京に着ける夕
夏目 漱石

『京に着ける夕』は夏目漱石の短編作品。4,331文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  4,331 文字
人気   4,615 PV
書き出し 汽車は流星の疾きに、二百里の春を貫いて、行くわれを七条のプラットフォームの上に振り落す。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夏目 漱石 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品