60分以内で読める佐左木俊郎の中編作品

青空文庫で公開されている佐左木俊郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜8件 / 全8件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
三稜鏡 佐左木 俊郎
60分以内
  23,107 文字
街頭はもう白熱していた。
三稜鏡 佐左木 俊郎
60分以内
或る嬰児殺しの動機 佐左木 俊郎
60分以内
  13,112 文字
都会は四つの段階をもって発達し膨張するのを常とする。
或る嬰児殺しの動機 佐左木 俊郎
60分以内
仮装観桜会 佐左木 俊郎
60分以内
  13,800 文字
靄!靄!靄!靄の日が続いた。
仮装観桜会 佐左木 俊郎
60分以内
街頭の偽映鏡 佐左木 俊郎
60分以内
  14,463 文字
偽映鏡が舗道に向かって、街頭の風景をおそろしく誇張していた。
街頭の偽映鏡 佐左木 俊郎
60分以内
黒い地帯 佐左木 俊郎
60分以内
  14,688 文字
煉瓦工場からは再び黒煙が流れ出した。
黒い地帯 佐左木 俊郎
60分以内
錯覚の拷問室 佐左木 俊郎
60分以内
  15,636 文字
集落から六、七町(一町は約一〇九メートル)ほどの丘の中...
錯覚の拷問室 佐左木 俊郎
60分以内
猟奇の街 佐左木 俊郎
60分以内
  15,903 文字
東京は靄の濃い晩秋だった。
猟奇の街 佐左木 俊郎
60分以内
熊の出る開墾地 佐左木 俊郎
60分以内
  16,750 文字
無蓋の二輪馬車は、初老の紳士と若い女とを乗せて、高原地...
熊の出る開墾地 佐左木 俊郎
60分以内