🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める和辻哲郎の短編作品

青空文庫で公開されている和辻哲郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編28作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜28件 / 全28件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
面とペルソナ
(1935年)
和辻哲郎
30分以内
  5,083 文字
問題にしない時にはわかり切ったことと思われているものが、さて問題にしてみると実にわからなくなる。
面とペルソナ 和辻哲郎
問題にしない時にはわかり切ったことと思われているものが、さて問題にしてみると実にわからなくなる。
偶像崇拝の心理
(1917年)
和辻哲郎
30分以内
  6,663 文字
私がここに観察しようとするのは、「偶像破壊」の運動が破壊の目的物とした、「固定観念」の尊崇につ...
偶像崇拝の心理 和辻哲郎
私がここに観察しようとするのは、「偶像破壊」の運動が破壊の目的物とした、「固定観念」の尊崇についてではない。
夏目先生の追憶
(1917年)
和辻哲郎
30分以内
  11,147 文字
夏目先生の大きい死にあってから今日は八日目である。
夏目先生の追憶 和辻哲郎
夏目先生の大きい死にあってから今日は八日目である。
非名誉教授の弁
(1952年)
和辻哲郎
30分以内
  5,793 文字
わたくしは東京大学の名誉教授ではない。
非名誉教授の弁 和辻哲郎
わたくしは東京大学の名誉教授ではない。
ある思想家の手紙
(1916年)
和辻哲郎
30分以内
  8,413 文字
秋の雨がしとしとと松林の上に降り注いでいます。
ある思想家の手紙 和辻哲郎
秋の雨がしとしとと松林の上に降り注いでいます。
創作の心理について
(1917年)
和辻哲郎
30分以内
  4,122 文字
我々は創作者として活らく時、その創作の心理を観察するだけの余裕を持たない。
創作の心理について 和辻哲郎
我々は創作者として活らく時、その創作の心理を観察するだけの余裕を持たない。
自己の肯定と否定と
(1914年)
和辻哲郎
30分以内
  5,645 文字
自分にとっては、強く内から湧いて来る自己否定の要求は、自己肯定の傾向が隈(くま)なく自分を支配...
自己の肯定と否定と 和辻哲郎
自分にとっては、強く内から湧いて来る自己否定の要求は、自己肯定の傾向が隈(くま)なく自分を支配していた後に現われて来た。
蝸牛の角 和辻哲郎
30分以内
  9,357 文字
芸術の検閲(大正十一年十一月)ロダンの「接吻」が公開を禁止されたとき、大分いろいろな議論が起こった。
蝸牛の角 和辻哲郎
芸術の検閲(大正十一年十一月)ロダンの「接吻」が公開を禁止されたとき、大分いろいろな議論が起こった。

(1935年)
和辻哲郎
30分以内
  4,457 文字
大地震以後東京に高層建築の殖えて行った速度は、かなり早かったと言ってよい。
和辻哲郎
大地震以後東京に高層建築の殖えて行った速度は、かなり早かったと言ってよい。
京の四季
(1950年)
和辻哲郎
30分以内
  8,457 文字
京都に足かけ十年住んだのち、また東京へ引っ越して来たのは、六月の末、樹の葉が盛んに茂っている時...
京の四季 和辻哲郎
京都に足かけ十年住んだのち、また東京へ引っ越して来たのは、六月の末、樹の葉が盛んに茂っている時であったが、その東京の樹の葉の緑が実にきたなく感じられて、やり切れない気持ちがした。
初めて西田幾多郎の名を聞いたころ 和辻哲郎
30分以内
  4,208 文字
わたくしが初めて西田幾多郎という名を聞いたのは、明治四十二年の九月ごろのことであった。
初めて西田幾多郎の名を聞いたころ 和辻哲郎
わたくしが初めて西田幾多郎という名を聞いたのは、明治四十二年の九月ごろのことであった。
露伴先生の思い出
(1947年)
和辻哲郎
30分以内
  4,376 文字
関東大震災の前数年の間、先輩たちにまじって露伴先生から俳諧の指導をうけたことがある。
露伴先生の思い出 和辻哲郎
関東大震災の前数年の間、先輩たちにまじって露伴先生から俳諧の指導をうけたことがある。
享楽人
(1921年)
和辻哲郎
30分以内
  4,851 文字
五、六年前のことと記憶する。
享楽人 和辻哲郎
五、六年前のことと記憶する。
「自然」を深めよ
(1917年)
和辻哲郎
30分以内
  7,319 文字
我々の生活や作物が「不自然」であってはならないことは、今さらここに繰り返すまでもない。
「自然」を深めよ 和辻哲郎
我々の生活や作物が「不自然」であってはならないことは、今さらここに繰り返すまでもない。
停車場で感じたこと
(1917年)
和辻哲郎
30分以内
  8,088 文字
ある雨の降る日、私は友人を郊外の家に訪ねて昼前から夜まで話し込んだ。
停車場で感じたこと 和辻哲郎
ある雨の降る日、私は友人を郊外の家に訪ねて昼前から夜まで話し込んだ。
生きること作ること
(1916年)
和辻哲郎
30分以内
  9,114 文字
私は近ごろ、「やっとわかった」という心持ちにしばしば襲われる。
生きること作ること 和辻哲郎
私は近ごろ、「やっとわかった」という心持ちにしばしば襲われる。
藤村の個性
(1951年)
和辻哲郎
30分以内
  7,112 文字
藤村は非常に個性の強い人で、自分の好みによる独自の世界というふうなものを、おのずから自分の周囲...
藤村の個性 和辻哲郎
藤村は非常に個性の強い人で、自分の好みによる独自の世界というふうなものを、おのずから自分の周囲に作り上げていた。
麦積山塑像の示唆するもの
(1957年)
和辻哲郎
30分以内
  4,687 文字
麦積山の調査が行なわれたのは四年ほど前で、その報告も、すぐその翌年に出たのだそうであるが、わた...
麦積山塑像の示唆するもの 和辻哲郎
麦積山の調査が行なわれたのは四年ほど前で、その報告も、すぐその翌年に出たのだそうであるが、わたくしはついに気づかずにいた。
『劉生画集及芸術観』について
(1921年)
和辻哲郎
30分以内
  4,958 文字
自分は現代の画家中に岸田君ほど明らかな「成長」を示している人を知らない。
『劉生画集及芸術観』について 和辻哲郎
自分は現代の画家中に岸田君ほど明らかな「成長」を示している人を知らない。
文楽座の人形芝居
(1935年)
和辻哲郎
30分以内
  5,046 文字
日本文化協会の催しで文楽座の人形使いの名人吉田文五郎、桐竹紋十郎諸氏を招いて人形芝居についての...
文楽座の人形芝居 和辻哲郎
日本文化協会の催しで文楽座の人形使いの名人吉田文五郎、桐竹紋十郎諸氏を招いて人形芝居についての講演、実演などがあった。
世界の変革と芸術
(1918年)
和辻哲郎
30分以内
  5,396 文字
講和近づけりという噂がある。
世界の変革と芸術 和辻哲郎
講和近づけりという噂がある。
院展日本画所感
(1919年)
和辻哲郎
30分以内
  5,449 文字
歌舞伎芝居や日本音曲は、徳川時代に完成せられたものからほとんど一歩も出られない。
院展日本画所感 和辻哲郎
歌舞伎芝居や日本音曲は、徳川時代に完成せられたものからほとんど一歩も出られない。
すべての芽を培え
(1917年)
和辻哲郎
30分以内
  5,571 文字
青春を通り越したというのでしきりに残り惜しく感じている人があるようですが、私はまだその残り惜し...
すべての芽を培え 和辻哲郎
青春を通り越したというのでしきりに残り惜しく感じている人があるようですが、私はまだその残り惜しさをしみじみ感ずるほどな余裕をもっていません。
巨椋池の蓮
(1950年)
和辻哲郎
30分以内
  6,443 文字
蓮(はす)の花は日本人に最も親しい花の一つで、その大きい花びらの美しい彎曲線や、ほのぼのとした...
巨椋池の蓮 和辻哲郎
蓮(はす)の花は日本人に最も親しい花の一つで、その大きい花びらの美しい彎曲線や、ほのぼのとした清らかな色や、その葉のすがすがしい匂いや肌ざわりなどを、きわめて身近に感じなかった人は、われわれの間にはまずなかろうと思う。
『偶像再興』序言
(1918年)
和辻哲郎
30分以内
  6,627 文字
偶像破壊が生活の進展に欠くべからざるものであることは今さら繰り返すまでもない。
『偶像再興』序言 和辻哲郎
偶像破壊が生活の進展に欠くべからざるものであることは今さら繰り返すまでもない。
院展遠望
(1918年)
和辻哲郎
30分以内
  7,804 文字
遠望であるから細かいところは見えないものと承知していただきたい。
院展遠望 和辻哲郎
遠望であるから細かいところは見えないものと承知していただきたい。
エレオノラ・デュウゼ
(1911年)
和辻哲郎
30分以内
  7,897 文字
ロシアの都へ行く旅人は、国境を通る時に旅行券と行李とを厳密に調べられる。
エレオノラ・デュウゼ 和辻哲郎
ロシアの都へ行く旅人は、国境を通る時に旅行券と行李とを厳密に調べられる。
転向
(1916年)
和辻哲郎
30分以内
  11,529 文字
過去の生活が突然新しい意義を帯びて力強く現在の生活を動かし初めることがある。
転向 和辻哲郎
過去の生活が突然新しい意義を帯びて力強く現在の生活を動かし初めることがある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。