🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める喜田貞吉の長編作品

青空文庫で公開されている喜田貞吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
エタ源流考
(1919年)
喜田貞吉
1時間〜
  25,475 文字
緒言往時「エタ」と呼ばれておった不幸なる人々は、本来いかなる性質のものか、またいかなる事情から...
エタ源流考 喜田貞吉
緒言往時「エタ」と呼ばれておった不幸なる人々は、本来いかなる性質のものか、またいかなる事情からかくの如き気の毒なる境遇に落ちたか。
融和問題に関する歴史的考察
(1928年)
喜田貞吉
1時間〜
  37,190 文字
この小冊子は昨年「融和促進」を発行しました際の予約に基づいて、もっぱらいわゆる特殊部落の由来変...
融和問題に関する歴史的考察 喜田貞吉
この小冊子は昨年「融和促進」を発行しました際の予約に基づいて、もっぱらいわゆる特殊部落の由来変遷を述べたものであります。
法隆寺再建非再建論の回顧
(1934年)
喜田貞吉
1時間〜
  26,159 文字
はしがき余輩が明治三十八年五月を以て、所謂法隆寺再建論を学界に発表してから、早くも三十年の星霜...
法隆寺再建非再建論の回顧 喜田貞吉
はしがき余輩が明治三十八年五月を以て、所謂法隆寺再建論を学界に発表してから、早くも三十年の星霜が流れた。
融和促進
(1926年)
喜田貞吉
1時間〜
  35,897 文字
この小冊子はいかにして融和を促進すべきかということを主として説述したもので、いわゆる特殊部落民...
融和促進 喜田貞吉
この小冊子はいかにして融和を促進すべきかということを主として説述したもので、いわゆる特殊部落民なるものは、決して普通部落民と筋の違ったものではなく、ただ昔の落伍者のある者が、その択んだ職業によって、当時の社会の迷信と、階級的意識の犠牲となったにほかならぬということを述べたに止どまり、私の特に宣伝したいと思うところの、歴史的の説明にはあまり多く及ぶことができませんでした。
特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ
(1919年)
喜田貞吉
1時間〜
  51,139 文字
緒言私はただ今添田地方局長から御紹介になりました喜田貞吉でございます。
特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ 喜田貞吉
緒言私はただ今添田地方局長から御紹介になりました喜田貞吉でございます。
賤民概説
(1928年)
喜田貞吉
1時間〜
  66,933 文字
緒言「賤民」の研究は我が民衆史上、風俗史上、最も重要なる地位を占むるものの一つとして、今日の社...
賤民概説 喜田貞吉
緒言「賤民」の研究は我が民衆史上、風俗史上、最も重要なる地位を占むるものの一つとして、今日の社会問題を観察する上にとっても、参考となすべきものが少くない。
俗法師考
(1920年)
喜田貞吉
1時間〜
  83,220 文字
俗法師考序論緒言斯道において先輩たる柳田國男君が、かつてその経営に係わる『郷土研究』の誌上にお...
俗法師考 喜田貞吉
俗法師考序論緒言斯道において先輩たる柳田國男君が、かつてその経営に係わる『郷土研究』の誌上において、「毛坊主考」(大正三―四年、第二巻一―一二号)の題下に特殊民と在俗法師との関係につき、長々しく研究を連載せられたことがあった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。