【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

北大路魯山人の全作品

青空文庫で公開されている北大路魯山人の全作品152篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全152件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
料理メモ
(1933年)
北大路魯山人
10分以内
  3,680 文字
鮎(あゆ)*食べ頃はあゆのとれ出した若あゆから七月初旬まで。
料理メモ 北大路魯山人
10分以内
鮎(あゆ)*食べ頃はあゆのとれ出した若あゆから七月初旬まで。
だしの取り方
(1933年)
北大路魯山人
10分以内
  2,648 文字
かつおぶしはどういうふうに選択し、どういうふうにして削るか。
だしの取り方 北大路魯山人
10分以内
かつおぶしはどういうふうに選択し、どういうふうにして削るか。
握り寿司の名人
(1952年)
北大路魯山人
30分以内
  10,044 文字
東京における戦後の寿司屋の繁昌は大したもので、今ではひと頃の十倍もあるだろう。
握り寿司の名人 北大路魯山人
30分以内
東京における戦後の寿司屋の繁昌は大したもので、今ではひと頃の十倍もあるだろう。
納豆の茶漬け 北大路魯山人
5分以内
  1,343 文字
納豆の茶漬けは意想外に美味いものである。
納豆の茶漬け 北大路魯山人
5分以内
納豆の茶漬けは意想外に美味いものである。
フランス料理について
(1954年)
北大路魯山人
10分以内
  2,195 文字
フランス料理の声価は、世界第一のごとく誇大に評判され、半世紀以上に渉って、われわれ日本人を信じ...
フランス料理について 北大路魯山人
10分以内
フランス料理の声価は、世界第一のごとく誇大に評判され、半世紀以上に渉って、われわれ日本人を信じさせてきた。
山椒魚 北大路魯山人
10分以内
  3,113 文字
ひとつ変ったたべものの話をしよう。
山椒魚 北大路魯山人
10分以内
ひとつ変ったたべものの話をしよう。
甘鯛の姿焼き
(1934年)
北大路魯山人
5分以内
  1,185 文字
この料理は、東京に昔からあるものだが、大きいのでちょっと厄介である。
甘鯛の姿焼き 北大路魯山人
5分以内
この料理は、東京に昔からあるものだが、大きいのでちょっと厄介である。
鮑の水貝 北大路魯山人
5分以内
  1,022 文字
あわびの水貝は、あわびを切っただけでよいようなものであるが、これは元来、江戸前の料理だ。
鮑の水貝 北大路魯山人
5分以内
あわびの水貝は、あわびを切っただけでよいようなものであるが、これは元来、江戸前の料理だ。
鮪の茶漬け
(1932年)
北大路魯山人
10分以内
  2,511 文字
たい茶漬けは世間に流布され、その看板をかけている料理屋さえ出来てきた。
鮪の茶漬け 北大路魯山人
10分以内
たい茶漬けは世間に流布され、その看板をかけている料理屋さえ出来てきた。
すき焼きと鴨料理――洋食雑感―― 北大路魯山人
10分以内
  2,785 文字
かねて日本を出発する前から、フランスの鴨料理について、やかましく聞かされていた。
すき焼きと鴨料理――洋食雑感―― 北大路魯山人
10分以内
かねて日本を出発する前から、フランスの鴨料理について、やかましく聞かされていた。
日本料理の基礎観念
(1933年)
北大路魯山人
30分以内
  7,879 文字
私どもが旅行をしますと、汽車の弁当を食ったり、旅館の料理を食ったりしなければなりませんが、それ...
日本料理の基礎観念 北大路魯山人
30分以内
私どもが旅行をしますと、汽車の弁当を食ったり、旅館の料理を食ったりしなければなりませんが、それらはいかにも不味くてまったく閉口します。
鮎の食い方
(1932年)
北大路魯山人
10分以内
  2,480 文字
いろいろな事情で、ふつうの家庭では、鮎を美味く食うように料理はできない。
鮎の食い方 北大路魯山人
10分以内
いろいろな事情で、ふつうの家庭では、鮎を美味く食うように料理はできない。
美味い豆腐の話
(1933年)
北大路魯山人
10分以内
  2,034 文字
美味い湯豆腐を食べようとするには、なんといっても豆腐のいいのを選ぶことが一番大切である。
美味い豆腐の話 北大路魯山人
10分以内
美味い湯豆腐を食べようとするには、なんといっても豆腐のいいのを選ぶことが一番大切である。
鰻の話 北大路魯山人
10分以内
  3,664 文字
私は京都に生まれ、京都で二十年育ったために、京、大阪に詳しい。
鰻の話 北大路魯山人
10分以内
私は京都に生まれ、京都で二十年育ったために、京、大阪に詳しい。
お米の話
(1947年)
北大路魯山人
5分以内
  1,592 文字
近頃は以前のように、やれ播州の米がうまいとか、越後米にかぎるとかいうような話はあまり聞かない。
お米の話 北大路魯山人
5分以内
近頃は以前のように、やれ播州の米がうまいとか、越後米にかぎるとかいうような話はあまり聞かない。
河豚食わぬ非常識
(1935年)
北大路魯山人
10分以内
  2,459 文字
ふぐを恐ろしがって食わぬ者は、「ふぐは食いたし命は惜しし」の古諺に引っかかって味覚上とんだ損失...
河豚食わぬ非常識 北大路魯山人
10分以内
ふぐを恐ろしがって食わぬ者は、「ふぐは食いたし命は惜しし」の古諺に引っかかって味覚上とんだ損失をしている。
湯豆腐のやり方
(1933年)
北大路魯山人
5分以内
  667 文字
一番最初鍋の中に切れ目のある昆布を敷き、鍋の深さの半分目以上水を入れる。
湯豆腐のやり方 北大路魯山人
5分以内
一番最初鍋の中に切れ目のある昆布を敷き、鍋の深さの半分目以上水を入れる。
高野豆腐
(1933年)
北大路魯山人
5分以内
  1,277 文字
これにもよい悪いがずいぶんあるからご注意願いたい。
高野豆腐 北大路魯山人
5分以内
これにもよい悪いがずいぶんあるからご注意願いたい。
雑煮
(1934年)
北大路魯山人
5分以内
  1,303 文字
季節にちなんで、お雑煮の話をしたいと思う。
雑煮 北大路魯山人
5分以内
季節にちなんで、お雑煮の話をしたいと思う。
蝦蟇を食べた話 北大路魯山人
10分以内
  3,764 文字
山椒魚は手に入れるのが困難だが、反対にいくらでも手に入るもので、しかも、滅多に人の食わないもの...
蝦蟇を食べた話 北大路魯山人
10分以内
山椒魚は手に入れるのが困難だが、反対にいくらでも手に入るもので、しかも、滅多に人の食わないもの、それでいて、相当の珍味を有するものと言えば、日本の蝦蟇(ひきがえる)だろう。
美味放談
(1935年)
北大路魯山人
30分以内
  8,480 文字
上京の頃僕が初めて東京に出て来た年少時に、京橋のビアホールになにか祝いごとがあってね。
美味放談 北大路魯山人
30分以内
上京の頃僕が初めて東京に出て来た年少時に、京橋のビアホールになにか祝いごとがあってね。
数の子は音を食うもの 北大路魯山人
5分以内
  1,827 文字
お正月になると、大概の人は数の子を食う。
数の子は音を食うもの 北大路魯山人
5分以内
お正月になると、大概の人は数の子を食う。
明石鯛に優る朝鮮の鯛 北大路魯山人
5分以内
  1,978 文字
たいについて、京都、大阪で、子ども時分から聞きこんでいることは、玄海灘を越してきたたいでなくて...
明石鯛に優る朝鮮の鯛 北大路魯山人
5分以内
たいについて、京都、大阪で、子ども時分から聞きこんでいることは、玄海灘を越してきたたいでなくては美味くないということだ。
鍋料理の話
(1934年)
北大路魯山人
10分以内
  3,412 文字
冬、家庭で最も歓迎される料理は、なべ料理であろう。
鍋料理の話 北大路魯山人
10分以内
冬、家庭で最も歓迎される料理は、なべ料理であろう。
アメリカの牛豚
(1954年)
北大路魯山人
5分以内
  1,529 文字
小島政二郎君シカゴの話の続きを書きます。
アメリカの牛豚 北大路魯山人
5分以内
小島政二郎君シカゴの話の続きを書きます。
材料か料理か
(1953年)
北大路魯山人
5分以内
  1,583 文字
おいしいごちそうを作るにはどうしたらよいでしょうか?などという声をよく聞く。
材料か料理か 北大路魯山人
5分以内
おいしいごちそうを作るにはどうしたらよいでしょうか?などという声をよく聞く。
美食七十年の体験
(1954年)
北大路魯山人
5分以内
  1,773 文字
美味談も考えてみるとなかなか容易ではない。
美食七十年の体験 北大路魯山人
5分以内
美味談も考えてみるとなかなか容易ではない。
海苔の茶漬け 北大路魯山人
5分以内
  1,718 文字
のりの茶漬けは至極簡単だが、やっている人は少ない。
海苔の茶漬け 北大路魯山人
5分以内
のりの茶漬けは至極簡単だが、やっている人は少ない。
胡瓜
(1933年)
北大路魯山人
5分以内
  1,045 文字
今日では温室栽培の向上によって、くだもの、野菜など季節がなくなってしまった。
胡瓜 北大路魯山人
5分以内
今日では温室栽培の向上によって、くだもの、野菜など季節がなくなってしまった。
椎茸の話 北大路魯山人
5分以内
  610 文字
どこの国、いずこの地方に行ってもお国自慢というものがある。
椎茸の話 北大路魯山人
5分以内
どこの国、いずこの地方に行ってもお国自慢というものがある。
残肴の処理
(1935年)
北大路魯山人
5分以内
  1,960 文字
星岡時代、残肴を見て感あり、料理人一同に留意を促すゆえんを述べたことがある。
残肴の処理 北大路魯山人
5分以内
星岡時代、残肴を見て感あり、料理人一同に留意を促すゆえんを述べたことがある。
インチキ鮎
(1935年)
北大路魯山人
10分以内
  2,206 文字
前に村井弦斎のわた抜きあゆの愚を述べたが、あゆは名が立派だけにずいぶんいかがわしいものを食わせ...
インチキ鮎 北大路魯山人
10分以内
前に村井弦斎のわた抜きあゆの愚を述べたが、あゆは名が立派だけにずいぶんいかがわしいものを食わせるところがある。
お茶漬けの味 北大路魯山人
10分以内
  2,036 文字
お茶漬けの話にかぎらないが、料理というものは、財力豊かな人のものと、財力不自由な人のものとでは...
お茶漬けの味 北大路魯山人
10分以内
お茶漬けの話にかぎらないが、料理というものは、財力豊かな人のものと、財力不自由な人のものとでは、常に天と地ほどの相違がある。
織部という陶器 北大路魯山人
5分以内
  1,437 文字
私の独断によると、織部という陶器は、古田織部という茶人の意匠及び発明に始まるものではない。
織部という陶器 北大路魯山人
5分以内
私の独断によると、織部という陶器は、古田織部という茶人の意匠及び発明に始まるものではない。
良寛の書 北大路魯山人
5分以内
  1,551 文字
良寛の書には、不肖ながら私も心の底から惚れこんで、一通り見られるだけのものは、百点位見た積りである。
良寛の書 北大路魯山人
5分以内
良寛の書には、不肖ながら私も心の底から惚れこんで、一通り見られるだけのものは、百点位見た積りである。
若鮎の塩焼き
(1935年)
北大路魯山人
5分以内
  975 文字
新緑の味覚は、若あゆの塩焼きからといってもよい。
若鮎の塩焼き 北大路魯山人
5分以内
新緑の味覚は、若あゆの塩焼きからといってもよい。
鮎の名所
(1935年)
北大路魯山人
5分以内
  1,761 文字
あゆをうまく食うには、あゆの成長と鮮度が大いに関係する。
鮎の名所 北大路魯山人
5分以内
あゆをうまく食うには、あゆの成長と鮮度が大いに関係する。
鮟鱇一夕話
(1952年)
北大路魯山人
5分以内
  1,792 文字
獅子文六氏との対談で、熱海の福島慶子女史は「アメリカのパン、あんなもの問題じゃない。
鮟鱇一夕話 北大路魯山人
5分以内
獅子文六氏との対談で、熱海の福島慶子女史は「アメリカのパン、あんなもの問題じゃない。
鮎の試食時代
(1935年)
北大路魯山人
5分以内
  1,286 文字
あゆがうまいという話は、味覚にあこがれを持ちながら、自由に食うことのできない貧乏書生などにとっ...
鮎の試食時代 北大路魯山人
5分以内
あゆがうまいという話は、味覚にあこがれを持ちながら、自由に食うことのできない貧乏書生などにとっては、絶えざる憧憬の的である。
一茶の書 北大路魯山人
5分以内
  859 文字
われと来て遊べや親のない雀痩蛙まけるな一茶是に有り一茶自身の運命にも、なにかそうしたところがあ...
一茶の書 北大路魯山人
5分以内
われと来て遊べや親のない雀痩蛙まけるな一茶是に有り一茶自身の運命にも、なにかそうしたところがありはしなかっただろうか。
窯を築いて知り得たこと 北大路魯山人
10分以内
  2,266 文字
もしそれ技術的の方面、製作上の道程などを子細に考えるならば、それは殆ど数知れぬまでに未知の世界...
窯を築いて知り得たこと 北大路魯山人
10分以内
もしそれ技術的の方面、製作上の道程などを子細に考えるならば、それは殆ど数知れぬまでに未知の世界を知ったと言うべきである。
猪の味 北大路魯山人
30分以内
  4,382 文字
猪の美味さを初めてはっきり味わい知ったのは、私が十ぐらいの時のことであった。
猪の味 北大路魯山人
30分以内
猪の美味さを初めてはっきり味わい知ったのは、私が十ぐらいの時のことであった。
塩昆布の茶漬け
(1932年)
北大路魯山人
5分以内
  833 文字
私の語るのは、ことわるまでもなく趣味の茶漬けで、安物の実用茶漬けではない。
塩昆布の茶漬け 北大路魯山人
5分以内
私の語るのは、ことわるまでもなく趣味の茶漬けで、安物の実用茶漬けではない。
てんぷらの茶漬け 北大路魯山人
5分以内
  525 文字
てんぷらの茶漬けは油っ濃いもので、油っ濃いものの好きな方に好かれるのは無論である。
てんぷらの茶漬け 北大路魯山人
5分以内
てんぷらの茶漬けは油っ濃いもので、油っ濃いものの好きな方に好かれるのは無論である。
家庭料理の話 北大路魯山人
10分以内
  2,357 文字
世間の人は、自分の身近にある有価値な、美味いものを利用することに無頓着のようだ。
家庭料理の話 北大路魯山人
10分以内
世間の人は、自分の身近にある有価値な、美味いものを利用することに無頓着のようだ。
夏日小味 北大路魯山人
5分以内
  1,996 文字
夏の暑さがつづくと、たべものも時に変ったものが欲しくなる。
夏日小味 北大路魯山人
5分以内
夏の暑さがつづくと、たべものも時に変ったものが欲しくなる。
美食と人生 北大路魯山人
5分以内
  1,641 文字
今さら事新しく問題にするのも、チトおかしいようだが、料理も考え方によっては、こんなことが言える...
美食と人生 北大路魯山人
5分以内
今さら事新しく問題にするのも、チトおかしいようだが、料理も考え方によっては、こんなことが言えるかも知れない。
鱧・穴子・鰻の茶漬け
(1932年)
北大路魯山人
5分以内
  1,888 文字
鱧茶漬けの中でも、もっとも美味いもののひとつに、はもの茶漬けがある。
鱧・穴子・鰻の茶漬け 北大路魯山人
5分以内
鱧茶漬けの中でも、もっとも美味いもののひとつに、はもの茶漬けがある。
くちこ 北大路魯山人
5分以内
  1,102 文字
このごろ、酒に適する、また、美食家の気に入る美味いものの第一品はくちこの生であろう。
くちこ 北大路魯山人
5分以内
このごろ、酒に適する、また、美食家の気に入る美味いものの第一品はくちこの生であろう。
料理の第一歩
(1953年)
北大路魯山人
5分以内
  1,757 文字
一人の男がいた。
料理の第一歩 北大路魯山人
5分以内
一人の男がいた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。