🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める江南文三の短編作品

青空文庫で公開されている江南文三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
相川おけさ
(1926年)
江南文三
30分以内
  6,506 文字
越後が本家であると言はれるおけさ節の朝から晩まで聞ける相川は、毎年七月十三、十四、十五と三日續...
相川おけさ 江南文三
越後が本家であると言はれるおけさ節の朝から晩まで聞ける相川は、毎年七月十三、十四、十五と三日續いての鑛山まつりに、全島のお祭好きを呼び集めます。
佐渡が島を出て
(1926年)
江南文三
30分以内
  4,911 文字
佐渡が島を出てからひと月あまりになりました。
佐渡が島を出て 江南文三
佐渡が島を出てからひと月あまりになりました。
佐渡が島から
(1925年)
江南文三
30分以内
  9,642 文字
八月の末に僅か二週間島を離れた爲に時の觀念が一時全然破壞されてしまつたやうでした。
佐渡が島から 江南文三
八月の末に僅か二週間島を離れた爲に時の觀念が一時全然破壞されてしまつたやうでした。
佐渡が島のこと
(1924年)
江南文三
30分以内
  9,985 文字
東京を立つたのが震災後の十一月、まだバラツクが十分に建たないうちでした。
佐渡が島のこと 江南文三
東京を立つたのが震災後の十一月、まだバラツクが十分に建たないうちでした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。