🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める喜田貞吉の短編作品

青空文庫で公開されている喜田貞吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編18作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜18件 / 全18件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
「エタ」名義考
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  7,322 文字
「穢多」という文字の使用同じ日本の国土に生を営む一部の人民に対して、「穢多」という極めて同情の...
「エタ」名義考 喜田貞吉
「穢多」という文字の使用同じ日本の国土に生を営む一部の人民に対して、「穢多」という極めて同情のない文字を用い始めたのは、いつの頃、何人の仕業であるか、思えば罪の深い事をしたものである。
特殊部落の人口増殖
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  10,439 文字
特殊部落人口増殖の事実我が国には古え天益人の語があって、人口が日々増加しつつあることは、太古以...
特殊部落の人口増殖 喜田貞吉
特殊部落人口増殖の事実我が国には古え天益人の語があって、人口が日々増加しつつあることは、太古以来既に認められておった。
特殊部落と寺院
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  4,891 文字
部落民は一般に仏法に対して最も熱烈なる信仰を有している。
特殊部落と寺院 喜田貞吉
部落民は一般に仏法に対して最も熱烈なる信仰を有している。
サンカ者名義考
(1920年)
喜田貞吉
30分以内
  5,878 文字
京都あたりでは一種の浮浪民を、サンカまたはサンカモノと呼んでいる。
サンカ者名義考 喜田貞吉
京都あたりでは一種の浮浪民を、サンカまたはサンカモノと呼んでいる。
周防石城山神籠石探検記
(1910年)
喜田貞吉
30分以内
  5,943 文字
明治四十二年十二月三十日、世間では年末だ師走だと餅搗きやら懸取りやらに忙しく騒いでいる中を東京...
周防石城山神籠石探検記 喜田貞吉
明治四十二年十二月三十日、世間では年末だ師走だと餅搗きやら懸取りやらに忙しく騒いでいる中を東京帝国大学の嘱によって石城山神籠石探検の為に登山した。
「特殊部落研究号」発行の辞
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  5,306 文字
「特殊部落研究号」は何が為に発刊せらるるか。
「特殊部落研究号」発行の辞 喜田貞吉
「特殊部落研究号」は何が為に発刊せらるるか。
奥羽地方のシシ踊りと鹿供養
(1931年)
喜田貞吉
30分以内
  5,327 文字
緒言奥羽地方には各地にシシ踊りと呼ばるる一種の民間舞踊がある。
奥羽地方のシシ踊りと鹿供養 喜田貞吉
緒言奥羽地方には各地にシシ踊りと呼ばるる一種の民間舞踊がある。
手長と足長
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  5,726 文字
三才図会に長脚国・長臂国がある。
手長と足長 喜田貞吉
三才図会に長脚国・長臂国がある。
「特殊部落」と云う名称について
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  6,248 文字
本編は上掲諸編の記事と重複するところことに多きを校正の際心付きしも、今さら改むる能わず。
「特殊部落」と云う名称について 喜田貞吉
本編は上掲諸編の記事と重複するところことに多きを校正の際心付きしも、今さら改むる能わず。
濫僧考
(1923年)
喜田貞吉
30分以内
  6,321 文字
「民族と歴史」八巻五号所載「旃陀羅考」中にちょっと述べておいた濫僧の事を、今少し精しく考証してみる。
濫僧考 喜田貞吉
「民族と歴史」八巻五号所載「旃陀羅考」中にちょっと述べておいた濫僧の事を、今少し精しく考証してみる。
「日本民族」とは何ぞや
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  6,376 文字
本誌の創刊に際して、余輩の常に使用するに慣れたる「日本民族」なる語が、本来何を意味するか、「日...
「日本民族」とは何ぞや 喜田貞吉
本誌の創刊に際して、余輩の常に使用するに慣れたる「日本民族」なる語が、本来何を意味するか、「日本民族」とは本来いかなるものなるかを説明して、あらかじめ読者諸賢の理会を請うは、余輩が本誌を利用してその研究を進める上に、最も必要なる事と信ずる。
人身御供と人柱
(1925年)
喜田貞吉
30分以内
  6,557 文字
宮城二重櫓の下から白骨や古銭が出たので、やれ人柱だの、墓地であったのだろうだの、工事の際の傷死...
人身御供と人柱 喜田貞吉
宮城二重櫓の下から白骨や古銭が出たので、やれ人柱だの、墓地であったのだろうだの、工事の際の傷死人を埋めたのであろうだのと、いろいろの説がある様だ。
火葬と大蔵
(1919年)
喜田貞吉
30分以内
  6,670 文字
火葬の初めという事続日本紀に、文武天皇四年飛鳥元興寺の僧道照和尚遷化してその屍(かばね)を焼い...
火葬と大蔵 喜田貞吉
火葬の初めという事続日本紀に、文武天皇四年飛鳥元興寺の僧道照和尚遷化してその屍(かばね)を焼いたのが、我が国火葬の初めだとある。
牛捨場馬捨場
(1924年)
喜田貞吉
30分以内
  6,767 文字
今もなお諸所に小字を牛捨場または馬捨場と称する所がある。
牛捨場馬捨場 喜田貞吉
今もなお諸所に小字を牛捨場または馬捨場と称する所がある。
道鏡皇胤論について 喜田貞吉
30分以内
  8,724 文字
序言野人かつて「道鏡皇胤論」一編を京大史学会の雑誌史林の誌上で発表した事があった。
道鏡皇胤論について 喜田貞吉
序言野人かつて「道鏡皇胤論」一編を京大史学会の雑誌史林の誌上で発表した事があった。
炭焼長者譚
(1921年)
喜田貞吉
30分以内
  9,369 文字
緒言東京朝日新聞の初刷に客員柳田國男君の炭焼長者譚という面白い読物の第一回が出ていた。
炭焼長者譚 喜田貞吉
緒言東京朝日新聞の初刷に客員柳田國男君の炭焼長者譚という面白い読物の第一回が出ていた。
特殊部落ということについて
(1920年)
喜田貞吉
30分以内
  10,505 文字
余輩がさきに「特殊部落研究号」(本誌二巻一号)を発行して、いわゆる特殊部落なるものの由来沿革を...
特殊部落ということについて 喜田貞吉
余輩がさきに「特殊部落研究号」(本誌二巻一号)を発行して、いわゆる特殊部落なるものの由来沿革を明らかにし、彼らが決してことに疎外排斥せらるべき性質のものにあらざる所以を説明すべく試みた事は、読者諸君の今なお耳目に新たなることと信ずる。
「ケット」と「マット」
(1931年)
喜田貞吉
30分以内
  10,649 文字
緒言僻陬(へきすう)の地に先住民族がながく取り遺されるという事は、今さら事新しく言うまでもない...
「ケット」と「マット」 喜田貞吉
緒言僻陬(へきすう)の地に先住民族がながく取り遺されるという事は、今さら事新しく言うまでもないところで、現に台湾東部の山地には、近くその実際を見るのである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。