30分以内で読める種田山頭火の短編作品

青空文庫で公開されている種田山頭火の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品9篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全9件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
行乞記種田山頭火
30分以内
  7,440文字
六時すぎ出立、道はアスフアルトの一路坦々。
行乞記種田山頭火
30分以内
行乞記種田山頭火
30分以内
  10,697文字
広島尾道地方へ旅立つ日だ、出立が六時をすぎたので急ぐ、朝曇が…
行乞記種田山頭火
30分以内
行乞記種田山頭火
30分以内
  7,763文字
五時半出立、はつらつとして歩いてゐたら、犬がとびだしてきて吠…
行乞記種田山頭火
30分以内
行乞記種田山頭火
30分以内
  10,557文字
まだ明けないけれど起きる、まづ日暦を今日の一枚めくり捨てゝか…
行乞記種田山頭火
30分以内
行乞記種田山頭火
30分以内
  6,319文字
一年ぶりに北九州を歩きまはるべく出立した、明けたばかりの天地…
行乞記種田山頭火
30分以内
『鉢の子』から『其中庵』まで種田山頭火
30分以内
  4,670文字
この一篇は、たいへんおそくなりましたけれど、結庵報告書ともい…
『鉢の子』から『其中庵』まで種田山頭火
30分以内
行乞記種田山頭火
30分以内
  9,732文字
ずゐぶん早く起きて仕度をしたけれど、あれこれと手間取つて七時…
行乞記種田山頭火
30分以内
行乞記種田山頭火
30分以内
  7,516文字
星晴れの空はうつくしかつた、朝露の道がすが/\しい、歩いてゐ…
行乞記種田山頭火
30分以内
其中日記種田山頭火
30分以内
  10,514文字
一月一日 曇――雨。
其中日記種田山頭火
30分以内