第十二巻第十号に至るホトトギス掲載の「雑詠」並に、明治四十五年七月一日発行の第十五巻第十号より大正四年三月発行の第十八巻第六号に至るホトトギス掲載の「雑詠」を指すのである。
富士登山
(1916年)
高浜虚子
30分以内
  4,635 文字
私が富士山に登ったのは十五六年前のことである。
富士登山 高浜虚子
私が富士山に登ったのは十五六年前のことである。
落葉降る下にて 高浜虚子
60分以内
  12,603 文字
私は今或る温泉に来て居る。
落葉降る下にて 高浜虚子
私は今或る温泉に来て居る。
丸の内
(1927年)
高浜虚子
1時間〜
  25,508 文字
ドンが鳴ると震災ずっと以前のことであった。
丸の内 高浜虚子
ドンが鳴ると震災ずっと以前のことであった。
続俳諧師
(1909年)
高浜虚子
1時間〜
  58,623 文字
豫て手紙で言つて來て居つた春三郎の兄の佐治文太郎の上京が事實となつて現はれて來た。
続俳諧師 高浜虚子
豫て手紙で言つて來て居つた春三郎の兄の佐治文太郎の上京が事實となつて現はれて來た。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。