幻影の盾
夏目 漱石

『幻影の盾』は夏目漱石の中編作品。23,769文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  23,769 文字
人気   -- PV
書き出し 一心不乱と云う事を、目に見えぬ怪力をかり、縹緲たる背景の前に写し出そうと考えて、この趣向を得た。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夏目 漱石 の人気作品



中編(60分以内)の人気作品