🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める三好十郎の短編作品

青空文庫で公開されている三好十郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
「冒した者」について
(1952年)
三好十郎
5分以内
  1,172 文字
私の作品はたいがいそうであるが、特にこの「冒した者」では「現代」そのものが直接的に主題になり主...
「冒した者」について 三好十郎
私の作品はたいがいそうであるが、特にこの「冒した者」では「現代」そのものが直接的に主題になり主人になっている作品である。
雪と血と煙草の進軍
(1926年)
三好十郎
5分以内
  620 文字
風だ!ラ、ラ、ラあられ!雪と涙と汗!ツラ、ラ、ラあらしだ!ラ、ラ、ラ俺!俺は苦しい君!君苦しい...
雪と血と煙草の進軍 三好十郎
風だ!ラ、ラ、ラあられ!雪と涙と汗!ツラ、ラ、ラあらしだ!ラ、ラ、ラ俺!俺は苦しい君!君苦しいわれら!われらは楽しい!皆だ!吹雪の中を進む黒い黒い群集涙と汗の中にカッチリとつなげ!われらの善と悪われらのパンと剣それらをつなげ!ラ、ラ、ラああ眼もかすむ雪あられ額には汗と血の旗!川、野原、...
あとがき
(1952年)
三好十郎
5分以内
  884 文字
「出離」という事は多分西洋にはないことである。
あとがき 三好十郎
「出離」という事は多分西洋にはないことである。
日記より
(1966年)
三好十郎
5分以内
  1,295 文字
佐々木の奥さんから昨日聞いたことで、ひどく自分を打った話がある。
日記より 三好十郎
佐々木の奥さんから昨日聞いたことで、ひどく自分を打った話がある。
「その人を知らず」について
(1952年)
三好十郎
5分以内
  1,385 文字
キリスト教の信条をそのままに素朴に、そして厳格に守るために軍の召集に応じることを拒んだために憲...
「その人を知らず」について 三好十郎
キリスト教の信条をそのままに素朴に、そして厳格に守るために軍の召集に応じることを拒んだために憲兵隊にあげられた青年の話を私が聞いたのは戦争中の、それも終戦近くだった。
山東へやった手紙
(1928年)
三好十郎
5分以内
  1,464 文字
甚太郎オジサンコノ袋ノ中ニワ仁丹トウカイ散ト手ヌグイガ入ットルソレカラ、ノンキーガ入ットル昨日...
山東へやった手紙 三好十郎
甚太郎オジサンコノ袋ノ中ニワ仁丹トウカイ散ト手ヌグイガ入ットルソレカラ、ノンキーガ入ットル昨日、裏ノ、オ染サント二人デ町カラ買ッテ来タモノデス。
「廃墟」について
(1952年)
三好十郎
5分以内
  1,530 文字
敗戦後一年ぐらいたってから書いたもので、この巻の三作品の中では最も古い。
「廃墟」について 三好十郎
敗戦後一年ぐらいたってから書いたもので、この巻の三作品の中では最も古い。
敗れて帰る俺達
(1929年)
三好十郎
5分以内
  1,606 文字
涙は頬っぺたで乾いた怒りは胃の底によどんだにがいにがい空っぽの胃の底に。
敗れて帰る俺達 三好十郎
涙は頬っぺたで乾いた怒りは胃の底によどんだにがいにがい空っぽの胃の底に。
「地熱」について
(1953年)
三好十郎
5分以内
  1,687 文字
この作品は、今から十五六年前、丁度僕が井上演劇道場と云ふ中間演劇なるものに関係してゐた頃、直接...
「地熱」について 三好十郎
この作品は、今から十五六年前、丁度僕が井上演劇道場と云ふ中間演劇なるものに関係してゐた頃、直接には井上さんの委嘱で書いたものですが、この作品そのものを書きたい気持はかなり古くからもつてゐたものです。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。