🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める木暮理太郎の中編作品

青空文庫で公開されている木暮理太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
黒部川を遡る
(1935年)
木暮理太郎
60分以内
  23,603 文字
はしがき我国の一大峡流である黒部川の全貌が完全に世に紹介されるに至ったのは、誰が何と言っても、...
黒部川を遡る 木暮理太郎
はしがき我国の一大峡流である黒部川の全貌が完全に世に紹介されるに至ったのは、誰が何と言っても、これは立山後立山両山脈の山々と其(その)抱擁する谷々とに限りなき興味を有し、就中立山連峰と黒部峡谷とを礼讃して措かざる冠君の数年に亘(わた)りて惓むことを知らない努力の結果であることは、動かす可からざる事実であり、又よく人の知っている通りである。
黒部峡谷
(1919年)
木暮理太郎
60分以内
  13,587 文字
立山山脈と後立山山脈地質学者の説に拠ると、今日普通に日本北アルプスの名で広く世に知られている飛...
黒部峡谷 木暮理太郎
立山山脈と後立山山脈地質学者の説に拠ると、今日普通に日本北アルプスの名で広く世に知られている飛騨山脈は、凡南十度西より東十度北即ち南南西から東北東に向って並走して居る数条の連脈から成っているということである。
白馬岳
(1927年)
木暮理太郎
60分以内
  14,766 文字
位置今では日本北アルプスの名で広く世に知られている飛騨山脈は、加藤理学士の説に拠ると、凡そ南十...
白馬岳 木暮理太郎
位置今では日本北アルプスの名で広く世に知られている飛騨山脈は、加藤理学士の説に拠ると、凡そ南十度西より北十度東に向って並走せる数条の連脈から成っているものであるという。
皇海山紀行
(1923年)
木暮理太郎
60分以内
  12,582 文字
降りがちな天候は、十一月に入ってもからりと晴れた日は続かなかった。
皇海山紀行 木暮理太郎
降りがちな天候は、十一月に入ってもからりと晴れた日は続かなかった。
釜沢行
(1920年)
木暮理太郎
60分以内
  12,499 文字
都門の春はもう余程深くなった。
釜沢行 木暮理太郎
都門の春はもう余程深くなった。
朝香宮殿下に侍して南アルプスの旅
(1923年)
木暮理太郎
60分以内
  13,798 文字
西山温泉寝覚の耳元へいきなりザアと大雨の降るような谷川の音が聞えた。
朝香宮殿下に侍して南アルプスの旅 木暮理太郎
西山温泉寝覚の耳元へいきなりザアと大雨の降るような谷川の音が聞えた。
マル及ムレについて
(1937年)
木暮理太郎
60分以内
  16,309 文字
本稿は昭和十一年十一月十五日霧の旅会で催した集会の席上に於て述べたもので、謂(い)わば私の物ず...
マル及ムレについて 木暮理太郎
本稿は昭和十一年十一月十五日霧の旅会で催した集会の席上に於て述べたもので、謂(い)わば私の物ずきな地名穿鑿(せんさく)の際にふと思い付いた考に過ぎないのであるが、山名や地名などを考証する場合、時としてはこうした方面も考慮に入れて然る可きではあるまいかと思うので、本誌に掲載して読者の一粲を博することにした、何かの御参考ともなれば幸である。
秋の鬼怒沼
(1923年)
木暮理太郎
60分以内
  17,269 文字
日光の紅葉大正九年十月十日。
秋の鬼怒沼 木暮理太郎
日光の紅葉大正九年十月十日。
山の今昔
(1936年)
木暮理太郎
60分以内
  22,862 文字
山と山人我国に於て山登りが始められたのは何時頃からであるか、元より判然たることは知る由もないが...
山の今昔 木暮理太郎
山と山人我国に於て山登りが始められたのは何時頃からであるか、元より判然たることは知る由もないが、遡って遠く其(その)源を探って見ると、狩猟を以て生活の資を得ていた原始民族に依りて、恐らく最初の山登りが行われたであろうことは想像するに難くない。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。