硝子戸の中
夏目 漱石

『硝子戸の中』は夏目漱石の長編作品。57,234文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  57,234 文字
人気   24,245 PV
書き出し 硝子戸の中から外を見渡すと、霜除をした芭蕉だの、赤い実の結った梅もどきの枝だの、無遠慮に直立した電信柱だのがすぐ眼に着くが、その他にこれと云って数え立てるほどのものはほとんど視線に入って来ない。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夏目 漱石 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品