🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める谷崎潤一郎の短編作品

青空文庫で公開されている谷崎潤一郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
刺青
(1910年)
谷崎潤一郎
30分以内
  6,250 文字
其れはまだ人々が「愚」と云う貴い徳を持って居て、世の中が今のように激しく軋(きし)み合わない時...
刺青 谷崎潤一郎
其れはまだ人々が「愚」と云う貴い徳を持って居て、世の中が今のように激しく軋(きし)み合わない時分であった。
恐怖
(1913年)
谷崎潤一郎
30分以内
  6,706 文字
私があの病気に取り憑かれたのは、何でも六月の初め、木屋町に宿泊して、毎日のように飲酒と夜更かし...
恐怖 谷崎潤一郎
私があの病気に取り憑かれたのは、何でも六月の初め、木屋町に宿泊して、毎日のように飲酒と夜更かしとを続けて居た前後であった。
紀伊国狐憑漆掻語
(1931年)
谷崎潤一郎
30分以内
  9,425 文字
漆掻きと云ったって都会の人は御存知ないかも知れませんが、山の中へ這入って行って漆の樹からうるし...
紀伊国狐憑漆掻語 谷崎潤一郎
漆掻きと云ったって都会の人は御存知ないかも知れませんが、山の中へ這入って行って漆の樹からうるしの汁をしぼるんです。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。