🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める河野常吉の短編作品

青空文庫で公開されている河野常吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編2作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜2件 / 全2件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
コロポックル説の誤謬を論ず(上)
(1908年)
河野常吉
30分以内
  6,650 文字
アイヌに三派あり本邦人類學上の一大疑問たるコロポックルは、アイヌの口碑に出でたるものなるか、ア...
コロポックル説の誤謬を論ず(上) 河野常吉
アイヌに三派あり本邦人類學上の一大疑問たるコロポックルは、アイヌの口碑に出でたるものなるか、アイヌには蝦夷本島アイヌ、樺太アイヌ、北千島アイヌの三派ありて、此三派はコロポックルに就き語る所一樣ならざるのみならず、其他種々の點に於て本題に少なからざる關係あるを以て、先づ此三派に就きて略述するの必要あり。
コロポックル説の誤謬を論ず(下)
(1908年)
河野常吉
30分以内
  6,557 文字
四三派のアイヌ皆石器土器を使用せり北千島アイヌは、其祖先が石器土器を使用せりと語るのみならず、...
コロポックル説の誤謬を論ず(下) 河野常吉
四三派のアイヌ皆石器土器を使用せり北千島アイヌは、其祖先が石器土器を使用せりと語るのみならず、玻璃瓶の破片を以て、石器を製造せんとせし事實も發見せられて、其年代も略ほ推察し得べきを以て、其石器土器の使用に關しては、何人も疑を容れずと雖も、樺太アイヌ、本島アイヌに就ては、議論紛々また決着する所を見ず、然れども是れ亦解決し得べきものなり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。