三四郎
夏目 漱石

『三四郎』は夏目漱石の長編作品。188,162文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  188,162 文字
人気   261,973 PV
書き出し うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夏目 漱石 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品