10分以内で読める夏目漱石の短編作品

青空文庫で公開されている夏目漱石の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品21篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全21件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
正岡子規夏目漱石
10分以内
  3,782文字
  正岡の食意地の張った話か。
正岡子規夏目漱石
10分以内
『吾輩は猫である』中篇自序夏目漱石
10分以内
  2,363文字
  「猫」の稿を継(つ)ぐときには、大抵初篇と同じ程な枚数に筆を…
『吾輩は猫である』中篇自序夏目漱石
10分以内
三山居士夏目漱石
10分以内
  2,251文字
  二月二十八日には生暖(なまあた)たかい風が朝から吹いた。
三山居士夏目漱石
10分以内
余と万年筆夏目漱石
10分以内
  3,401文字
 此間魯庵(ろあん)君に会った時、丸善の店で一日に万年筆が何本…
余と万年筆夏目漱石
10分以内
入社の辞夏目漱石
10分以内
  2,461文字
 大学を辞して朝日新聞に這入(はい)ったら逢(あ)う人が皆驚い…
入社の辞夏目漱石
10分以内
学者と名誉夏目漱石
10分以内
  2,067文字
 木村項(きむらこう)の発見者木村(きむら)博士の名は驚くべき…
学者と名誉夏目漱石
10分以内
「額の男」を読む夏目漱石
10分以内
  3,374文字
「それから」を脱稿したから取あへず前約を履行しやうと思つて「…
「額の男」を読む夏目漱石
10分以内
文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎夏目漱石
10分以内
  3,452文字
文芸が果(はた)して男子一生の事業とするに足るか何(ど)うか…
文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎夏目漱石
10分以内
初秋の一日夏目漱石
10分以内
  2,096文字
汽車の窓から怪しい空を覗(のぞ)いていると降り出して来た。
初秋の一日夏目漱石
10分以内
僕の昔夏目漱石
10分以内
  3,773文字
根津(ねず)の大観音(だいかんのん)に近く、金田夫人の家や二…
僕の昔夏目漱石
10分以内
『東洋美術図譜』夏目漱石
10分以内
  2,131文字
偉大なる過去を背景に持っている国民は勢いのある親分を控えた個…
『東洋美術図譜』夏目漱石
10分以内
文壇の趨勢夏目漱石
10分以内
  3,210文字
近頃は大分方々の雑誌から談話をしろしろと責められて、頭ががら…
文壇の趨勢夏目漱石
10分以内
明治座の所感を虚子君に問れて夏目漱石
10分以内
  2,775文字
○虚子に誘われて珍らしく明治座を見に行った。
明治座の所感を虚子君に問れて夏目漱石
10分以内
虚子君へ夏目漱石
10分以内
  3,788文字
昨日は失敬。
虚子君へ夏目漱石
10分以内
マードック先生の『日本歴史』夏目漱石
10分以内
  3,703文字
先生は約(やく)の如く横浜総領事を通じてケリー・エンド・ウォ…
マードック先生の『日本歴史』夏目漱石
10分以内
予の描かんと欲する作品夏目漱石
10分以内
  2,999文字
如何(いか)なるものを描かんと欲するかとの御質問であるが、私…
予の描かんと欲する作品夏目漱石
10分以内
処女作追懐談夏目漱石
10分以内
  3,762文字
私の処女作――と言えば先(ま)ず『猫』だろうが、別に追懐する…
処女作追懐談夏目漱石
10分以内
『伝説の時代』序夏目漱石
10分以内
  2,838文字
私はあなたが家事の暇を偸(ぬす)んで『傳説の時代』をとう/\…
『伝説の時代』序夏目漱石
10分以内
『煤煙』の序夏目漱石
10分以内
  2,270文字
「煤煙(ばいえん)」が朝日新聞に出て有名になつてから後(のち…
『煤煙』の序夏目漱石
10分以内
艇長の遺書と中佐の詩夏目漱石
10分以内
  2,068文字
昨日は佐久間艇長の遺書を評して名文と云(い)つた。
艇長の遺書と中佐の詩夏目漱石
10分以内
ケーベル先生夏目漱石
10分以内
  3,828文字
木(こ)の葉(は)の間から高い窓が見えて、その窓の隅(すみ)…
ケーベル先生夏目漱石
10分以内