🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める種田山頭火の短編作品

青空文庫で公開されている種田山頭火の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
行乞記 種田山頭火
30分以内
  8,498 文字
七月廿八日六時すぎ出立、道はアスフアルトの一路坦々。
行乞記 種田山頭火
七月廿八日六時すぎ出立、道はアスフアルトの一路坦々。
行乞記 種田山頭火
30分以内
  8,855 文字
八月八日五時半出立、はつらつとして歩いてゐたら、犬がとびだしてきて吠えたてた、あまりしつこいの...
行乞記 種田山頭火
八月八日五時半出立、はつらつとして歩いてゐたら、犬がとびだしてきて吠えたてた、あまりしつこいので※杖で一撃をくれてやつた、吠える犬はほんとうに臆病だつた。
其中日記 種田山頭火
30分以内
  4,535 文字
五月一日晴――曇――雨。
其中日記 種田山頭火
五月一日晴――曇――雨。
『鉢の子』から『其中庵』まで
(1932年)
種田山頭火
30分以内
  5,192 文字
この一篇は、たいへんおそくなりましたけれど、結庵報告書ともいうべきものであります。
『鉢の子』から『其中庵』まで 種田山頭火
この一篇は、たいへんおそくなりましたけれど、結庵報告書ともいうべきものであります。
行乞記 種田山頭火
30分以内
  7,341 文字
六月三日(北九州行乞)一年ぶりに北九州を歩きまはるべく出立した、明けたばかりの天地はすが/\し...
行乞記 種田山頭火
六月三日(北九州行乞)一年ぶりに北九州を歩きまはるべく出立した、明けたばかりの天地はすが/\しかつた、靄のふかい空、それがだん/\晴れて雲のない空となつた、私は大股に歩調正しく歩いていつた。
行乞記 種田山頭火
30分以内
  8,473 文字
八月廿八日星晴れの空はうつくしかつた、朝露の道がすが/\しい、歩いてゐるうちに六時のサイレンが...
行乞記 種田山頭火
八月廿八日星晴れの空はうつくしかつた、朝露の道がすが/\しい、歩いてゐるうちに六時のサイレンが鳴つた、庵に放つたらかしい(マヽ)おいた樹明君はどうしたか知ら!駄菓子のお婆さんが、よびとめて駄菓子を下さつた。
行乞記 種田山頭火
30分以内
  11,128 文字
七月十四日ずゐぶん早く起きて仕度をしたけれど、あれこれと手間取つて七時出立、小郡の街はづれから...
行乞記 種田山頭火
七月十四日ずゐぶん早く起きて仕度をしたけれど、あれこれと手間取つて七時出立、小郡の街はづれから行乞しはじめる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。