1時間〜で読める夏目漱石の長編作品

青空文庫で公開されている夏目漱石の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編24作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜24件 / 全24件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
こころ 夏目 漱石
1時間〜
  175,205 文字
上先生と私私はその人を常に先生と呼んでいた。
こころ 夏目 漱石
1時間〜
吾輩は猫である 夏目 漱石
1時間〜
  338,161 文字
吾輩は猫である。
吾輩は猫である 夏目 漱石
1時間〜
坊っちゃん 夏目 漱石
1時間〜
  94,851 文字
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。
坊っちゃん 夏目 漱石
1時間〜
草枕 夏目 漱石
1時間〜
  93,468 文字
山路を登りながら、こう考えた。
草枕 夏目 漱石
1時間〜
三四郎 夏目 漱石
1時間〜
  188,162 文字
うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさ...
三四郎 夏目 漱石
1時間〜
それから 夏目 漱石
1時間〜
  188,325 文字
一の誰か慌たゞしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の...
それから 夏目 漱石
1時間〜
私の個人主義 夏目 漱石
1時間〜
  24,581 文字
――大正三年十一月二十五日学習院輔仁会において述――私...
私の個人主義 夏目 漱石
1時間〜
虞美人草 夏目 漱石
1時間〜
  223,818 文字
「随分遠いね。
虞美人草 夏目 漱石
1時間〜
夏目 漱石
1時間〜
  151,203 文字
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそ...
夏目 漱石
1時間〜
それから 夏目 漱石
1時間〜
  189,139 文字
誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の...
それから 夏目 漱石
1時間〜
明暗 夏目 漱石
1時間〜
  356,570 文字
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。
明暗 夏目 漱石
1時間〜
行人 夏目 漱石
1時間〜
  246,677 文字
友達梅田の停車場を下りるや否や自分は母からいいつけられ...
行人 夏目 漱石
1時間〜
永日小品 夏目 漱石
1時間〜
  54,312 文字
元日雑煮を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。
永日小品 夏目 漱石
1時間〜
道草 夏目 漱石
1時間〜
  162,801 文字
健三が遠い所から帰って来て駒込の奥に世帯を持ったのは東...
道草 夏目 漱石
1時間〜
硝子戸の中 夏目 漱石
1時間〜
  57,234 文字
硝子戸の中から外を見渡すと、霜除をした芭蕉だの、赤い実...
硝子戸の中 夏目 漱石
1時間〜
彼岸過迄 夏目 漱石
1時間〜
  207,717 文字
彼岸過迄に就て事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃...
彼岸過迄 夏目 漱石
1時間〜
坑夫 夏目 漱石
1時間〜
  153,434 文字
さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見...
坑夫 夏目 漱石
1時間〜
思い出す事など 夏目 漱石
1時間〜
  61,074 文字
ようやくの事でまた病院まで帰って来た。
思い出す事など 夏目 漱石
1時間〜
野分 夏目 漱石
1時間〜
  103,458 文字
白井道也は文学者である。
野分 夏目 漱石
1時間〜
二百十日 夏目 漱石
1時間〜
  33,840 文字
ぶらりと両手を垂げたまま、圭さんがどこからか帰って来る。
二百十日 夏目 漱石
1時間〜
満韓ところどころ 夏目 漱石
1時間〜
  79,970 文字
南満鉄道会社っていったい何をするんだいと真面目に聞いた...
満韓ところどころ 夏目 漱石
1時間〜
文芸の哲学的基礎 夏目 漱石
1時間〜
  51,903 文字
東京美術学校文学会の開会式に一場の講演を依頼された余は...
文芸の哲学的基礎 夏目 漱石
1時間〜
趣味の遺伝 夏目 漱石
1時間〜
  40,942 文字
陽気のせいで神も気違になる。
趣味の遺伝 夏目 漱石
1時間〜
創作家の態度 夏目 漱石
1時間〜
  68,434 文字
演題は「創作家の態度」と云うのであります。
創作家の態度 夏目 漱石
1時間〜