🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める片山広子の短編作品

青空文庫で公開されている片山広子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編19作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜19件 / 全19件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
コーヒー五千円 片山広子
5分以内
  770 文字
洗足池のそばのHの家に泊りに行つて、Hの弟のSにたびたび会つた。
コーヒー五千円 片山広子
洗足池のそばのHの家に泊りに行つて、Hの弟のSにたびたび会つた。
夢の国
(1908年)
片山広子
5分以内
  317 文字
雄心や花ふみにじりわか芽つみほゝゑむすべは知らずあらなむふと行きてかへらぬ人よ掌をすべりて消え...
夢の国 片山広子
雄心や花ふみにじりわか芽つみほゝゑむすべは知らずあらなむふと行きてかへらぬ人よ掌をすべりて消えし玉ならなくに身の秋にしのぶも悲し日陰草小さく咲きて散りし花はも天つ世の魂の足音のきこゆらしゆめの国ゆくあかつきの時思ひなゝあらそひもなき後の世は唯いとまあり眠る人のみつばさ破れ落ちしはやぶさやけ砂にうなじやかせて遠き空見るうつくしき青葉の岡の殿づくり饑ゑし百人つちはこぶらし花散りし胸の園生の垣ゆれて道行く人となり...
林檎のうた 片山広子
5分以内
  304 文字
麦の芽のいまだをさなき畑に向く八百屋の店は一ぱいの林檎深山路のもみぢ葉よりも色ふかく店の林檎ら...
林檎のうた 片山広子
麦の芽のいまだをさなき畑に向く八百屋の店は一ぱいの林檎深山路のもみぢ葉よりも色ふかく店の林檎らくれなゐめざまし立ちて見つつ愉しむ心反射して一つ一つの林檎のほほゑみみちのくの遠くの畑にみのりたる木の実のにほひ吾を包みぬ手にとればうす黄のりんご香りたつ熟れみのりたる果物の息すばらしき好運われに来し如し大きデリツシヤスを二つ買ひたり宵浅くあかり明るき卓の上に皿のりんごはいきいきとあるわがいのる人に言はれぬ祈りなどしみじみ交る林檎のにほひ...
鷹の井戸
(1948年)
片山広子
5分以内
  1,172 文字
今は世にないアイルランドの詩人イエーツが書いた舞踊劇の一つに「鷹の井戸」といふのがある。
鷹の井戸 片山広子
今は世にないアイルランドの詩人イエーツが書いた舞踊劇の一つに「鷹の井戸」といふのがある。
買食ひ 片山広子
5分以内
  1,264 文字
むかし私がまだむすめ時代には、家々の奥さんたちが近所の若い主婦やおよめさんの悪口をいふとき、あ...
買食ひ 片山広子
むかし私がまだむすめ時代には、家々の奥さんたちが近所の若い主婦やおよめさんの悪口をいふとき、あの人は買食ひが好きですつてね、毎日のやうに買食ひをしてゐるんですつて!といふやうなことを言つて、それが女性の最大の悪徳のやうであつた。
仔猫の「トラ」
(1949年)
片山広子
5分以内
  1,284 文字
トラ子はもみの頸輪をして、庭のいてふの樹を駈けあがりかけ下りたりしてゐる。
仔猫の「トラ」 片山広子
トラ子はもみの頸輪をして、庭のいてふの樹を駈けあがりかけ下りたりしてゐる。
その他もろもろ
(1949年)
片山広子
5分以内
  1,470 文字
たぶん五六年前のことと覚えてゐる。
その他もろもろ 片山広子
たぶん五六年前のことと覚えてゐる。
花屋の窓
(1950年)
片山広子
5分以内
  1,473 文字
暮れかかる山手の坂にあかり射して花屋の窓の黄菊しらぎくこの歌は、昭和十一年ごろ横浜の山手の坂で...
花屋の窓 片山広子
暮れかかる山手の坂にあかり射して花屋の窓の黄菊しらぎくこの歌は、昭和十一年ごろ横浜の山手の坂で詠んだのであるが、そのときの花屋の花の色や路にさした電気の白い光も、すこしも顕れてゐない。
地山謙 片山広子
5分以内
  1,510 文字
Tが私のために筮竹や※木を買つて来て、自分で易を立てる稽古をするやうすすめてくれたのは、もうず...
地山謙 片山広子
Tが私のために筮竹や※木を買つて来て、自分で易を立てる稽古をするやうすすめてくれたのは、もうずゐぶん古い話であつた。
「灯火節」あとがき 片山広子
5分以内
  1,529 文字
もう二十何年か前、昭和の初めごろ、私は急に自分の生活に疲れを感じて何もかもいやになつてしまつた。
「灯火節」あとがき 片山広子
もう二十何年か前、昭和の初めごろ、私は急に自分の生活に疲れを感じて何もかもいやになつてしまつた。
子供の言葉 片山広子
5分以内
  1,576 文字
五月五日「こどもの日」の新聞に「子供からドロ棒へ」といふ文が出てゐた。
子供の言葉 片山広子
五月五日「こどもの日」の新聞に「子供からドロ棒へ」といふ文が出てゐた。
茄子畑 片山広子
5分以内
  1,594 文字
はがきを出さうと思つて、畑道を通つて駅前のポストの方に歩いて行つた。
茄子畑 片山広子
はがきを出さうと思つて、畑道を通つて駅前のポストの方に歩いて行つた。
お嬢さん 片山広子
5分以内
  1,603 文字
花の里、吉原にその青年は初めて行つたのである。
お嬢さん 片山広子
花の里、吉原にその青年は初めて行つたのである。
蝙蝠の歴史 片山広子
5分以内
  1,807 文字
古いゲエルの伝説に出てくる蝙蝠の話を読むと、昔の昔から彼はきらはれものであつたらしい。
蝙蝠の歴史 片山広子
古いゲエルの伝説に出てくる蝙蝠の話を読むと、昔の昔から彼はきらはれものであつたらしい。
まどはしの四月 片山広子
5分以内
  1,821 文字
その小説はエンチヤンテッド・エプリル(まどはしの四月)といふ題であつたとおぼえてゐる。
まどはしの四月 片山広子
その小説はエンチヤンテッド・エプリル(まどはしの四月)といふ題であつたとおぼえてゐる。
灯火節 片山広子
5分以内
  1,883 文字
先日読んだ話のなかに燈火節といふ字が出てゐた、二月の何日であつたか日が分らないまま読んでゐたの...
灯火節 片山広子
先日読んだ話のなかに燈火節といふ字が出てゐた、二月の何日であつたか日が分らないまま読んでゐたのを、今日辞書で探してみると、燈火節二月二日、旧教にては、この日に蝋燭行列をなし、一年中に用ひる蝋燭を祓ひ清むる風習あるを以てこの名あり、とあつた。
四つの市 片山広子
5分以内
  1,888 文字
グレレゴリイ夫人の伝説によると、むかしゲエル人の先住民ダナ人らがアイルランドに渡つて来た時には...
四つの市 片山広子
グレレゴリイ夫人の伝説によると、むかしゲエル人の先住民ダナ人らがアイルランドに渡つて来た時には、大ぞらの空気の中を通つて霧に乗つて来たさうである。
ばらの花五つ
(1951年)
片山広子
5分以内
  1,963 文字
むかし私はたいそう暇の多い人間だつた。
ばらの花五つ 片山広子
むかし私はたいそう暇の多い人間だつた。
三本の棗 片山広子
5分以内
  1,991 文字
いま浜田山の庭にある棗の木は私にとつては三本目の棗である。
三本の棗 片山広子
いま浜田山の庭にある棗の木は私にとつては三本目の棗である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。